2010年03月02日

涙雨、そして晴れ

ロケットのような流線形の新幹線500系が
2月28日でついに東海道新幹線(東京〜新大阪)から
姿を消すことになりました。

この日はあいにくの空模様で、
みぞれ交じりの雨は、まるで涙雨。
それでも負けずに見送りに行きました。
20100228movie500.jpg
博多に向かって走り抜けてゆく500系。
もう時速300kmで走ることはありませんが、
今後は山陽新幹線の「こだま」として
活躍してくれることでしょう。

500系が走り去れば、いつしか空は明るくなり、
おひさまも顔を出しました。

20100228_4289.jpg
夕陽は見られなかったけど、
夜空を見上げれば、まんまるお月様。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはりこの列車がなくなると寂しいですね。
独特のデザインがすきだったのですが。
初めて乗ったときは300系に比べてもっと速かったので、景色の流れ方が違って感じました。
あと、一時期時速300キロで走行中に車内放送が入ったこともあって、乗ってみて面白い列車でした。
Posted by さらりとした梅酒 at 2010年03月02日 08:43
人生だね,人生!
Posted by たばすい at 2010年03月03日 00:08
さらりとした梅酒さん、こんばんは。
500系の車両は山陽新幹線「こだま」で残るのですが、
やはり16両編成で時速300キロ運転を
しなくなってしまうのが残念ですね。
車内放送していたという話は聞きますが、
実際に乗車しているときに聞いたことはありません。
貴重な体験をされていますね。いいなあ。
Posted by ひろとも at 2010年03月03日 21:25
そう!浪花節!!
Posted by ひろとも at 2010年03月03日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック