2015年08月11日

上野駅高架ホームの改正前・改正後

バカップル列車第70号の上野東京ラインの話題が続きます。
上野駅の高架ホーム(列車線)の発着番線が
改正前と改正後でがらりと変わったことは旅行記にも書いた通りです。

今回は上野駅の駅名標がどのように変わったのか、
とくに上野東京ラインが関連する5番線〜9番線について
改正前・改正後を横に並べて見てみたいと思います。
※改正前(左)の写真は2015年2月22日、改正後(右)は3月28日撮影

●5番線
20150222_7739_改正前_上野5番.jpg20150328_8005_改正後_上野5番.jpg
改正前の写真は今年2月に撮ったものですが、
すでに駅名標は改正後のものに交換されていて、
3月の改正日まではシールでの対応となっています。
改正前は、5番線〜8番線は東北・高崎線の発着に使われていて、
上野駅が終点のため、東京側に駅名はありませんでした。
ラインカラーもオレンジ一色。
改正後は、5番線は東北・高崎線の北行の発着に使われます。
ひとつ手前の駅に東京が加わっています。
ひとつ向こう側の駅は尾久で変わりありません。

●6番線
20150222_7738_改正前_上野6番.jpg20150328_8006_改正後_上野6番.jpg
6番線は改正で大きく変わったところです。
発着列車は原則的に常磐線北行(中距離電車・快速電車)になりました。
朝のラッシュ時間帯に東北・高崎線の北行にも使われるので、
ひとつ向こう側の駅は従来の尾久はそのまま、
新たに日暮里が加わりました。ひとつ手前の東京も加わっています。
東京方向への列車がないので、駅名の文字が小さくなっていて、
緑のラインがまっすぐ切られた形になっています。
路線を示すラインカラーは東北・高崎線のオレンジ、
常磐線中距離電車の青、常磐線快速電車のエメラルドグリーンの
三色がちまちまと並んでいます。

●7番線
20150222_7741_改正前_上野7番.jpg20150328_8008_改正後_上野7番.jpg
こちらは原則的に東北・高崎線南行に使われます。
ラインカラーはオレンジのみ。
尾久方向に発車する列車はほとんどないため、
緑のラインの「矢印形」が消え、端がまっすぐになっています。
駅名の文字も小さくなりました。
逆に東京側は緑の線が矢印形になっています。

●8番線
20150222_7742_改正前_上野8番.jpg20150328_8009_改正後_上野8番.jpg
8番線は原則的に常磐線下り特急列車のホームになりました。
行き先に尾久が消え、日暮里に変わりました。
例外的に東北・高崎線の南行も使うため、
東京の駅名とオレンジのラインカラーが増えたのはいいのですが、
ひとつ手前の駅に尾久がないのがちょっと謎です。

●9番線
20150222_7745_改正前_上野9番.jpg20150328_8011_改正後_上野9番.jpg
9番線〜12番線は常磐線のホームでしたが、
改正後の9番線は原則的に常磐線南行(特急含む)になりました。
東京が緑の矢印形とともに新たに加わっています。
快速電車はいままで使っていなかったのか、
エメラルドグリーンのラインカラーが加わっています。
上野始発の下り常磐線が使うこともあるので日暮里も緑の矢印形のまま。
東北・高崎線が使用することはないはずなのですが、
なぜかラインカラーにオレンジが加わっています。

旅行記には書ききれなかった上野駅の地平ホーム
(13番線〜17番線)の発着番線ですが、
ダイヤ改正後も残っている上野発着列車
(東北線・高崎線・常磐線特急)が主に使うようになっています。
こちらはむしろダイヤ改正前とほとんど変わらない感じです。


posted by ひろとも at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック