2012年11月25日

大塚いちおさん「太陽」と「月」

二年近くも前の約束でした。
イラスト界の巨匠大塚いちおさんにお願いをしました。
新居に飾る絵を描いてください」
イラストレーターというふだんの大塚さんの仕事を考えれば、
飾るための原画を描いてもらうというのは
かなり無謀なお願いなのですが、
「え、おれの絵でいいの?」なんていいながら
ニコニコと快諾してくださいました。
大塚さんが多忙なのはわかっていますから
期限とかは決めませんでした。
「落ち着いたら描きますからねー」
「ゆっくりでいいですよー」
そんなやりとりが何度か繰り返されました。
「大塚さんの絵がきたら、我が家も完成だね」
なんて言いながら、私らは待つ時間も楽しみました。

そこへ地震がきました。東日本大震災です。

我が家は部分的ですが、崩壊しました。
忍者部屋の本棚は倒れ、Nゲージたちは崩れ落ち、
花瓶は割れ、床や壁は穴ぼこだらけになりました。
家づくりというと大げさですけど、
自分たちが心地よく暮らすための環境づくりが、
何歩か後退してしまいました。
大塚さんは大塚さんで多忙を極めていました。
地震前には予定していなかった復興関係の仕事が入ってきたり、
作品集「MAGIC!」を記念する展覧会も途中のままで、
新しい仕事に集中せざるを得ない状況でした。
もちろんそれはそれで意義深い仕事だったはずですが。

そんなわけで我が家にやってくる絵の完成は
遠くなってしまいました。

ところがこの秋にちょっとしたきっかけがあって、
いよいよ絵を描きはじめていただくことになりました。

そしてついに絵が描き上がったとの知らせが!

立冬も過ぎた11月上旬のある夜、
私らは心臓をばくばくさせながら
大塚さんのアトリエへおじゃましました。
20121108_6815.jpg
ついに完成しました「太陽」と「月」!

だいじにだいじにかかえて帰り、玄関に飾りました。
20121111_6870.jpg
絵は二枚組で、左が「月」、右が「太陽」です。
なぜ太陽と月なのかは最初に絵を依頼するときに
空とか太陽、月も好きなので(電車だけじゃなく笑)
そういったテーマでお願いしたのです。
「月」が左側なのは、私が太平洋側出身だからで
(地図で海側は東=右だからです)、
西の空と山を「月」とともに描いたのだそうです。
「太陽」は海から昇り、東の空に輝いています。
どちらも太陽や月から私らが想像するイメージとは
まったく違う色づかい。ステキすぎます。
これぞまさしくいちおワールド♪

我が家にお越しくださるみなさまを
玄関にてまっさきにお出迎えしてくれます。
20121110_6833.jpg
「太陽」と「月」が来て、
私らの家づくりもようやく完成となりました。


さて、明日11月26日(月)から大塚さんの個展があります。
「太陽」「月」がでっかいポスターになったものも
絶賛展示されているそうです。ドキドキ。
ポスターといってもふつうじゃなくて、
紙とか色とか箔押しの位置とか、どれひとつとして同じもののない
世界に一枚だけのポスターなんですって!!
販売もしてるそうなので、
ぜひとも一枚(以上)買ってくださいネ♪

◎大塚いちお個展
「窓の外ばかり眺めていたら、
とおりすぎてた。」
2012年11月26日(月)カラ 12月8日(土)マデ
Pinpoint Gallery/ピンポイントギャラリー
くわしくはコチラ↓
http://ichiootsuka.com/ichionews/3476
posted by ひろとも at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック