2007年06月01日

窓際の危険

どこかの出版社だと思うんですが、
ガラス窓から部屋の様子が見えるんですよね。

syuppan1m.jpg

なんだか窓際がすごいことになってるみたいなんですよ。

syuppan1t2m.jpg

なんでしょうね。過積載ですね。
たいへん危険です。
posted by ひろとも at 00:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはゴミではないもののまさしくゴミ屋敷と紙一重ですね。もし地震や台風でガラスが割れたり、本の山が崩れ落ちてガラスが割れたりすると非常に危険ですね。ちなみに、和歌山ではマンションのベランダでこれと似たようなところがあってベランダにゴミ袋が過積載になっています。まさにゴミ屋敷です。
Posted by さらりとした梅酒 at 2007年06月01日 11:53
さらりとした梅酒さん、こんにちは。
おそらく、本を積み続けた本人たちはゴミだという
認識はないんでしょうね。
まだこちらはガラス窓の内側だから、よっぽどのことが
なければ周りに飛び散りませんが、
ベランダはやばいですね。風が吹けば飛んでしまいますから、
けっこう迷惑です(^_^;)
Posted by ひろとも at 2007年06月03日 09:50
確かにベランダはやばいですね。台風とか突風が来れば飛びますね。しかも、場所が南海電車の線路のすぐ近くなのでこういうことがあるとダイヤに影響が出そうです。また、言うまでもありませんが見苦しいですね。
Posted by さらりとした梅酒 at 2007年06月03日 13:02
さらりとした梅酒さん、おっしゃるとおりです。
駆け込み乗車も電車遅れの原因ですが、
ベランダのゴミもいただけません。
いつもコメントありがとうございます。
Posted by ひろとも at 2007年06月03日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック