2013年10月29日

DVD「オルガネラ」ワークショップ

ことしの夏を熱く締めくくったオル太の「オルガネラ」!
金沢21世紀美術館の「内臓感覚」展での展示です。
そして灼熱の光庭で繰り広げられたワークショップ
ふだんは見る側なのが演じる側になるという貴重な機会でした。
2013 09 09_5194.JPG
その様子を撮影したDVDを送っていただきました。
オル太のみなさん、美術館のみなさん、ありがとうございました。

2013 09 09_5190.JPG
おおっ、映ってる映ってる! 当日は必死に動いてましたが、
いま思えば、よく彫刻を壊さなかったものだと
映像を見て冷や冷やしています。

2013 09 09_5193.JPG
光庭の内側とガラスの向こう側との邂逅。
偶然のめぐり合わせがとても面白いパフォーマンスを
生み出していました。……またやりたいなぁ。
まあ、こういう機会はそうそうありませんけど(笑)


●「内臓感覚 − 遠クテ近イ生ノ声」金沢21世紀美術館
※会期は終了しています。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
演じる側も確かにこれは大変だという感じがします。日当たりのいいところで衣装を着けて演じるから確かに今年の夏はしんどかったと思います。でも、発想が斬新で面白いです。
Posted by さらりとした梅酒 at 2013年10月29日 08:50
こんにちは〜

色々な事にチャレンジされてて、美術館のイベントに出演もすごいなぁって思ってました。
ら、それが永久保存版になったんですね。

本業の修飾語になりそうですね♪
アーティスティックな○○、多芸な○○○!
Posted by さくら at 2013年10月29日 13:00
さらりとした梅酒さん
演じるのはたいへんでした。
なにがって、触れるものすべてが暑かった(笑)
コンクリートの床も側溝の蓋も彫刻も!
オルガネラなりの動きはオル太のみなさんの指導の賜物です。
もういまはできないと思います。
Posted by ひろとも at 2013年10月29日 14:11
さくらさん、ごぶさたしております。
チャレンジという意識はないのですが、
興味を持ったもの面白そうなものになんでも飛びついてしまいます。
あれもこれもやってると時間とられるので気をつけないと。
多芸なのは良いですが、本業がおろそかになってはいけませんからね。
Posted by ひろとも at 2013年10月29日 14:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック