2014年02月14日

ベルリン(2)ハンブルグとベルリンの壁

ベルリン一人旅の続きです。
1日の朝から2日夕方までは単独行動でした。

●1月1日
夜明けの花火大会のあとは宿で朝ごはんを食べて、
そのままハンブルグに行きました。
ハンブルグに行きたかった、というより、
ICE(インターシティーエクスプレス)に乗るために
どこかに行くことになったというのが正直なところ(笑)。
ベルリンからだと片道二時間くらいで行ける
ハンブルグがちょうど良かったんです。
20140101_6889ice.jpg
ベルリン中央駅でついに出会ったICE!
ヨーロッパでは珍しい「電車」(動力分散)型の車両です。
ハンブルグ行きのICEは12時16分に発車。
20140101_icerestraunt.jpg
日本では風前の灯になった食堂車もドイツでは健在!
ゆったりしていて心地よい空間です。
食堂車で食べたいがためにわざわざ行って
サンドイッチを注文してみました。

20140101_7256hambrug_eki.jpg
13時57分、ハンブルグ中央駅に到着。列車もひともたくさん。
20140101_7337hambrug_eki.jpg
駅舎全景。東と西に時計台があります。
とくに用もないのですが、目的もなく街中をぷらぷらしました。
せっかくハンブルグなので、ハンバーグでも食べようと
ハンバーグの店を探してみたのですが、
メニューにそれらしきものはなし(そもそもドイツ語読めないのですが)。
しかもきょうは元日なのでほとんどの店はお休み。
20140101_7271hambrug_lake.jpg
なんとはなしに、アルスター湖という湖のほとりに着きました。
北海にも近い土地なので、冬の日は極端に短く、
15時なのに、すでに夕方のような雰囲気。
結局、ハンバーグの店はみつからなかったので、
マクドナルドでハンバーガーを食べてベルリンに戻りました。

●1月2日
翌3日朝には帰りの飛行機に乗らなければならないので
ベルリンでゆっくりできるのはきょう2日が最後。
日中はいまでもわずかに残るベルリンの壁を探しに行きました。
20140102_metro.jpg
地下鉄でアレクサンダー広場からベルナウアー通りへ。
出口からでるといきなり壁のモニュメントがありました。
20140102_tram.jpg
前の道路には新型の路面電車がぐおんぐおんと走ります。
20140102_7068kabe.jpg
ベルナウアー通りのこの付近、一帯が壁モニュメントになっています。
取り壊されてしまったところは、こんな鉄の棒で高さと厚さを再現。
20140102_7120kabe.jpg
壁が残っているところもありました。
突貫工事で作ったからか、コンクリートが落ちて
鉄筋がむき出しになっているところもあったりして。
20140102_7156kabe.jpg
コンクリートがちゃんと残ってるところは落書き。
壁の上の縁は簡単に乗り越えられないよう
筒のようなものが被せられています。
20140102_7180kabe_reihaido.jpg
壁地帯には礼拝堂もありました。
20140102_7163kabe.jpg
道路の向かい側には見晴台があって、壁地帯を見渡せます。
ベルリンの壁は一枚ではなく、五十メートルほどの幅をもった
帯のようになっていて、その両端にそれぞれ壁があるといった構造。
もし乗り越えるなら、ふたつの壁を乗り越えなければなりません。

再び地下鉄を乗り継いでフリードリッヒ通りへ。
20140102_7300charlie.jpg
こちらはコッホシュトラーセ駅近くにある
「チェックポイントチャーリー」。
壁を行き来する検問所があったところです。
いまもレプリカの詰め所があって、
兵士の格好をしたおじさんが愛想を振りまいていました。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック