2006年03月23日

思い出鉄道写真館 (3)113系湘南電車


3月18日のダイヤ改正では、東海道線(東京〜熱海・伊東間)の電車も新型E231系電車にすべて置き換えられて、永らく親しまれた113系電車が姿を消してしまいました。
「思い出」と呼ぶにはやや早いかもしれませんが、113系湘南電車の写真を4点ほどご紹介いたしましょう。

●根府川鉄橋を渡る下り普通列車
1983ww002nlm.jpg
東海道線の早川〜熱海間は箱根の山が相模湾まで迫るところで、線路も海沿いを走り、景色がとてもきれいです。
中でも根府川駅を出てすぐに渡る通称「根府川鉄橋」はそのハイライトといっていいでしょう。この写真は1983年ごろ撮影したものです。

●根府川鉄橋シルエット
1983ww001lm.jpg
上の写真と同じ日に撮ったものだと思います。
輝く朝日と静かな海を背にして根府川鉄橋を渡る113系電車です。

●サロ110形(1200番台)車内
20050731syonangreenlm.jpg
こちらは昨夏撮影したもので、サロ110形グリーン車の車内です。いま普通列車用のグリーン車といえば座席数確保のため二階建てになってしまいましたが、こちらはふつうの一階建て。この天井の高さがいまとなっては贅沢品です。

●新旧顔合わせ
2005041218490nlm.jpg
こちらも昨春、東京駅で撮影したもの。向こう側は113系置き換えのために大量投入されたE231系です。こんな風に新旧両車両が顔を合わせていたのも今は昔……。

「走れ!バカップル列車 11号」では113系電車に名残を惜しむ旅のことが綴られています。
こちらも合わせてお楽しみいただければ幸いです。
posted by ひろとも at 00:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 思い出鉄道写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
113系湘南電車の写真4つを興味深く見ました。湘南電車のグリーン車が2階建て車両と比べて広々していて一度乗ってみたくなるような車両なのですがなくなってしまうのは寂しいです。やはりバカップル列車でサロ110に乗りたくなったのがなんとなくわかりました。
Posted by さらりとした梅酒 at 2006年03月23日 21:05
さらりとした梅酒さん、こんにちは。
113系のサロ110形はゆったりとしていて本当にくつろげました。
夏に乗ったときは空いていたので前の座席を回転させて、
足も思い切りのばせましたし(笑)
現実的には、新型の二階建ての方がシートもいいし、
揺れも少ないので乗り心地では新型の方が勝るんです。
でも、一階建てのサロってやはり贅沢な感じです(^_^;)

もはやゆったりとしたグリーン車は、
新幹線や特急列車でしか乗れないんでしょうね。

あ、もう一つ貴重品が残ってた!
急行「きたぐに」だ。
583系のグリーン車(座席)は、天井が高くていい感じです。
きっと、乗るならいまのうちですね。
Posted by ひろとも at 2006年03月24日 01:05
まだ急行「きたぐに」が残っていることをはじめて知りました。ただ大阪から新潟は高速バスや飛行機との競合があるのでいつ廃止されるかわからないです。やはり乗るなら今のうちですね。あと僕は関西人なので初めて湘南電車の2階建てグリーン車や205系6扉車を見たときは東京の電車は関西よりもすごいと思いました。そういうことを友人と東京でしゃべっていたら「田舎者丸出しだ」と言われました。
Posted by さらりとした梅酒 at 2006年03月24日 08:57
さらりとした梅酒さん、
たびたびありがとうございます。

急行「きたぐに」は歴史のある列車で、
そこそこ需要はあるそうですが、
やはり乗客はJR発足時と比べて半減しているそうです。
この列車はグリーン車もさることながら、
「きたぐに」のために新設・改造された
A寝台(サロネ)も注目ですね。

あと、東京に住んでいる立場からすると、
鉄道に関しては関西の方が数段上だと思います。
乗り心地もいいし、スピードも速い。
関東の鉄道は近郊電車でさえ4扉ロングシートだし、
スピードもとろい。
もう少し何とかしてほしいものです。
Posted by ひろとも at 2006年03月25日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック