2006年02月12日

表参道ヒルズ・グランドオープン

同潤会青山アパートの建て替えの話は
1960年代から持ち上がっていたことだという。
それが地価高騰の影響などで何度も立ち消えになり、
阪神・淡路大震災を契機にようやくこの度の再開発となった。

安藤忠雄らによる設計の開始は1996年4月からとされ、
施工開始は2003年4月、古い青山アパートの
取り壊し開始がその年5月といわれている。
そして、私がこの写真を撮ったのが去年の4月。

2005040214460nm.jpg

鉄筋を巻き付けたり、コンクリートを打設したりする様子を
眺めていたのも、おそらくこのころだったろう。

そうして、ようやくこの日(2006年2月11日)を迎えた。

内覧会で見学した方の話によると、
本館中央の回廊部分は「意外に狭い」とのことだったが、
設計図面などに慣れ親しんだ私が実際現場に足を踏み入れた
最初の印象は、「想像していたとおり」であった。

20060211114800nm.jpg

模型の写真で幾度となく見たあの大階段が、あのスロープが、
いま自分の目の前に現実としてある。

時の流れは、ときに切なく、ときに感動的だ。

今日はあまりの混雑なので、
駆け足で回ってすぐに立ち去ってしまったが、
また来よう、何度も来よう。そう思った。

20060211113100nm.jpg

posted by ひろとも at 00:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 安藤建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー。完成したんですね。
ほー。こんな中身なんですか。
写真だけだからなんでしょうが、
なんだか「おっ」って気がしないですね。

今、イベントに出かけている友人が戻ってきたら
写真を一杯撮ってきているはずだから
それを見てから又コメントします。

ボロイ同潤会を見ておけばよかった。
Posted by さくら at 2006年02月12日 15:09
おー。さくらさん。
んー。写真のインパクトが足りなかったですかね。

外観はすみませんが、こちらの日記をご参照ください。
http://xupotomo.seesaa.net/article/11032959.html

あ、メインエントランスはこんな感じ。
http://xupotomo.seesaa.net/article/13102279.html

あと、お友達が展覧会をしている「同潤館」にも行き、
その展覧会も覗いたのですが、
お友達がどなただったかがわかりませんでした(^_^;)
かなり、ニアミスしていたはずなのですが。
Posted by ひろとも at 2006年02月12日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック