2007年03月05日

美人多し

いつもコメントいただいている
さらりとした梅酒さんから写真をいただきました。

京都の街角で撮影した写真のようです。

bijinlm.jpg

写真の添え書きをご紹介。
この写真は京都河原町の一銭洋食の店の前で撮ったものです。実際に立ち止まったところ神棚があって、縁結びの神様が祭られていましたが、けっこう謎があります。縁結びの神様のご利益のおかげでいろいろな美人にめぐり合えるのか、それとも一銭洋食の店の店員に美人が多いのかどちらなのか謎です。

どちらにしても、
美人さんが見られるのなら、私は
何度でも、いつまでも、立ち止まります!

あー、京都行きてぇ。
posted by ひろとも at 23:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 投稿写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「美人多し」の看板に飛びついてくださってありがとうございます。このお店は河原町にあります。あいにく写真を撮ったときは昼ごはんをもう既に食べていて店の中の調査はできませんでした。さらに、神棚の近くに泥棒に賽銭泥棒を思いとどまらせる注意書きがありました。気になるので今度訪れたときにも調査しようと思います。
Posted by さらりとした梅酒 at 2007年03月06日 08:48
交差点にお店があるわけじゃなくて
(飛び出し注意と勘違い)
立ち止まってお店に入ってねってことなんですね。
もうちょっと暖かくなったら行こうと思います♪

Posted by さくら at 2007年03月06日 21:07
さらりとした梅酒さん、写真の提供ありがとうございます。
いただいてからだいぶ経ってしまいましたが、
イタリア旅行記など予定していた記事がつまっていたので、
いまになってようやく掲載できました。
この看板は一銭洋食(HPには「壱銭洋食」とも)が
出している看板なんですか?
こどもがふりちんになってる看板があるくらいですからね。
このくらいの看板出しても不思議ではありませんね!?
Posted by ひろとも at 2007年03月07日 00:34
さくらさん!私も同じ勘違いしていました。
てっきり看板の前の路上に美人さんがいるのかと!
ということは、やはり一銭洋食の店内に
美人さんがいらっしゃるということなんでしょうか?
でもね、美人さんかと思って近づくと
人形だという話ですからね、気をつけないといけません!
Posted by ひろとも at 2007年03月07日 00:37
ホームページで調べたのですがひろともさんのおっしゃるとおりです。子供の存在には気づきませんでしたが店の雰囲気といい場所といいまさにご指摘のとおりです。本当に子供がふりちんになっていましたね。あと、美人さんかと思って近づくと人形が美人だという話のようです。
Posted by さらりとした梅酒 at 2007年03月07日 09:03
さらりとした梅酒さん、コメントたびたびありがとうございます。
美人さんは大歓迎なのですが、私はどちらかというと、
人形さんより人間さんのほうが好きです♪
Posted by ひろとも at 2007年03月08日 01:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック