2013年03月01日

りゅうのお葬式

2月26日、実家で飼ってたシーズー犬の
りゅうが19歳と1か月で死にました。
晩年は脳梗塞になったり白内障になったり、
昨秋からは歩けなくなってしまいつらそうでした。
よくぞここまでがんばってくれました。大往生でした。

りゅうが来たころは私もまだ実家に住んでいたので、
よく散歩に行きました。りゅうの全速力についていけるのは
私だけだったので散歩のとき一緒に走ると喜んでました。
ちょっと気が強いやつだったので、人の手をよく噛みました(笑)
あんまり噛むので、妹が「ガブ」とあだ名をつけたくらい。

おととい、ペット専門のセレモニーホールでお葬式をしました。
20130227_0291.jpg
なんだかおしゃれな建物。
実家(川崎市多摩区)近くの中野島にあります。
20130227_0286.jpg
花いっぱいの祭壇もつくってくれて、
音楽とかスポットライトとかも出てきて、
なんだか豪勢なお葬式になっちゃいました。

でも、人間のお葬式にはない寂しさにおそわれました。
言葉がないのです。これには堪えました。
りゅうはうちにきて幸せだったの?
その問いにりゅうは答えてくれませんでした。
犬だからしかたないんですけど。
せめて一度でも「楽しかったね」なんて言い合ってたら
こっちだって少しは救われるのに。
IMG_0276.JPG
若かりし日のりゅう(妹ゆか撮影)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
19年も生きるとはまさに大往生です。かわいい犬だったので死ぬのが残念です。やっぱり年には勝てませんが、これだけ長年いるとこの犬も家族の一員なので悲しいものです。うちの犬もそろそろ12歳で白内障が始まって年を感じさせます。
Posted by さらりとした梅酒 at 2013年03月03日 08:44
さらりとした梅酒さんとこの犬もそろそろご老人ですね。
うちのりゅうは気が強い=体力あるだったのか、
ものすごい長寿でした。
実家に帰るとわんわんと出迎えてくれたりゅうが
いなくなったと思うと寂しいです。
Posted by ひろとも at 2013年03月05日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック