2010年09月24日

不思議な湘南色

ふらっと出かけた大宮駅でこんなもの見つけました。

20100919_9174.jpg

一瞬、目を疑いました。な、なんじゃこりゃ!?
ものすごい異様なカラーリングです。
こんなの見たことない。

というのもこれ、185系電車といって、
東海道線の「踊り子」号、上越線の「草津」号、「水上」号などで
活躍しているんですが、ほかの編成はこんなカラーリング。
20090809_2667.jpg
大宮の185系のように緑とオレンジの部分もあるんですが、
それは一部で、全体的には白を基調としています。

調べてみるとこの電車は、
「特急草津号50周年感謝キャンぺーン」に合わせて走る
臨時「草津」号のために塗色変更されたものだそうです。
1960年の登場時に走っていた
80系電車(下の写真)のカラーリングを
そっくりそのまま真似たんですね。
198212_80_03ml.jpg

でも80系と185系では車体のカタチやデザインが違うからなあ。
185系にこの配色は似合わないよ〜〜・・・


●思い出鉄道写真館 (4)80系湘南電車(気まぐれ写真日記)
http://xupotomo.seesaa.net/article/20515151.html

●特急草津号50周年感謝キャンぺーンを実施します!(JR東日本高崎支社)
http://jres.jp/news/201009000120.html
posted by ひろとも at 02:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらも1種の復刻塗装なのですね。
昔は185系のオレンジの部分が無く緑色の線が入っていましたが、それを飛び越してもっと前の塗装にするところが力が入っていますね。
しかし、特急にこの塗装は似合わないような気がします。
Posted by さらりとした梅酒 at 2010年09月24日 09:00
さらりとした梅酒さん、コメントいつもありがとうございます。
>特急にこの塗装は似合わない
なるほど、そう来ましたか!!
たしかに湘南色ってもともと準急・急行の塗色ですよね。
最初みた衝撃はそういうことが原因なのかもしれません・・・
Posted by ひろとも at 2010年10月01日 04:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック