2010年06月04日

起点

終点の記事を出した直後、たばすいさんから
メールをいただきました。
起点はありましたよ〜」と。







で、これ。


img806.jpg

この荒涼とした大地に「起点」。
しかも野付半島。しかも道道。
しかも標識ナナメに立ってるし……。
まぁ、ここが終点じゃなくて良かったのでしょうね。
もしこれが終点だったら、いろいろどん詰まり過ぎて
気が滅入っちゃうかもしれません。


すべてのものに終わりがある。
それがわかっていてもはじまりがあるとしたら、
はじまりというものはすべて、
「終わりの始まり」なのかもしれません……。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 投稿写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まっこと、同感です。
わたしも最近、「はじまりとおわりの交わるところ」に行って、同じことを考えました。
んで、わたしもはじまりは「終わりの始まり」という結論に至りましたわ〜。

どこ行ったかって?
ただの散歩です。「中川→東京湾」コースがお気に入りなんです。家の前の川は荒川の支流の中川なんだけど、東京湾に行くまで中川なんですよ。
何で荒川じゃないんだ?
って、この3週間ばかり悩んでいます(笑)
Posted by Yuka at 2010年06月04日 06:34
なかなか示唆に飛んだお話であります。

ところで 環状線も起点あり?
おバカな質問すみません。

でももしあったら・・・
環状線の起点は始まりで終わりですね〜。
(^s^)

Posted by Woony at 2010年06月04日 10:11

示唆は 飛ばず 富む ものでしたね。
お恥ずかしい (^^;)
昨夜入眠直前思い当たり目が覚めちゃいました。
謹んで訂正いたします。

示唆に富んだお話・・・

Posted by Woony at 2010年06月05日 11:34
Yuka会長!
東京湾散歩なんていいなぁ〜。気分爽快な感じで〜。
ところで中川と荒川ですが、
合流したあと中州を境に並んで流れているんですね。
地図を見ると荒川も東京湾で流れ込んでいます。
たぶんお散歩なさったのは葛西側ではないですか?
だから目の前の川が中川と書かれていた、と。
砂町側を歩けば荒川と書かれていたんではないでしょうか。

あ〜、でも海に流れ込めば川は終点になるけれど、
そこからは広い海なんですよね〜。
「終わりは次の始まり」なのかもしれません・・・

なーんて考えると堂々巡りで
なんだかよくわからなくなってしまうのですが。
Posted by ひろとも at 2010年06月05日 13:08
Woonyさん、
コメントと訂正コメント、ありがとうございます。
「示唆」は富んでても、飛んでてもOKですよ〜。
できれば「飛んでる示唆に富んだ話」をしたいものですー(笑)

さて、環状線にも起点と終点あります〜。
道路でいえば、環七とか、環八とかは、
完全な環状になっていないので、
ふつうに起点・終点があります。
鉄道だと山手線は環状運転していますが、
路線名称でいうと品川から田端までが山手線なので
これも起点・終点があります。
大阪には大阪環状線という電車がありますが、
これは大阪〜天王寺〜大阪という案内があります。
大阪が起点で終点なんですね
(別の資料では違う起点、終点になってるものあり)。

そんなわけで、終わりは次の始まりなんです〜。
Posted by ひろとも at 2010年06月05日 13:45

うわーい! ありがと〜。

勉強になりました ♪

Posted by Woony at 2010年06月05日 16:55
Woonyさん、どいたしまして〜〜
Posted by ひろとも at 2010年06月07日 01:21
道路関係の仕事してます,たばすいです.
盛り上がってますね.また面白い写真があったらお知らせします.
Posted by たばすい at 2010年06月08日 00:22
たばすいさん、今回は
「機転」の利いた投稿ありがとうございます。
またおもろいのあったら今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ひろとも at 2010年06月11日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック