2017年11月03日

鉄道写真詩コンテスト2017 入選

鉄道写真詩コンテスト2017 に入選しました。
一般社団法人交通環境整備ネットワーク主催の公募コンテストです。
20171101_4589.jpg
先日、とても立派な賞状額が届きました。

このコンテストは、自分の撮った鉄道写真に
詩を添えて応募するというもの。
写真と詩の両方を同一人物が創作しなければならないので、
なかなかハードルが高いです。

受賞作は、道南いさりび鉄道(当時江差線)釜谷駅の
待合室の様子を描いた「おばちゃんの城」という写真詩。
ストーブが焚かれていて、手作りの座布団があって、
待合室はココロもカラダもあったかいということを表現しました。

日ごろから鉄道写真を撮るときは、
鉄道を取り巻く人たちの物語や詩を表現したいと考えていて、
今回はシャッターを押すときに感じていたことを
そのまま詩にできたので、
作り終えて気分がとてもスッキリしたのをおぼえています。
詩を添えることで、ようやくその写真が完成したような感触。

なかなか面白い感覚なので、これからも写真を撮ったら
できるだけ詩も合わせて考えてみようと思いました。

そうそう、今回の鉄道写真詩コンテストの入賞・入選作が
次の場所と期間で展示されます。
東武博物館 11月1日(水)〜11月30日(木)
鉄道博物館 11月8日(水)〜11月20日(月)

釜谷のおばちゃんにも報告しないとな。
次はいつごろ行けるだろう??

鉄道写真詩コンテスト2017
http://ecotran.or.jp/photo/2017/index.html
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。