2014年02月08日

「わん語録」本、ついに発売!

デザイナーの犬島典子さんと共同で自主制作してきた
わん語録の本『わん語録 001-100』がついに完成、
1月24日から発売となりました!
20140115_7869page.jpg
わん語録とは、わんちゃんというひと(架空の人物)の
おかしな発言を採取し、集めた語録です。
2011年4月ごろから私がツイッター(@wangoroku)で
ときどきつぶやいていて、昨年夏、それがついに
100個集まったので本にしてみました。

ページの中味はこんな感じ。
20140202_7991page.jpg
「わん」というだけあって、
ワンコのかわいいイラストもふんだんに。
このイラストは鈴木さや香さんの作。
20140202_7992page.jpg
ラストのページは本城直季さんの写真。
わんちゃんとその仲間たちが「だるまさんがころんだ」で
遊んでいるところを撮っていただきました。

サイズは17cm×17cm、96ページ。
衝撃的なムービーの入ったDVDがついて定価1,500円+税です。
※『わん語録 001-100』の販売情報
 この記事のいちばん最後に掲載しました。


本ができてうれしかったので、
発売記念パーティーなんか開催しちゃいました。
20140124_kanban.jpg
20140124_enter.jpg
場所は元麻布のイタリアン・バル「エクイート」

20140124_talk01.jpg
わん語録の真相に迫るトークショーっぽいコーナー
なんかも催したりして。
20140124_talk02.jpg
相次いでわき起こる爆笑に思わず顔を隠す犬島さん。
わんちゃんとは別人なのですが(笑)

写真やイラストのご紹介コーナーでは
コラボレーターの方のコメントをいただいたり。
20140124_kyosho.jpg
イラスト界の巨匠・大塚いちおさんが
「キンモクセイ」のイラストが出来るまでの
ストーリーを語ってくださいました。

20140124_movie.jpg
大久保兄弟さん、チョモトフ・トモチョフさん、
フレンチコンデンサーさんたちの衝撃ムービー上映会も挙行。
会場が笑いと驚きの渦に引きずり込まれました。

20140124_7818kaijo.jpg
コラボレーターの皆様を中心に
本当にたくさんの方々にお集まりいただきました。
20140124_sign.jpg
調子に乗って最後はサイン&握手会。
パーティーは盛況のうちにおひらきとなりました。

本の制作にあたっては、アートディレクター柿木原政広さんをはじめ、
10(テン)のスタッフの皆様に多大なるご協力をいただきました。
お名前をすべて書ききれなくて申し訳ないのですが、
コラボレーターの皆様、アイコン犬を描いてくださった皆様
一人ひとりの力をお借りして、ようやくこの一冊が出来上がりました。
本当にありがとうございました。

そして、こんなアホなことに文句ひとつ言わず
つきあってくれた犬島さんに感謝!
101以降もあるのでこれからもよろしくネ♪



【『わん語録 001-100』の販売情報】
この本がほしい!という方は、
送料込み1冊1,750円(4月以降1,800円)にてお送りいたします。
●氏名 ●送付先住所 ●必要冊数を明記し、
タイトルを「わん語録本希望!」として
xupotomo@fa2.so-net.ne.jpまでメールをお送りください。
振込先を記載したメールをこちらから返信します。
入金が確認でき次第、発送いたします。
※恐縮ですが振込手数料はご自身でご負担願います。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック