2014年05月06日

シングルレコード

収納を整理してたら奥のほうから出てきました。
ガキのころ集めていたシングルレコード!
20140505_4762.jpg
子門真人『およげ! たいやきくん』(1975年)
生まれて初めて自分のおこづかいで買ったレコードです。
いまでも思い出します。500円札を握りしめ、
ドキドキワクワクしながらレコード屋さんに走ったあの日のことを。

20140505_4763.jpg
出ました! ピンク・レディー!!
左から(以下、同じ)『ジパング』(1979年)
『カルメン'77』(1977年)、「ウォンテッド(指名手配)』(1977年)
『ペッパー警部』でもなく『UFO』でもなく、この三枚!(笑)

20140505_4770.jpg
松田聖子『青い珊瑚礁』(1980年)
聖子ちゃんカットですね〜〜。

20140505_4767.jpg
ふつうのヒット曲もありました。ミーハーなんで。
海援隊『贈る言葉』(1979年)、寺尾聰『ルビーの指輪』(1981年)
小林明子『恋におちて -Fall in love-』(1985年)
『贈る言葉』はドラマ『3年B組金八先生』の、
『恋におちて…』は『金曜日の妻たちへ』の主題歌でした。
なんで買ったんだろうってのもちらほら混ざってますね(笑)。

20140505_4768.jpg
あまロス症候群の一環として
(自分の中で)復活を遂げた薬師丸ひろ子
『あなたを・もっと・知りたくて』(1985年)
『Woman "Wの悲劇"より』(1984年)
『セーラー服と機関銃』(1981年)
『セーラー服…』はいま聴くとまだ声が子供みたい。
『Wの悲劇』はいまだからこそわかる名曲ですね。

20140505_4775.jpg
出てきましたよ、消したい過去が(笑)
おニャン子クラブのソロがぞろぞろと。
渡辺満里奈『深呼吸して』(1986年)
国生さゆり『バレンタイン・キッス』(1986年)
河合その子『青いスタスィオン』(1986年)
ここにもなんでうちにあるんだろってのがありますね(汗)

20140505_4769.jpg
アニソンもありますね〜〜!
『テレビ漫画一休さんより とんちんかんちん一休さん/ははうえさま』(1975年)
ゴダイゴ『銀河鉄道999』(1979年)
斉藤由貴『悲しみよこんにちは』(1986年)
『銀河鉄道……』は映画版の主題歌、
『悲しみよ…』は『めぞん一刻』のオープニング主題歌でした。

20140505_4766.jpg
いまや珍しいかもしれないYMO系シングル!
YMO『以心電信』(1983年)
忌野清志郎+坂本龍一『い・け・な・いルージュマジック』(1982年)
坂本龍一『フロントライン』(1981年)
『い・け・な・い……』はヒットしましたねー。
この曲が出た1982年はYMOの活動が空白となる年でした。
ついにアルバム未収録となった
『過激な淑女』のシングルも買っておくべきでした。惜しい。

さらに奥からシングルCDも出てきました〜!
20140505_4772.jpg20140505_4773.jpg
薬師丸ひろ子『時代』(1988年)
CHAGE&ASKA『SAY YES』(1991年)
『時代』は中島みゆきのカバー曲、
『SAY YES』はドラマ『101回目のプロポーズ』の主題歌でした。
20140505_4774.jpg20140505_4771.jpg
坂本龍一 featuring Sister M『The Other Side of Love』(1997年)
サザンオールスターズ『TSUNAMI』(2000年)
Sister Mは後になって明かされたのですが、教授のお嬢さんの坂本美雨、
『TSUNAMI』はさいきん公の場で聴かなくなりましたが、
好きな曲です。似ている感じの『真夏の果実』も好きです。

今回、主だったレコード聴き直してみましたが、
やはり音がいいですねえ。いまはアンプがいいからなのかな?
自分の中では、
 レコード>CD>MP3>カセットテープ
の順ですかね。音の良さは。
レコードの音に慣れちゃうとiPod聴けなくなりそうです。
posted by ひろとも at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かレコードはちゃんと扱わないと同じところばかり繰り返し再生するし傷つきやすいし扱いにくいからあまり最近扱わないですが懐かしいです。ポンキッキ関係でしたらLPレコードを持ていました。当時はクラシック音楽でもシングルがあったのを覚えています。
Posted by さらりとした梅酒 at 2014年05月06日 10:31
さらりとした梅酒さん、
レコードのあつかいかたよくご存知ですね。
ほこりとかで雑音出るし、たわむと周期的に音が強弱するし、
むかしは原始的でやだなーって思ってますが、
いまはあの面倒くささがかえっておもしろくて、
なにより音がとても豊かで、
レコードの良さを再認識しています。
そういえば大昔は一曲一曲が一枚のレコードで、
それを写真の「アルバム」状に収納していたから
LPレコードで複数の曲が入っているやつを
アルバムって呼ぶようになったんだそうですよ
(聞きかじり)。
Posted by ひろとも at 2014年05月06日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック