2010年08月27日

キオスクでタバコ販売中

駅のホームのタバコ自販機を見て、
ふと気がつきました。

20100822_8402.jpg

駅構内は一切禁煙なんです。

これっていいんだろうか。
駅(首都圏)の喫煙所はすべて撤去する一方で、
タバコは売り続ける。

喫煙所を撤去するとき、たしか
みんなの健康のためっていってなかったっけ?
それでも販売は続ける矛盾……。

もはやJRにはモラルもマナーもエコもない。
そこにあるのは損得勘定だけってこと。



posted by ひろとも at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひろりん、昨日はお会いできなくて寂しかったよー。次回お会いできる日を楽しみにしています。

禁煙推進派として、けしからんと思います。
煙草を吸えない状況に置いておいて、そのストレスの反動で買わせるって手ですかしら。
JTとJR、J同盟ですな(苦笑)
Posted by Yuka at 2010年08月27日 06:23
京浜東北線の車内は禁煙のはずです。
さらにJR東日本では特急列車でも全席禁煙になっているものもあったような気がします。
吸えないのに売るのは奇妙な感じがします。
Posted by さらりとした梅酒 at 2010年08月27日 08:34
ウィキペディアなので情報の出どころは不確かですが、

2011年4月より、上野〜いわき間など一部の東北地方の駅の終日禁煙を実施と同時に構内およびその周辺において喫煙関連の商品の販売を禁止と喫煙ルームの廃止の予定。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E9%80%9A%E6%A9%9F%E9%96%A2%E3%81%AE%E5%96%AB%E7%85%99%E8%A6%8F%E5%88%B6#cite_note-8

ということでした。
全面禁煙ですから販売の中止は当然ですよね。
Posted by スペンサー at 2010年08月28日 12:28
Yuka会長!
先日は出席できず、申し訳ありませんでした〜(>_<)

さて、キオスクのタバコ販売ですが、
こういうご都合主義というか、一本筋の通ってないところが、
とても私は嫌いです。

J同盟ではありませんが、たばこ特別税は
国鉄の赤字を穴埋めするための税金です。
赤字は埋めてもらいたい、売店の売上げもあげたい、
それで喫煙所のコストも削減したい、というのですから、
ズルイにもほどがありますよね。
Posted by ひろとも at 2010年08月29日 22:14
さらりとした梅酒さん、こんばんは。
売りつづけても、ホームで吸うひとはほとんどいないのですから、
はっきりいって実害がないのでしょう。

でも、トイレとかで隠れて吸う人は一定数いるような気がします。
その被害コストがある程度の数になったら
JRもなにか次の手を考えるのでしょうね。
とにかく終始、損得勘定です。



Posted by ひろとも at 2010年08月29日 22:19
スペンサーさん、
情報提供ありがとうございました。
Posted by ひろとも at 2010年08月29日 22:19
国鉄の借金をタバコ税でいくら払っているのか、忘れたか。タバコのみに義理を感じていてほしい、と怒ってみた。
Posted by あかさ at 2010年09月10日 14:44
もっと言ってやってください〜
Posted by ひろとも at 2010年09月12日 08:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック