2011年08月05日

本郷館

本郷館が7月いっぱいで解体されるそうなので、
その前に一度見に行ってみました。

20110731_7103.jpg
東大正門の近くにあって、
百年以上もの歴史を持つ昔ながらの下宿屋さんだったそうです。
すでに解体工事の準備がはじまっています。

20110731_7075.jpg
20110731_7091.jpg
板張りの壁、木枠のガラス窓、雨戸の戸袋などなど、
最近の建築ではみられない懐かしい姿。

20110731_7092.jpg
壁にはこんなに渋い看板が。

20110731_7111.jpg
近所には「私の本郷館」と称して
かつての住人たちが撮影した写真が飾られていました。

よくぞここまで残ってくれたものと思います。


●「本郷館を考える会」オフィシャルサイト
http://hongoukan.blogspot.com/
posted by ひろとも at 07:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京の市外局番が、「03-3+数字7桁」に変わる前の広告なので、それはそれで価値がありますね。
怪しいマニアに盗まれるのではという心配もありますが、よくこういう看板が残っているのがすごいです。
Posted by さらりとした梅酒 at 2011年08月05日 08:57
たしかにそうですね。電話番号までは気がつきませんでした。
まだ残ってるなんて珍しいですね。
というより、いまもあるんだろうか吉田産婦人科……
Posted by ひろとも at 2011年08月05日 09:19
昨夜はど〜も!

本郷館を初めて見た時は衝撃でした。
「本郷館を考える会」サイトに西(裏)側の写真がありますが
まさにあの姿が目に入り 立ちすくんだほど。
あの古さ! 美しいと思いました。
解体する理由はいろいろあるのでしょうが
無くなって欲しくないなぁと思ってしまいます。
でもまぁそれはワタシの勝手な意見。 
時の流れは止められないんですものね。仕方ない・・・
Posted by Woony at 2011年08月05日 11:22
Woonyさん、こちらこそです!!
本郷館、ほんとに迫力です。
Woonyさんが見上げた言問通りからの眺め、
見てないのでまだ間に合うなら見てみたいですね。

解体は自分のものじゃないからどうしようもないですね。
鉄道オタクは自分のものじゃないものに
哀愁を感じる人種なので、こんなことは日常茶飯事。
「残念だけど、しかたがない。」
Posted by ひろとも at 2011年08月05日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック