2006年08月30日

ら抜きコトバ、許せる? 許せない?

JR有楽町駅の通路にて、
最近よくみかける「牛乳に相談だ。」のポスター発見。

20060829milk01lm.jpg

コピーはこうあります。

あと5cmあれば、
彼女にりんごを
とってあげれたのに。


もちろん、私も気になってたんですよね。
あげれた」じゃなくて、「あげられた」だろ、と。

いくら金田一春彦さんが「ら抜き」容認していても、
私はやっぱり「ら」が入っていないと、しっくり来ません。


もっと、しっくり来なかったひと、いたようです。
いや、彼はどうしても許せなかったのでしょう。

近づいてみましょう。

20060829milk02lm.jpg

「ら」挿入してるよ(^_^;) ペンで。

私も校正頼まれたら間違いなく入れるケドね。


でも、落書きはいけませんって(笑)
posted by ひろとも at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有楽町駅の落書き興味深く読みました。僕は話し言葉ではら抜き言葉は容認できますが書き言葉では容認できません。でも、ここは背が低い若者のコンプレックスを代弁するポスターなので「ら」を付け足すと若者らしさがなくなります。たぶんそういうことをねらって「ら」を抜いているのだからやはり落書きはいけないですね。
Posted by さらりとした梅酒 at 2006年08月30日 23:30
さらりとした梅酒さん、コメントありがとうございます。

そうか〜、若者っぽさを狙ってわざと「ら抜き」ですか〜。

それでもな〜、やはりしっくり来ないんだよな〜。

やっぱ、私は頭が固いんですかね〜?
Posted by ひろとも at 2006年09月02日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック