2011年07月30日

New本棚!

3月に被災していまだ復旧のなってなかった我が家の本棚。
家具設計士ハタさんの手配がようやくついて、
いよいよ設置作業となりました!
20110712_6807.jpg
本棚を置く忍者部屋は設置作業場所になるので、
床に平積みにしていた本はいったん居間に退避させます。

20110712_6812.jpg
職人さんの下準備がはじまります。青いシートで床を養生。
壁際の床が出ているスペースに本棚が来ます。

20110712_6815.jpg
本棚を置く側の壁は、前の本棚が倒壊する際についた傷が
いまも残っています。新しい本棚が設置されれば
隠れてしまう部分なので、このままにしておきます。
次に自分がこの壁を見るのがいつなのかわかりませんが
(数年後かもしれないし、何十年先かもしれません)、
壁の傷の近くに
「2011.3.11 東日本大震災のキズ」
と、注意書きをつけときました。

20110712_6845.jpg
家具職人のナベさんがやってきて、
てきぱきと組み立ててくれます。
ナベさんはNゲージのケースや居間の家具も
ぜんぶ作ってくれた安心のベテラン家具職人さん。

20110712_6874.jpg
堂々完成。白を基調としながらも、
表側に面するところだけ焦げ茶色で設計してもらいました。
想像どおりきれいに仕上がっています。

20110723_6946.jpg
早速、放置状態になっていた本を置きました。
なかなか、いい感じ。
それにしても時刻表多いな(笑)


かつての本棚については次の記事をご参照ください。
●新しい生活(転居当初)
http://xupotomo.seesaa.net/article/165634575.html
●大地震の被害状況(震災当日の状況)
http://xupotomo.seesaa.net/article/190759901.html
●本棚撤去(震災復旧作業)
http://xupotomo.seesaa.net/article/192726196.html
posted by ひろとも at 21:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この時刻表のコレクションの多さはすごいですね。
やはり、過去帳入りした列車の記録はインターネットでもあまり載っていませんので、こうして残すのがいいですね。
これだけあると、バカップル列車に出た往年の名列車の記録や、廃止路線の様子がわかっていいですね。
Posted by さらりとした梅酒 at 2011年07月31日 23:26
はい、時刻表のバックナンバーは実用というより記録です。
Posted by ひろとも at 2011年08月01日 09:21
さすがは家具職人さん!どんぴしゃですね。
完全オーダーメードの本だなってなんだかすごい。
Posted by KOM at 2011年08月01日 14:16
KOMさん、そうなんです、どんぴしゃなんです!
壁の一部になってほしいから、やはりオーダーにしてよかったです。
地震でひどい目に遭いましたが、怪我の功名かも。
Posted by ひろとも at 2011年08月01日 17:52
先日このNew本棚をナマで拝見させていただいたことを光栄に思います。
真横から見るとホント、壁。スペースを無駄なく使えているのがスゴイ!
そして、文庫本が納められているあたりは、棚板の内側に工夫がしてあって、ずれた拍子に本がドサッと下に落ちることがないんだよね。
蔵書のみならず本棚へのこだわりと愛着を痛感しました。蔵書の多さではウチのぞ〜の方がはるかに多いのですが、愛が足りない!(と、本人に言ってみたい 苦笑)
Posted by Yuka at 2011年08月02日 09:05
Yuka会長!!
お褒めの言葉の数々、ありがとうございます!
そうですね。上部の棚のストッパーのこととかも
ちゃんと記事本文で説明しなきゃいけませんでした。
あれこれしかけ盛りだくさんのNew本棚ですが、
やはり地震保険がおりてこそでしたね(^_^;)
Posted by ひろとも at 2011年08月02日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック