2013年06月12日

上中里の不発弾処理

先日6月4日は上中里駅付近(北区西ケ原)の不発弾処理でした。
ええそうです、サッカーではなく不発弾処理の日でした。

ことし三月、国の研修施設建設予定地で旧日本軍の
8センチ高射砲の不発弾(直径約10センチ、長さ約40センチ)
が見つかり、その爆破処理を行ったんです。
現場はJR京浜東北線上中里駅に隣接する一帯で、
半径100メートル以内は立入禁止となり、
そこを通る東北新幹線、京浜東北線、湘南新宿ラインなどが
11時ごろから14時ごろまで運休になりました。
不発弾処理のために新幹線が運休になるのは初めてだそうです。
2013 06 01_2903.JPG
西ケ原付近の立て看板にあった地図。
赤、青、緑で塗られた部分が立入禁止区域。
東京23区内にもかかわらず、半径100メートル以内に
民家はないので(さすが上中里)、避難住民はいません。
というより、国有地が広すぎるんです。

2013 06 04_2843.JPG
当日は朝から駅前に報道陣が詰めかけていました。
カメラの列に住民も驚いています。

2013 06 04_2851.JPG
上中里駅ホームからみた現場付近。
蔦がからまる高いフェンスの向こう側に不発弾が埋まっています。

近づいてみると(6月1日撮影)、敷地脇の道から
不発弾のある場所が見えました。
2013 06 01_1976.JPG
赤い丸をつけたところが不発弾の隠れている一角です。
土嚢がいくつも積まれ、シートがかけられています。
4日はその奥にあった土嚢が不発弾の上にさらに積まれ、
爆破処理が行われたようです。

この日の目玉はもうひとつありました。
京浜東北線が品川〜東十条間で運休になるので、
大宮方面からの列車は東十条で、
大船方面からは品川で折り返し運転になるのです。
品川での折り返しは珍しい。
2013 06 04_2881.JPG
ということで品川に来てみました。
たしかに田町側に引き上げ線が一本あり、
この引き上げ線をつかって折り返し運転をするんですね。
2013 06 04_2899.JPG
こちらは大井町の光景。行き先表示に「品川」の文字。
駅の電光案内板にも「品川」と出てますね。
爆破処理中は京浜東北線の分だけ品川〜田端間の本数が減るので、
代わりに山手線が日中にもかかわらず三分間隔で動いてました。
posted by ひろとも at 01:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けっこう急に電車が止まったようでなかには移動に支障が出た人もいたようです。しかし作業は昼過ぎに無事完了したようでよかったです。品川駅については最近サンライズ出雲がここで運転を打ち切ったとかいう話も聞きました。東海道線は品川発着可能なのは把握していますが京浜東北線も同様のことが出来るのは初耳です。
Posted by さらりとした梅酒 at 2013年06月12日 08:50
告知は東京近郊ではずいぶん前からしていたのですが、
新幹線で遠方からくる乗客までは想定していなかったんですね。
読みが甘いといえば甘かった(苦笑)。
京浜東北線の品川発着は私も過去に記憶がありません。
ブルトレは上りの品川打ち切りはよくありました。
遅延すると貨物線を走った上に品川止まりになったりして。
急ぐ客は新幹線に乗りかえちゃってるし、
車庫は品川のほうが近かったりで、わざわざ東京駅まで
行く必要がないんでしょうね。
Posted by ひろとも at 2013年06月12日 09:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック