2007年12月31日

年越しそば

年越しそばは永田町の黒澤。
20071229_soba5547.jpg

そば打ち名人の高橋邦弘さんがその場で打ってくれます。
20071229_soba5540.jpg

打ち立ての美味しいおそばをいただきました。
20071229_soba5537.jpg

では、みなさま、良いお年をお迎えください。




posted by ひろとも at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この手打ちそばもおいしそうですね。やはり、うちたてを出すのがいいですね。ちなみに関西では、水間鉄道が初詣の参拝者向けに年越しそばを売るそうです。手打ちうどんで有名なうどん屋が鉄道会社を経営していて当然手打ちそばと手打ちうどんを販売します。さらに、かのBunkamuraの広告ですがまだ健在です。
Posted by さらりとした梅酒 at 2007年12月31日 08:47
ねえねえ、いつ食べてんの?

今日の夜に食べてなければ「年越しそば」とは言えないじゃん。

お腹に入って年を越すから「年越しそば」であって、直腸あたりまで下がってきてたら「年越しそば」とは言えんでしょう。

でも、永田町の黒澤・・・、こういう店で年越しそばが食べられたら最高の贅沢ですね。ちょっと羨ましいかも^_^;
Posted by poohpapa at 2007年12月31日 10:17
さらりとした梅酒さん、こんばんは。
そうでした。水間鉄道はのグルメ杵屋が経営支援をしていたんですね。
でも初詣の客に年越しそばでは逆に間に合わなくなっちゃいますね?
Posted by ひろとも at 2008年01月01日 01:31
poohpapaさん、あけましておめでとうございます!
ことしもよろしくお願いいたします。

いつ食べてるかですって?
→もちろん大晦日の夜です(笑)

それじゃ、記事のアップの日時とつじつまが合わないですって?
→そうですねえ。でもそれ以上は言わぬが花です(笑)

ところでpoohpapaさんて、
そばアレルギーじゃなかったんでしたっけ!?(笑)
Posted by ひろとも at 2008年01月01日 01:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック