2014年01月07日

思い出鉄道写真館 (10)調布駅平面交差

つい最近まで京王電鉄の調布駅では八王子方面の京王線と
橋本方面の相模原線が平面交差で分岐していました。
IMG_8935-2.JPG
この写真は3・4番線ホームの一番西寄り(八王子寄り)から
八王子・橋本方面を見たところ。
3番線と4番線の線路に挟まれたところで撮影しました。
一番右から上り4番線、3番線、その左が下り2番線、
さらにその左側に見えにくいですがもう一本あるのが1番線です。
橋本方面(写真ナナメ左前方)から3番線に入る線路と
1・2番線から八王子方面(写真ナナメ右前方)へ向かう線路とが
このように駅西側の同一平面上で交差してたのです。
そのため相模原線上り電車と京王線の下り電車は
同時に発着できず、ダイヤ設定上のネックになってました。
IMG_8933-5.JPG
こちらは同じ場所から撮った写真で、
ちょうど相模原線上り電車が3番線に入ろうとしています。
この電車が左側二本の線路(1・2番線)の行く手を
堂々と遮っているのがわかるでしょうか。
逆に、八王子方面から4番線に入る電車は同時入線できます。
ただし橋本方面から3番線に入るポイントと
八王子方面から4番線に入るポイントが接近していて
同時到着はかなりスリリングです。

下の写真は相模原線上り電車が調布駅3番線に
進入するところを前方運転席後ろから撮影したもの。
見る方向としては上の写真と正反対(新宿方向)です。
IMG_1222-3.JPG
調布駅に接近中。下り相模原線電車とすれ違い。
IMG_1223-3.JPG
のろのろと進みますが調布駅手前で一時停止。
IMG_1224-3.JPG
左側の電車は4番線に進入している京王線上り電車。
IMG_1225-3.JPG
この電車のすぐ右側をすり抜けるようにして3番線に入ります。
3番線に入るポイントの手前で1・2番線からの線路を続けて跨ぎます。
IMG_1226-3.JPG
左側の電車の車体がすぐそこまで迫ってきています。
本当にこのまま進んで大丈夫なの? と見てる方が冷や冷や。
IMG_1227-3.JPG
ギリギリセーフ!
その距離わずか20〜30センチってとこでしょうか!?
IMG_1228-2.JPG
なんとか無事3番線に到着。
でも真正面の本線上にヘッドライトをつけた電車が停まっていて、
いまにもこっちに向かってきそうな勢いです。
この電車は渡り線で1番線に入り、下り相模原線の電車になります。
それにしても、平面交差といい、本線折り返しといい、
どこまで路面電車的なんだ、京王線は!?(笑)

しかし、2012年8月に調布駅は地下化され、
相模原線との分岐は立体交差に。
こういう光景もみられなくなりました。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 思い出鉄道写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます&今年もよろしくです♪

どこかで見たような…大阪の淡路ってとこですね。

どんどん便利になっていきますね。
淡路も、一方を、高架にして、もうすぐ便利化されます。
ちょっと寂しいな
Posted by さくら at 2014年01月10日 20:28
さくらさん、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

淡路……関西の電車はくわしくないのですが、
かなりきわどい駅ですねえ(^_^;)
大阪側と京都側両方に平面交差がある!
かなりそそられます。
高架化されちゃうんですね。
その前に一度訪れてみたいです!
Posted by ひろとも at 2014年01月12日 10:55
こんにちは。
2件連続のコメントにて、こちらも失礼致します。
「路面電車的な京王線」、本当にぴったりな表現ですね。
こちらの調布やその他の駅でも、本線上の折り返しや平面での路線の分岐など、昔から変わらない素朴な雰囲気が京王線の魅力でした。
地下化や高架化が進展し、どの駅も綺麗に改装されていますが、昔の古い電車が走っていた時代を懐かしく思い出しています。
こちらの記事も楽しませて頂きました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc
Posted by 風旅記 at 2015年08月24日 17:00
風旅記さん、いくつもコメント恐れ入ります。
京王は「的」というより、元々路面電車だったんです。
その名残というか、スピリッツというか、
そのようなものがいまでも残っている(?)
というところが面白いんですね。
北野なんて、高架化しても平面交差ですからね。
筋が一本、どころか、何本も通っています!
Posted by ひろとも at 2015年08月25日 01:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック