2007年05月29日

地形図読図実習

64年ぶりに牝馬が優勝したダービーの日(5月27日)、
私は朝から河合塾の課外活動「地形図読図実習」に参加しました。

地形図読図実習とは、社会(いまは「地歴」という)の「地理」を
受験科目として選択している
予備校生(浪人生)を対象に実施されるものです。

私なんぞが浪人していたのはもう二十年近く前のことですが、
講師とのつながりがいまもある一部のOBには声がかかるので、
特にほかの用事がないときはなるべく参加するようにしています。

場所は、西武池袋線の高麗駅周辺。
朝10時すぎに集合してまず駅前で簡単なレクチャーがあります。
地形図の読み方、コース途中の注目すべきスポットなどなど。
070527_01m.jpg
そしてこの日は見事なまでの晴天。
みなさん日焼けと疲労にご注意です。

ちなみに地形図というのは、国土地理院が発行している地図で、
実習では2万5千分の1の「飯能」という地図を使います。

070527_02m.jpg
ところどころ立ち止まり、現地と地図とを見比べながら、
「地形のどんなところが、地図ではどう表現されているか」
を把握してゆきます。

070527_03m.jpg
いよいよ難所の日和田山登り。
四十男にはちょっときついっす。汗だく、ふらふら……。
でも、こんなところで
「等高線の間隔が詰まっているから、斜面は急」
などと解説があります(笑)。

070527_04m.jpg
ようやく山頂。ここでお昼です。
私はくたばっちまいましたが、浪人生のみなさんは若い!
なんたって平成生まれです。
地図によると標高は305メートル。とってもいい眺め。

そして反対側へ山を下ると小さな売店あり。こんどはおやつタイム。
070527_05m.jpg
おやつはやっぱり「ガツン、とみかん」(笑)。

そうしてたらたらと山を降り、
秋は曼珠沙華がきれいな巾着田を歩いて、
再び高麗駅前へ。ここでゴールです。
070527_06m.jpg
みなさま、おつかれさまでした。


高麗駅周辺の地図はこちら
http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E139.18.27.2N35.52.43.9
posted by ひろとも at 08:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地形図読図実習に興味を持ちました。僕は予備校に行ったことがないのでこういう行事があるとは知りませんでした。やはり、地形図の内容を丸暗記するのはきついので実際に出かけてみると地形図の内容がよくわかりそうですね。
Posted by さらりとした梅酒 at 2007年05月29日 08:56
予備校はあまたあれど、読図実習をするのは
河合塾だけのようですね。
忙しい受験生を一日拘束してこんなことして
何の役に立つんだという人もいるかもしれませんが、
地図なんてのは実際の土地を図にしたものだから
実際の土地と地図とを見比べてみるのが一番の近道なんですね。
それにしても浪人生減りましたね。
少子化に加え、浪人する人も減ったようです。
参加者は一時期の半分くらいでした。
Posted by ひろとも at 2007年05月31日 03:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック