2014年08月19日

走れ!バカップル列車 第61号 夕刊のその後


走れ!バカップル列車 第61号 東北線夕刊輸送電車」で
黒磯についた嫁みつこと私は、北西15キロほど山に登った
板室温泉というところに一泊しました。
20140718_2067.jpg
ONSEN RYOKAN 山喜」というお宿。
20140718_2063.jpg
建物はモダンな設計で外観も内装もかなり凝ってます。
手すりのところに欄間のようなかわいい飾り付け。
だれか有名な建築家の設計なのかと宿の人に尋ねたところ、
「地元のふつうの建築士ですけど」っていわれました(笑)。

20140717_5455.jpg
露天風呂に、
20140717_5415.jpg
20140717_2058.jpg
おいしい料理の数々。
ところがその夜、私は体調を崩してしまい、
晩ごはんをぜんぶ食べることができませんでした。
あゝ残念無念……。

20140718_230629.jpg
翌朝、体調も快復して、宿の近所をお散歩。
雲が低く垂れ込めて山々にかかる山水画のような光景、
一番か、二番ぐらいに好きな日本の景色です。
20140718_0670.jpg
山の奥だからか、7月も半ばというのに
紫陽花がきれいに咲いていました。
20140718_2086.jpg
吊り橋を渡りました。おそるおそる足を踏み出す嫁みつこ。

20140718_2151.jpg
帰りに宇都宮に寄って餃子を食べて帰ってきました。

あ、その前にタムラさんの展示を見てきたんだった!(笑)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック