2007年09月13日

鉄道研究会40周年記念号

高校時代に所属していた鉄道研究会(略称「鉄研」)が、
発足40周年を迎えたそうです。
これを記念して去る8月25日、OB会が開かれました。

今回は、若手OBがとっても頑張ってくれて(注1)
高崎線(大宮〜高崎間)に貸切臨時列車を走らせての開催!!
懐かしい面々に会える上に、団臨(注2)にも乗れるんですから、
かなり燃えます! 朝からテンションあがりっぱなしです!!

当日、14時に大宮駅にて集合。
次から次へと現れる先生・先輩・後輩たち。
見覚えのある顔もあれば、想像もつかないくらい
歳の離れた方たちまで、大勢が集まりました。
そうこうするうちに幹事さんから臨時列車の切符が配られました。
krc40th01m.jpg
すごいでしょう。いまでは超レアな手書きの切符。
写真では見えにくいですが、
臨時列車の大宮駅発車時刻は15時02分。
この列車には、9811という列車番号がついてるようです。

発車ホームは大宮駅7番線。入線時刻は14時40分頃とのこと。
期待に胸を膨らませて、列車の到着を待ちます。
やがて二灯のライトが上野方向から近づいて来ました。
krc40th02m.jpg
先頭はEF65形電気機関車。かつては東京〜下関間で
ブルートレインも引っ張っていた機関車です。

乗車するのは機関車の後ろの客車です。
「ゆとり」と名づけられたお座敷車両6両編成。
この6両ぜんぶが我々だけのものです!
krc40th101m.jpg
しかし、珍しい列車がやってきたとあって、
鉄研でない人たちもたくさん集まってきてしまいました(笑)

そうして時刻が来て、大宮駅を静かに発車。
高崎線といえば、見慣れた車窓のはずですが、
濃〜い〜面々と珍しい列車の相乗効果で、
なんだかぜんぜん違うところを走っているような感覚になります。
高崎に着くのなんかあっという間でした(笑)
ちなみに、高崎到着後は機関車を後ろにつけかえて
またそのまま大宮に戻って参ります。
krc40th06m.jpg
こちら車内の様子。畳の敷かれたお座敷になっています。

そして一番前と一番後ろには大きなガラス窓の展望サロン。
krc40th07m.jpg
前に来れば、機関車の活躍ぶりが間近で見られ、
後ろに行けば、後方へ去って行く景色と
二本のレールがどこまでも続く様子が見られます。

この「ゆとり」という客車、
かつては全国で活躍したのですが、
最近は運転される機会が少ないようです。
珍しいからか、沿線には
「ゆとり」目当てのギャラリーがたくさん!
これには我々鉄研OBもびっくり。
橋の近くには人、人、人! そしてカメラ、カメラ、カメラの放列!!
krc40th05m.jpg
見てください。ギャラリーたちの熱い眼差し。
思わず手を振ったら、ギャラリーのみなさんも手を振ってくれました!
鉄っちゃんって、いいねえ。
シンパシーを感じまっす。なんだかうれしいっす。

そうして楽しい時間はあっという間に過ぎてゆきます。
気がつけば太陽は西の空。
krc40th08m.jpg
去りゆく夕陽とレールを見ていたら、ちょっとしんみりいたしました。


注1 若手OBの幹事団
今回の40周年記念行事の幹事団はいま大学生のOBのみなさん。一年近くもの間、行事の企画、JRや旅行会社との交渉、OB全員への連絡や出欠確認などなど、たいへんな作業をすべてほぼ完璧にこなしてくださいました。我々が楽しい臨時列車に乗れたのは偏に幹事団のみなさまのおかげです。どうもありがとうございました。改めて御礼申し上げます。

注2 団臨
団体専用臨時列車の略。修学旅行列車などが典型的な例で、貸切の臨時列車を仕立てて運転される。いまではお座敷列車などいわゆるジョイフルトレインなどを使用して運転されることが多い。今回乗車した「ゆとり」もジョイフルトレインの一つである。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます

しかしまあ、ひろともさんが公私ともお忙しいのがよく解かります。

日本中、鉄の話題があれば何所にでも出没してるような・・・(*^^)v

Posted by poohpapa at 2007年09月13日 04:05
団臨でしかもお座敷列車でEF65使用に興奮しました。幹事団は列車のチャーターまで行ってすごいですね。ところでこの鉄研とは無関係の人たちは市販の全列車のダイヤ表を見てこの列車の情報を仕入れたのですか。少年の母親は前に回送列車や臨時列車や工場から出てくる新型列車のダイヤが乗っている時刻表があると前に言っていて、少年は普段走らない列車が見たくて夜中に列車を見に行きたがっていると母親から聞きました。
Posted by さらりとした梅酒 at 2007年09月13日 08:59
poohpapaさん、コメントありがとうございます。

日ごろ楽しくやっているので
忙しいということはないつもりなんです。

もし忙しそうに見えるとしたら、
修行がたりてない証拠ですね(^_^;)

個人的には、なんだかいつもふらふらしている
暇そうな人って思われたいです。
Posted by ひろとも at 2007年09月13日 22:20
さらりとした梅酒さん、こんばんは。
「ゆとり」団臨の運転日とダイヤは
『鉄道ダイヤ情報』という雑誌に載っています。
当日も鉄研の後輩が持ってきたのを見て、
自分たちがいま乗っているダイヤを確認しました。
Posted by ひろとも at 2007年09月13日 22:30
さすが鉄道マニアですね。どうやら少年とその母親も『鉄道ダイヤ情報』の存在を知っているようです。普通の人だと乗っているダイヤは小さい時刻表で確認します。あと、車掌さんだと車掌さん用の線をいっぱい引いた時刻表を使っていますね。
Posted by さらりとした梅酒 at 2007年09月14日 11:06
初かきこです。いきなり失礼します。
すごいです!!!
こんな列車があるのかと驚いたのも確かですし、切符もびっくりしたのですが・・。
ここまですばらしいシンパシーを感じたのは初めてです!!
最初にすごいなあとすごんだのは、東横線の終着駅に桜木町が消える日。
あの日は渋谷駅にすさまじいフラッシュがたかれ、うっかり見入ってしまったほどでした。

またいろいろ教えてほしいです☆
Posted by もこ at 2007年09月17日 19:15
さらりとした梅酒さん、こんばんは。
「車掌さん用の線をいっぱい引いた時刻表」・・・
それがまさしくダイヤですって!!!(笑)
すべての時刻表の大元になるダイヤグラムですよ!
Posted by ひろとも at 2007年09月18日 01:08
もこさん、初かきこおめでとうございます!
しかしよりによって、
この鉄研40周年の記事が初かきこだなんて、さすが
もこさんならではのコアなセレクトです!!

貸切臨時列車、私も小学校の修学旅行電車以来なので
かなり興奮しましたです。
この感動をわかってもらえるなんて、
すごいうれしいっす! ありがとー♪

ところで東横線の桜木町最後の日、
もこさんうっかり遭遇してしまったんですね。
大都市圏の赤字でもない路線が廃止されるのは
かなり珍しいケースでした。
私は行きませんでしたが、廃止になる区間に
乗るだけのために桜木町に行った人も多いようです。

この「なんの用事もないのにただ電車に乗る」ってのは、
一見バカのようで、実はとても高尚なことです。
もこさんにもぜひお教えしたいんですが、
境地に達するまではとても長い道のりですよぉ(笑)

あ、旅行、気をつけていってらっしゃいませ(^o^)/
Posted by ひろとも at 2007年09月18日 01:21
確かに用事もないのに電車に乗るのは高尚ですね。バカップル列車にも高尚さを感じます。やはり、一番高尚なのはひろともさんのページで一番最初に見た白鳥に乗った話ですね。あれでこのサイトの魅力に取り付かれたといっても過言ではありません。
Posted by さらりとした梅酒 at 2007年09月18日 21:28
さらりとした梅酒さん、こんばんは。
そう言われてみれば、「白鳥」に全区間乗るのは
高尚なことかもしれません。
いまはそういう長距離列車が消えてしまっているので、
寂しいですね。
Posted by ひろとも at 2007年09月24日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック