2010年06月25日

横断禁止という意味ですが

こちら、神田界隈でみつけた看板。

20100607_5727.jpg

いいですね、これ。
単に「横断禁止」というより効果ありそうですよね。

「立入禁止」の看板も、注意書きとして、
「事故が起きても、一切責任負いません」とか、
あってもいいように思います。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地元でも「わたるな」と書いた標識を無視して道路を横断する人がいて車の運転中に困ることがあります。
こっちの方がいいですね。

ちなみに、鉄道でも自殺が発生しやすい地点でこれに似たことをやっているのをテレビで見ました。
東海道線の沿線では確か損害賠償の義務が発生すると書いていました。
Posted by さらりとした梅酒 at 2010年06月25日 22:28
はい、クルマを運転する立場でいうと、
横断歩道も信号もないところで車道を横断されると
ひやっとすることが多いですね。
あれでは轢かれてもしかたないなぁとも。

ただ鉄道への飛び込み自殺となると
若干事情が変わってくるんじゃないでしょうか。
本当に死のうとしているひとなら
損害賠償とか考える余裕はないでしょう。
自殺の防止なら別の方法にしたほうがいいはずです。

記憶があいまいですが、
中央線の荻窪にはホームの端の壁に
鏡が設置されていたかと思います。
なかなかいいアイデアだなあと思った覚えがあります。
Posted by ひろとも at 2010年06月29日 01:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック