2014年05月14日

走れ!バカップル列車 第60号 京阪電車大津線

ある春の日、突如思い立って、
京阪電車大津線に乗りにいきました。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第60号 京阪電車大津線

大津線というのは、京阪の京津線と石山坂本線の総称です。
京都市営地下鉄の御陵(みささぎ)駅から
京津線の四両編成の電車に乗りました。
20140321keihan_ohtsu01.jpg
御陵を発車してまもなく地上に出たかと思えば、
ものすごいS字カーブで東海道線の下をくぐります。

20140321keihan_ohtsu02.jpg
逢坂山トンネルを出たところが、九○度の急カーブ。
前の車両の車内がこちらとはまったく別の向きになっていて、
その前の車両が左の窓の外にさらに別の向きで走っています。
いちばん前の先頭車は切り通しの壁の向こうで見えません(笑)

20140321keihan_ohtsu03.jpg
そして上栄町を出るとゆっくりと国道161号線に飛び出します。
緊張の瞬間!

20140321keihan_ohtsu04.jpg
いちばん後ろの運転席から見たところ。
並行する自動車も、なにごともなく電車と並んで走ります。

20140321keihan_ohtsu05.jpg
そしていよいよ終点、浜大津!
交差点を「右折」して駅に進入します。
御陵からおよそ十五分の旅でしたが、とても内容の濃い時間でした。

さて、浜大津からは石山坂本線に乗り換え。
来た電車はアニメキャラクターのラッピング!
20140321keihan_ohtsu06.jpg
車体だけでなく、車内もぜんぶアニメ、ぜんぶピンク。
京津線は四両連結でしたが、こちらはこぢんまりした二両連結。

20140321keihan_ohtsu07.jpg
車体のラッピング。
窓部分もかまわずキャラクターが横たわります。

20140321keihan_ohtsu08.jpg
石山寺から、坂本へ向かう電車からの眺め。
石山付近から膳所本町までは街の隙間を急カーブでくねくねと進みます。

20140321keihan_ohtsu09.jpg
そして浜大津を出ると交差点を抜け、
次の三井寺の手前まで、細い道路の上をそろそろと走ります。

20140321keihan_ohtsu10.jpg
石山坂本線は三井寺から線路がほぼ北にまっすぐ伸びます。
近江神宮前に到着するところ。ここには車庫があります。
すれ違う電車はなぜか京阪の特急色。

20140321keihan_ohtsu11.jpg
坂本から戻ってから、浜大津でしばらくの間、電車見学。
パトカー電車が交差点を通過してゆきます。

20140321keihan_ohtsu12.jpg
陸橋の上から見学。
京津線の水色の電車が交差点のど真ん中ですれ違い。

20140321keihan_ohtsu13.jpg
最後の締めは再び京津線。浜大津の交差点を左折して、
国道161号線を南下します。

<旅行記>
走れ!バカップル列車 第60号 京阪電車大津線

posted by ひろとも at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック