2011年07月25日

三陸踏査記録(宮古市街)

三陸の写真のつづき。今回は宮古市街(中心部)です。
紀行文は「バカップル列車 第50号」をご覧ください。

20110702_6337.jpg
宮古駅前の様子。手前がJRの駅舎、奧が三陸鉄道の駅舎。
駅は港(閉伊川河口)から二キロほどの距離があり、
津波は20〜30センチほどの高さで済んだという。
ぱっと見た感じでは被害の跡はほとんどなく、
日常を取り戻しているようにみえる。

20110703_6367.jpg
市内を港側に歩いたところ、閉伊川河口から一キロ付近。
パチンコ店なのか、正面のガラスはすべて割れてなくなっている。

20110703_6404.jpg
建物の持ち主が役所に解体してほしいときは、
「解体可」「解体OK」などのペイントをする。
シャッターにはそのほかに「バカヤロー」の文字が。

20110703_6406.jpg
ほかの解体される建物にはこんな張り紙。
建て替えの間、営業休止を知らせるもの。

20110703_6384.jpg
道路脇の街灯。根元からぐにゃりと曲がっている。

20110703_6373.jpg
宮古市役所は閉伊川河口から一キロほどの場所にあるが、
津波被害はひどかった。一階部分はガラスが割れたのか、
ベニヤ板などが張り巡らされ、扉も木製の仮のものになっている。
内部も機能しているのは三階以上だけのようだ。

20110703_6383.jpg
市役所の海側の道。すぐ右側は防潮堤。
黒々とした津波はこの防潮堤をあっさり越えてきた。

20110703_6378.jpg
防潮堤の上から港(閉伊川河畔)を眺めたところ。
港も少しずつ日常を取り戻しているようだ。





posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック