2008年01月02日

ことしのお正月

お正月なので、花を飾りました。
20080101_hana5589m.jpg
部屋がぐっと華やかになります。

お雑煮をつくってもらいました。
20080101_zoni5587.jpg
とてもおいしかったです。
posted by ひろとも at 22:34| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいらはアンチ雑煮につき元旦早々白飯をくいました。

正月の料理はどうも白飯を食べたくなりませんか?
Posted by たばすい at 2008年01月03日 01:02
たばすいさん、あけましておめでとうです。
白飯も好きですが、うちはまだまだ雑煮です。
ちなみに、うちのばあい、お餅のが白いんです。
お米が玄米なもので・・・
Posted by ひろとも at 2008年01月03日 17:50
お正月にふさわしいきれいな花ですね。あと、お雑煮もイクラが入っていてゴージャスそうでおいしそうですね。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年01月03日 20:10
さらりとした梅酒さん、こんばんは。
ハイ、おかげさまで、ことしはお花もお雑煮も
ゴージャスになりました。
まるで盆と正月がいっぺんに来たかのようです。
Posted by ひろとも at 2008年01月05日 22:43
お雑煮すごーい美味しそうー!
お雑煮好きなのです、私。
イクラを入れるとは!今まで気付かなかったけど、今度、入れてみよー♪
Posted by noriko at 2008年01月07日 00:28
どもども
今日から出勤です

ウチはカマボコ等の練り製品はまず食べないのですが
縁起物なのでお正月だけは
ものすごくちっちゃい紅白の松の絵なんかが描いてある
ものすごくチープなカマボコを買います
がっしかし結局食べきれず
毎年賞味期限が切れるとやむなく捨てるというパターンでした
ああもったいない××

ところが今年は思い切って
1本1200円もする小田原の某有名カマボコ屋のを買いましたところ
さすがにこれくらいの値段だと
こらぁそうカンタンに捨てらんないんじゃぁないの?
という気持ちがふつふつと沸いてきて
一生懸命食べました

お財布の中身は痛みましたが
『残さない』という点では結果オーライ
心が痛まないですみました

それはそうと
お雑煮イクラ入ってんじゃんっ☆

…長々とすみません…

Posted by くらむなぼん at 2008年01月07日 17:06
おめでとございます☆
今年もよろしゅうにです!(^^)!

お雑煮はおすまし仕立てだから華やかですね。
うちは白味噌で、大根しか入れないから
餅も味噌も大根も白い真っシロシロのお雑煮です。

ダメだ正月休み長過ぎて、頭回らない。
Posted by さくら at 2008年01月07日 17:33
norikoさん、今年もよろしくお願いいたします!
お雑煮おいしいですよね〜♪
こんなにおいしいものがお正月しか食べられないのが
とっても残念な日本の食習慣です(意味不明?)
ところで、お雑煮のイクラは、
この記事にもコメントいただいている
くらむなぼんさんのアイデアなんですよ。
最初聞いたとき「なんてぜいたくな」と思ったんですが、
一度やったらやめられません(笑)
正月中ずっとイクラいれてもらいました(爆)
Posted by ひろとも at 2008年01月10日 00:03
くらむなぼんさん、こんばんは。
私の氏名は「すずきひろとも」なので、
略すと「すずひろ」です(笑)

そんなことはどうでもよくて、
ことしの我が家は高価な小田原のかまぼこはやめにして
庶民的な紀文のものを買い求めました。
でも私はかまぼこ大好きなので必ずぜんぶくいます。

お雑煮には、大根、金時にんじん、小松菜、鶏肉で、
さらにO農園の柚子をちらします。
さらにさらに、ことしはくらむぼなんさんからうかがった
イクラ!をトッピングしてできあがりです〜〜〜♪

ハイ、くらむなぼんさんのマネっこです(笑)
そんなこんなで、ことしもよろしくお願いいたします。
Posted by ひろとも at 2008年01月10日 00:12
さくらさん、コメントたくさんありがとうございます!
ことしもよろしくお願いいたします(^_^)v
「お雑煮」と称する食べものも、
地域によって、ご家庭によって、本当に千差万別ですね。
まっしろしろのお雑煮というのも珍しいんじゃないでしょうか?
お雑煮に大根だけ・・・なんだかストイック!
それもまた魅力的ですね♪
Posted by ひろとも at 2008年01月10日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック