2006年07月30日

思い出鉄道写真館 (6)EF58形電気機関車part2

EF58の写真はじつはたくさんあって、前回はかなり思い切って掲載写真を四点に絞ったのですが、やはり捨てきれないものもあるので、特別にpart2を掲載することにしました。

●藤沢の大カーブ
1983ww003ef58nml.jpg
東海道線大船〜藤沢間で撮影。特にどうという写真ではありませんが、EF58の車体が大きく写っています。


●新快速との遭遇
198403ef58002tml.jpg
場所は東海道線茨木駅。EF58牽引の荷物列車を待っていたら下りの新快速電車(当時は117系でした)が猛スピードでやって来ました。あわやかぶってしまうかと思いましたが、その直前の瞬間を捉えることに成功。こちらも風景としてはごくふつうですがシャッターチャンス的には自分で気に入っている一枚です。
ちなみに、当時は新快速電車も複々線の内側の線路(電車線)を走っていました。荷物列車は外側の線路(列車線)を走っているのが写真からもわかります。


●ゴハチ、セノハチをゆく
198403ef58003ml.jpg
山陽本線八本松〜瀬野間は連続急勾配が続く随一の難所。瀬野から八本松へかけての上り坂となるので通称「セノハチ」と呼ばれています。こちらはそのセノハチを上るEF58の荷物列車。うしろに補助機関車をつけてぐいぐいと坂を上ります。


●セノハチの朝
198403ef58004ml.jpg
こちら上と同じくセノハチでの写真。瀬野駅にだいぶ近い場所で、下り荷物列車を捉えました。朝日を車体側面に受けながら、難所を無事降りきってほっとしているような一コマです。
posted by ひろとも at 11:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 思い出鉄道写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新快速との遭遇が僕のお気に入りです。関西では東海道線は新快速電車や貨物列車、特急列車が頻繁に行き交う場所なので新快速電車とのすれ違いのシーンがいかにも関西の東海道線の雰囲気が出ていていいです。ちなみに、上の2番目の写真からわかるように1980年代前半まではEF58が活躍していたみたいですね。
Posted by さらりとした梅酒 at 2006年07月30日 13:10
懐かしい車両の写真ばかりですねぇ。
うちの奥さんが最近の記事を見て、「ひろともさんはとり鉄なの?」と聞いてきたので、そうではないと答えておきました。

どうでもいいですが、「とり鉄」という焼き鳥ダイニングのチェーンがあります。
http://www.tascosystem.co.jp/toritetsu/index.html
Posted by びくやま at 2006年07月30日 21:34
さらりとした梅酒さん、コメントありがとうございます。

私も関西の東海道線は好きです。最近では新快速、快速、普通の緩急接続も
しっかりとれていて、さすがアーバンネットワークという感じです。

新快速と言えば、この117系のころは「新大阪は通過していた」とか、
「姫路行きは西明石には停車しなかった」とか、言うと、
関西に住んでいる人でも知らない人がいて驚かれます。
私にしてみれば新大阪停車なんて「落ちたな」という感じ(^_^;)
当然、尼にも芦屋にも停まりませんでした。

いまでは停車駅が増えた新快速ですが、
時速130キロ運転のおかげで表定速度はかなり速いらしく、
自分で確かめたわけではありませんが、
中央本線の特急「あずさ」と同じくらいと言われています。
Posted by ひろとも at 2006年07月31日 00:31
びくやまさん、コメントありがとうございます。

奥さまの言う「とり鉄」て、なんですか??
もし「撮り」(写真を撮影する)という意味だったら、
「昔はそうでしたが、いまはちょっと違う」
という感じです。
ま、車内からビデオはせっせと撮っているので
ある意味「撮り鉄」なのかな〜(笑)
ただ、線路脇にたって何時間も列車を待つような
そんな厳しい「撮り」は、最近は本当にしてません。
写っている列車も懐かしいけど、あの頃の自分も懐かしい……。

ところで焼き鳥ダイニングの「とり鉄」ですが、
訪問したことがないので、いけてるコメントができません。
悪しからずご了承くださいませ。
ちなみに私の好きな鳥は手羽先の「鳥良」です。
http://www.samukawa.co.jp/toriyoshi/
Posted by ひろとも at 2006年07月31日 00:40
新大阪、西明石通過にびっくりしました。ちなみに初めて新快速に乗ったとき車両は117系で高槻にはとまりませんでした。そんなことだと新幹線との接続が悪いので僕にとって今の新快速は落ちたというよりも便利になったという感じがします。あとやはり快速電車、普通電車との接続のスムーズさがいいですね。ところで、ひろともさんは「とり鉄」なのでバカップル列車とか白鳥紀行とかを詳しく書けるのですか。
Posted by さらりとした梅酒 at 2006年07月31日 09:17
さらりとした梅酒さん、再びありがとうございます。

たしかに新大阪通過は不便です。
ただ、新快速のそもそものコンセプトは
京阪神の都市間輸送でしたので、停車駅は特急並み。
しかもディーゼル特急より速かったです(いまも速いか)。

ちなみに「とり鉄」だからバカップルなどを
くわしく書けるのかどうかは、
「とり鉄」の意味を正確に理解していないためわかりません。
どちらかというと乗車記をくわしく書くには、
「撮る」よりも「乗る」ほうがいいんじゃないかと思います。
Posted by ひろとも at 2006年08月01日 02:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック