2016年06月28日

オル太@亡霊ー捉えられない何か

京都・上賀茂神社近くの古民家「瑞雲庵」で
オル太のワークショップ「笑いのレプリカ」が
開催されるというので参加してきました。
20160618_5847.jpg
いま「瑞雲庵」では「亡霊ー捉えられない何か Beyond the tangible
という展覧会が開催されていて、オル太は四組のなかの一組として参加。
映像作品『複製された笑い』を出展しています。

作品にちなんで「笑い」をテーマにした今回のワークショップ。
小学生から48歳のおじさん(私)まで幅広い層の
参加者が集まって、賑やかにはじまりました。
20160618_5851.jpg
オル太のみんな、運営チームの学生たち、参加者とで
「笑い」について考え、ドローイングを描いたり、
自分なりにとらえた「笑い」について発表したりしながら、
最終的に針金、金網、紙粘土、布きれ、しゅろ縄など
さまざまな素材を使って仮面(マスク)を完成させます。

私は映像をみたり、みなさんのお話を聞いたりした中で
笑いにはいろんな笑いがあるぞということに思い至りました。
爆笑、苦笑、失笑、冷笑、作り笑い、お追従笑い、などなど……。
20160618_5963.jpg
それをどう仮面にするかですが、さまざまな笑いは
顔に表現できるのではないかと考えて、
いろんな笑顔が無数に混在している仮面を考えました
(上のドローイングの右下に仮面の完成形が描いてあります)。

ところが、構造をつくるのに時間がかかり、
また仮面にどのようにたくさんの顔を載せるのか思案しているうちに
顔を三個作ったところで、まさかの時間切れ(笑)
20160618_5853.jpg
しかたないので、裏庭でのパフォーマンスは
笑顔を三つ載せただけの、しかも主な部分は自分の顔で演ずるので
帽子みたいな感じの仮面で間に合わせました。
20160618_1791116149_o.jpg
リンタロー君(鉄道大好き少年)と2ショット(Jang-Chi撮影)
未完に終わったのは自分としては不完全燃焼なんですが、
リンタロー君と仲良くなったから、まぁいいか。
20160618_90810162_o.jpg
参加者全員の集合写真(オル太twitterより転載)

途中までつくった仮面は夏休みの宿題として完成させよう!
と心に誓って帰りの新幹線に乗り込みました。


亡霊 ─ 捉えられない何か
出展作家:オル太 / GABOMI. / 谷澤紗和子 / 山崎阿弥
特別出品:藤野可織
会期:2016年 6月4日(土)ー 7月3日(日)
*会期中の木曜日−日曜日 12:00−18:00(最終日は17:00まで)
会場:瑞雲庵(京都市北区上賀茂南大路町62-1)
https://goo.gl/maps/U4CUXDwd8962

posted by ひろとも at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック