2012年07月24日

手回し発電タケコプター

本屋で見かけて、これはほしい!と即買いした
手回し発電タケコプター」!!
20120714_3728.jpg
「ドラえもん ふしぎのサイエンス」という雑誌です。
在りし日の学研の「科学・学習」みたいな感じですが、
これがもう、かなりの完成度。
20120714_3729.jpg
フタをあけただけでわくわく感満載でしょ♪
20120714_3730.jpg
こんな感じで組み立てます。
20120714_3731.jpg
できあがり!
黄色いハンドルをぐるぐる回すとドラえもんが飛ぶんです!!

動画はコチラ!
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
化学者によるとアニメに出てくるような形のタケコプターでは空を飛べないので羽根が2枚いるとか言っていたような気がします。
それでなのかもしれませんが実際のタケコプターと形が違うようですね。
Posted by さらりとした梅酒 at 2012年07月25日 08:40
さらりとした梅酒さん、まさにそこです!
一枚羽根だけのタケコプターが飛べるのは22世紀の技術で、
21世紀は右回りのもの、左回りのもの合わせないと
ドラえもんまでぐるぐる回ってしまうのです。
だからこんなカタチになってますが、
この二重軸がかなりよくできているのです!
Posted by ひろとも at 2012年07月25日 16:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック