2011年04月01日

本棚撤去

なるべく日常の記事に戻りたいと思いつつ、
やはり震災関係になってしまうのは、
震災復旧作業がいまの「日常」になってるからなんですね。

震災一週間後の日曜は丸一日かけて
本棚の解体・撤去作業をしました。
20110320_3585.jpg
詰め込まれていた本を取り出すと
背板はぼこんと外れていました。
地震の揺れは本当に大きかったんですね。

20110320_3593.jpg
解体中の様子。
こうみるとまだまだ使えそうに見えますが、
細部の破損がけっこうあって、
いままでどおりの強度を保てないと判断し、
最終的に四つすべて廃棄することに決めました。
カシマカスタム……気に入ってたんだけどなぁ(涙)

まあ、地震前は壊れてなくて、
それでもぜんぶが横にずれていましたし、
ふたつは倒れてしまったし。
つっぱり棒というか、摩擦だけで固定するのは
限界があるということでしょう。
仮に修理して使ったとしても、
安心して部屋に入れなかったのなら、
なんのための部屋かわからなくなりますからね。

20110318_3603.jpg
撤去したら出てきました壁の傷。すごいです。
じつは手前から二つ目の棚は下辺の角が
この壁にひっかかってるカタチで止まっていました。
つまり上辺も含めたそのほかの部分は
まるで宙ぶらりんの状態。
机もいすもほとんど傷がなかったのは、
この壁が本棚を支えてくれていたからなんですね。

20110320_3596.jpg
撤去中にでてきたのはエッフェル塔。
Kさんご夫妻のパリ土産です。
どこにいったんだろうっておもってたら
棚の裏側に挟まっていたんですね。
20110320_3597.jpg
エッフェル塔の足が壁に突き刺さっています。
無事でよかった。

このあと、四つの本棚を粗大ゴミとして出すことにしました。
管理人さんに特別に許可をもらって
回収の日までゴミ回収場に置かせてもらっています。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ううう〜 (T T)
お気持ちお察しします。
怪我しなくて良かった と思うしかありませんね。
ウチも一昨日、棚の新旧入れ替えしました。
壊れた棚はすごくすごく重いし
一緒に引き取ってもらったソファベッドは
ドアをなかなか通過しなくて3度やり直し
配送のお兄ちゃんたちに苦労かけちゃいました。
家具が落ち着きやっと片付けも本格化。
まだ思いがけないところからガラス破片が出てきます。

エッフェル塔 無事でよかったですね。
原発問題にフランスの専門家!ですから大事にしないと。
日本のトップより安堵感あり
ってぇのは 日本人として情けねぇ ですが
この際 仕方ありませんね。
Posted by Woony at 2011年04月01日 10:27
 エッフェル塔が壁に突き刺さったのも地震の影響ですか。
 壁に固定していても案外被害が大きいようですね。
 東京の被害が小さくて最近はテレビで取り上げられていませんが、東京の様子を見てみても想定を超える災害という感じがしました。
 
Posted by さらりとした梅酒 at 2011年04月01日 11:05
Woonyさん、こんにちは。
なんだかWoonyさんちも家具を取り替えたり
たいへんじゃないですかっ(>_<)
東京は震源から離れているとはいえ、
ビルの中層、高層部はだいぶ揺れたみたいですね。
我が家も完全復旧とまではいきませんが、
できることからこつこつやっていきたいと思います。

エッフェル塔は棚の上に置いといたのが
揺れでころがり、そのまま棚の後ろ側に挟まり
さらに棚の揺れで押されて壁に刺さったようです。
とにかく無事で良かったです。
これからもだいじにします。
Posted by ひろとも at 2011年04月02日 08:54
さらりとした梅酒さん、こんにちは。
今回撤去した本棚はつっぱり式ですが、
よくよく考えてみると押さえつけているのは
上の天井と下の床だけだったんですね。
つまり壁と本棚は直接固定されていないのです。
つっぱり式耐震設計だから大丈夫という過信が
自分にもあったようです。
Posted by ひろとも at 2011年04月02日 08:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック