2015年07月08日

走れ!バカップル列車 第69号 小松島線廃線跡と特急うずしお(後編)2

小松島の旅、二日目のつづきです。
徳島駅でトモコさんたちを見送ったあと、みつこさんと私は
特急「うずしお22号」で岡山に向かいます。
バカップル列車初の瀬戸大橋です!

<旅行記本文>はこちら。
第69号 小松島線廃線跡と特急うずしお(後編)

徳島駅は鉄道全盛期の面影を残す駅の構造。
20150504_8523.jpg
改札口に面したホーム、駅の反対側の車両基地。
いい佇まいです。
20150504_0958.jpg
賑やかに並ぶ出発信号機。
信号機は、阿波池田方面の徳島線、高松方面の高徳線それぞれに。
さらにそれが出発ホームごとにあるのでこんなにたくさん。
20150504_8532.jpg
こちらは改札口に直結する二番線の端っこにある一番線。
二番線の先端を一部削ってそこに線路を敷いた感じ。
徳島線の列車が発着します。

特急「うずしお22号」は順調に高徳線を走って高松へ。
高松でスイッチバックして予讃線を走り、
宇多津で高知から来る特急「南風22号」と連結します。
20150504_2235.jpg
丸亀方向から「南風」が近づいてきました。
20150504_002.jpg
手際よく連結して、2両+3両で瀬戸大橋を渡ります。

20150504_003.jpg
高架橋をぐんぐん加速。
向こうに瀬戸大橋の吊り橋が見えてきました。
20150504_004.jpg
ここから瀬戸大橋。上下線の真ん中にトラスの支柱が並びます。
一番長い「南備讃瀬戸大橋」(1723メートル)の支柱は
124番からはじまっていました。
20150504_005.jpg
足もとはトラスの骨組みだけ。
60メートルの眼下に瀬戸内海が広がります。
20150504_8535.jpg
瀬戸内の島々の向こうに太陽が沈みかけています。
♫瀬戸は〜日暮れて〜夕波小波〜


<旅行記>
第69号 小松島線廃線跡と特急うずしお(後編)

posted by ひろとも at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも読み応えに見応えある
ひろさんの気まぐれ日記楽しみにしております。
バカップル列車の旅で自分の生まれ育った場所に来てもらえて、最高に嬉しかったです️

これからも気まぐれ日記にバカップル列車の旅楽しみにしています。
Posted by クボトモコ at 2015年07月09日 09:59
わー、まさかの登場人物ご本人からのコメント!!
コメントくだすって、読んでいただいて、
いつもありがとうございます!
そして小松島では本当にありがとうございました。
ご家族勢ぞろいでてんこ盛りのおもてなしをいただいて、
わしらは幸せ者です。
これからもブログとバカップル列車、こつこつ増やします。
そしてまた小松島に行きたいです!!
Posted by ひろとも at 2015年07月09日 10:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック