2019年08月13日

真島満秀写真展「鉄道回廊」

鉄道写真家 真島満秀さんの写真展に出かけました。
会期はとっくに終わってしまったんですが……。
20190801_8176.jpg
真島さんは、人と鉄道との関係を描いて、
新しい鉄道写真の世界をつくった人。
永年「JTB時刻表」の表紙写真や
JR「青春18きっぷ」の広告ポスター写真を撮っていたので、
知らず知らず真島さんの写真を目にしていた方も
きっと多いのではないかと思います。

鉄道紀行家の宮脇俊三さんの作品にも
同行カメラマンとしてときどき出演されています。

そして私の鉄道写真の先生 山ア友也さんのお師匠さんでもあります。

そんな訳で少なからずご縁があるということで、
写真展開催のためのクラウドファンディングにも応募して、
内覧会と通常展示の二回、会場を訪れました。

多くが未発表作品だそうですが、
山ア「教授」(以下、教授)がセレクトしたからか、
教授の撮る写真に似ている、いや、
教授の写真が真島さんの写真に似ているなぁ
というのが第一印象でした。
20190801_8178.jpg
展示写真はすべてフィルムで撮影されたそうですが、
フィルムでなんでこの色が出せるのか不思議。

20190801_8016.jpg
なんて、昭和な光景。現実のワカメちゃんみたい。
真島さんご本人も「ファーファちゃん」と呼んでた
お気に入りの一枚だそうです。

20190801_8033.jpg
真島さんはご自身の作品撮りをほとんどしなかったそうですが
(それすら、今回の展示まで知らなかった)、
飯山線の横倉駅を管理していた「ことさん」だけは
ときどき追いかけて写真を撮っていたようです。

20190801_8175.jpg
じんわり来るのが、順路の最後にある写真。
「鉄道ジャーナル」の巻頭を飾っていた連載のためのもの。
ロケ当日はシャッターを押す指もままならなかったそうで、
連載もこの2009年4月号が最後になったとのこと。

10年前に他界されてしまったのが、本当に心残りです。
言っててもしかたないので、いま生きてる人をだいじにしよう。
少なくとも、教授の言うことはちゃんと聞いて、
酔った勢いでおちょくったりしないよう気をつけます(たぶん)

●真島満秀 逝去から10年
 鉄道回廊 1枚に秘められた舞台裏

会期:2019年8月2日(金)〜8月8日(木)
会場:富士フォトギャラリー銀座
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。