2013年12月10日

東北縦貫線(上野東京ライン)

こちらJR秋葉原駅京浜東北線(南行)ホームから
御徒町方面(北東方向)を撮った写真です(2012年6月撮影)。
20120622_3482.jpg
京浜東北線の線路と東北新幹線の線路の間に
なにやら巨大な建造物がつくられようとしています。
向こうに見える総武線のホームをくぐったところから
なんとなく坂を登っているのがおわかりでしょうか。

20120622_3481.jpg
同じ場所から神田駅方面(南東方向)を撮ったもの。
建造物は途切れ途切れになってますが、神田に向かって
登る坂道がなんとなくつながっています。

これがいま、JR東日本が計画している東北縦貫線の線路です。
折しも昨日この路線の愛称を「上野東京ライン」とするという
報道発表があったばかり。まんまやんけ!という名前ですが(笑)

20131205_6507.jpg
こちら上とほぼ同じ場所から神田方面(南東方向)を
撮った写真です(2013年12月撮影)。
防護シートも外され新品の線路がきれいに敷かれています。

20131028_6078.jpg
ほぼ同じ場所を総武線(上り)ホームから撮った写真。
一番左の複線が新幹線、真ん中のコンクリートも
まっさらな路盤の複線が東北縦貫線、その右側に京浜東北線、
山手線の線路とホームが並んでいます(2013年10月撮影)。

そもそも東北縦貫線とは、東京駅止まりになっている東海道線と
上野駅止まりになっている東北・高崎・常磐線をつなげて
相互直通運転をしようというもの。
20110715_6907.jpg
湘南新宿ラインみたいな電車が山手線の東側にも通るようになります。
東京〜上野間はもともと単線の線路があったのですが、
東北新幹線が東京駅まで延伸されるときに神田駅付近の土地が足りず、
その線路を撤去して新幹線の線路を敷きました(図の上段の状態)。
それ以降、いまも線路は分断されたままですが、
やはり東海道線と東北線はつなげた方が良いということで、
神田駅付近は新幹線の上に線路を通すという
かなりミラクルな計画となりました(図の中段の状態)。
東北縦貫線_パノラマ2修正m.jpg
神田駅付近はただでさえ、川や一般道や高速道路が錯綜しているのに、
さらに新幹線の上で工事をするというのですから
たいへんな難工事だと思われます(写真をクリックすると大きくなります)。

東北縦貫線は長い工事を経て、2015年春に完成するそうです。
これで東京〜上野間の京浜東北・山手線の混雑緩和が期待されます。
そして田町の車庫が尾久に統合されれば
田町〜品川付近の再開発も本格的になるでしょうね。
posted by ひろとも at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック