2015年10月30日

安齊重男の写真による多摩美をめぐる人々/もの派─70年代byANZAI

多摩美術大学へ行ってきました。
アートドキュメンタリスト安齊重男さんの展示を見るために。
20151025_1105.jpg
だって直々にお葉書いただいちゃったとなれば、
行かないわけにはいきません。

20151017_0976.jpg
ようやく着いた山の上。八王子と相模原の狭間です。
アートテークという建物の1Fと2Fに展示会場がありました。

1Fは「安齊重男の写真による多摩美をめぐる人々」と題され、
卒業生や教員など多摩美に関係のある美術家の肖像が並びます。
20151026_1107.jpg
これはパンフレットなんですが、大きな壁にまったく同じレイアウトで
たくさんの写真が配置されています。
学生時代のオル太のメンバーも写っていたりして興味津々(笑)

2Fは「もの派─70年代byANZAI」と題された作品群。
1970年代に活躍した「もの派」といわれた美術家たちの
肖像、作品、制作風景などがリアルに描写されています。
巻頭言に李禹煥さん(直島に美術館があります)の文章があって、
安齊さんがアートドキュメンタリストになるきっかけみたいなことが
書かれていてこれまた興味津々。

これだけでも充分おなかいっぱいなんですが、別棟には
オル太の展示もあったのでこちらも見学。
2014年韓国・ソウルで制作した映像、衣装、立体を
組み合わせた高低差のあるインスタレーションでした。

ちなみにアートテークってこんな建築。
20151017_0978.jpg
やっぱり美大、おしゃれだなぁ。

【多摩美術大学創立80周年記念展】
●安齊重男の写真による多摩美をめぐる人々

2015年10月10日(土)〜10月24日(土)
八王子キャンパス アートテーク1Fギャラリー
●もの派─70年代byANZAI
2015年10月10日(土)〜10月21日(水)
八王子キャンパス アートテーク2Fギャラリー

●タマビクオリティ─多摩美の継承者たち
この中で、オル太は2014年に滞在した韓国、ソウルでの
作品のインスタレーションを展示
2015年10月6日(火)〜10月17日(土)
八王子キャンパス 絵画東棟ホール

※会期はすべて終了しています。遅くなってごめんなさい。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック