2016年09月30日

銀座の路地裏

ちょっと思い立って、銀座の路地を探訪してみました。
「銀座といえば路地」なんてテレビ番組とかもあったりして
一度行ってみたかったんですよね。
20160811_0384.jpg
路地といってもふつうにお店が並んでいるところもあります。
こちらはわしらが好きな鳥ぎんからつながる路地。
怪盗ルパンの看板が印象的です。

20160811_0333t.jpg
飲食店の裏路地は従業員たちの
ちょっとした憩いの場にもなっているようです。

20160813_0490.jpg
ゴミ捨て場なのか、不要品置き場なのか。
トルソーがあるのがなんとも銀座って感じ。

20160811_0352.jpg
意外なところにお稲荷さんが鎮座していたりもします。
中央通り、花椿通りから奥へ入ったところにある豊岩稲荷。
20160811_0275.jpg
お稲荷さんをさらに奥へ行くと、ますますディープな一画へ。
ここまで来ると、一般人が入っていいのか不安になりますが、
いちおう路地とされているようです。

その路地を進むといきなり自動ドアが。
20160811_0274.jpg
「通り抜けできます」の文字。
「できません」じゃなくて「できます」ってのが新鮮。
20160811_0266.jpg
自動ドアを進むと喫茶店に入ってしまいました。
虎屋にほど近いエクセルシオールなんですが、
店内を路地が貫通しているという、とても不思議なところです。
夜、喫茶店が閉まってもシャッターは両側に降りて
路地だけは通れるようになってるそうです。
その先には、まだまだ路地が続いていました。

銀座の路地は、私が確認できただけでも11区画にありました。
なかなか興味深いところばかりです。
一度訪れてみてはいかがでしょう。
20160813_0431.jpg
posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日
若干話が噛み合わなかった、鉄道写真家の話です。
中井精也 という人の話でした。俺の発音が悪くて通じなかったのかな。中井精也 なら知ってます、ということになりそうですが。撮り鉄の元締めのような人です。


http://railman.cocolog-nifty.com
Posted by 赤坂 at 2016年10月07日 21:29
赤坂さん、情報ありがとうございます!
どっちにしろ中井精也って名前は知りませんでした。
しかし、彼のブログをみてビックリ!
この人、上野駅でみたことあります。てっきりお笑い芸人かと思っていた!!(笑)ホリプロマネージャー南田さんと一緒でした。
でも詩的な写真を撮る方ですね。けっこう好きな感じです。
Posted by ひろとも at 2016年10月08日 06:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック