2010年04月06日

走れ!バカップル列車 第41号 特急しらさぎ

昨年秋のことになりますが、
バカップル列車としては初上陸の北陸へ行って参りました。
まずは特急「しらさぎ」
名古屋から和倉温泉までおよそ四時間の旅でした。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第41号 特急しらさぎ


20091031_3323.jpg
名古屋までの新幹線からみた富士山。こんな見事な富士山はひさしぶり。

20091031_3332.jpg
発車を待つ「しらさぎ」。富山行きと和倉温泉行きとの連結面。

20091031_3339.jpg
富山行きと和倉温泉行きとの連結面を車内からみたところ。
金沢に着くと、渡し板などをはずして編成を分割する。

20091031_3331.jpg
行き先表示。列車名は方向幕なのに、行き先だけLED表示。

20091031_3343.jpg
終着和倉温泉に着いた「しらさぎ」。駅はどこかのんびりした雰囲気。


<旅行記>
走れ!バカップル列車 第41号 特急しらさぎ
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名古屋から和倉温泉まで行くのが面白かったですね。
特に、東海道本線の路線が面白かったです。
関西からだとJRワイドビューしなので通ると思いますが夜になります。
ブルトレも廃止ということでバカップル列車で旧線を楽しみました。

あと、元ガソリンスタンドの観光案内所は今になって思い出しましたがこれもネタとして良かったです。
Posted by さらりとした梅酒 at 2010年04月06日 09:01
こんばんは。

なんと、なんと、出張で金沢に来てこれを書いています。
大垣夜行、新垂井、懐かしいですね。むかしはよく乗ったよなぁ。若かった、うーむ。

今回は「はくたか」で来ましたが、新幹線ができるとこれもなくなっちゃうのかな。金沢駅がきれいになったのも新幹線対応なのかな。駅前が凄くきれいでしかも凄いオブジェがあってビックリしましたよ。

帰りは富山から「ひだ」の予定。私もマネして一筆書き乗車券にしてみました。(富山、金沢間は別に切符買って往復ですが)東京都区内発、東京都区内行きの切符、おもしろいですね。
Posted by KOM at 2010年04月08日 23:20
さらりとした梅酒さん、こんにちは。
東海道本線の垂井付近はなかなか面白いところですね。
旧新垂井を通る下り本線もいいですが、
いったん剥がされた線路が復活した
旧下り本線(垂井線)も興味深い線路です。
関ヶ原始発大垣方面の電車は垂井までの一駅区間は
垂井線を通るんだそうです。
いっけん右側通行に見えるんです。
Posted by ひろとも at 2010年04月10日 12:37
KOMさん、こんにちは。
そうですか、いま金沢に来てますか。
金沢駅も福井駅も新幹線受け入れ態勢は万全のようですね。
富山だけは地上駅ですが、
こちらもいずれは高架駅になるんでしょう。
「はくたか」も北陸新幹線が開業すると
肩身が狭くなりますね。北越急行はどうなるんだろう?
いろいろわからないことも多いですが、それはそれ。

「ひだ」はまた富山発が復活してよかったです。
災害で分断されたとき、高山線ももはやこれまでかと
思ったのですが、あの東海もさすがに廃止はしなかったか。
名松線はなし崩し的に廃止にしそうですね。
Posted by ひろとも at 2010年04月10日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック