2008年03月17日

旅を楽しくする三つの「よ」(前編)

ハンガリーからエアメールが届きました。

20080219_5897m.jpg

この春、大学院を修了するもこさんからです。

「私は今、ハンガリーのブダペストにいます。
 明日、ウィーンに行きます! ひろともさんの
 『旅の心得』のよくばらないを頭におきつつ
 結局よくばって、脚はパンパン、体はくたくたです。
 でも旅は楽しいですね!!存分に楽しんで帰ります」

旅先から絵はがきをいただけるのってうれしいですね♪

はがきの「旅の心得」というのは、いつだったか、
「修論おわったら旅行にいくとおもうので、
 旅を楽しくするコツみたいなのないですか?」
と、もこさんに言われて、自分なりの心得みたいなのを
お伝えしたんでした。
もこさんの旅では、ウィーンとプラハで
(少しは)役立ったようです。あ〜よかった〜!

大きなお世話かもしれませんが、こちらでもご紹介。
私の独断と偏見で書き留めたものなので、
あくまで参考程度にご覧くださいませ。

     *     *     *


旅を楽しくする三つの「よ」

旅を楽しくするためのコツ。
三つの『よ』」というキーワードでまとめられるんじゃないか、
ということがわかってきました。
その「三つの『よ』」というのは、

くばらない
ゆうをもつ
くしらべる

です。
これだけではわかりにくいので、それぞれの「よ」について、
もうちょっとくわしく説明します。



もったいぶっちゃってスミマセン。後編につづきます。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり3つの「よ」は大事ですが、特に余裕を持つこととよく調べることを重視します。ただ、余裕を持ったのは列車や飛行機の遅延対策としていいが駅や空港に早く着きすぎて困ったということがあります。さらに、よく調べることも大事ですね。何時の飛行機にして空港からどうやって移動するかはしっかり調べないといけません。さらに、治安情報もチェックが必要ですね。韓国では白タクの勧誘がソウルの空港に着くとすぐにあり、そのことを前もって知っていたのでトラブルに巻き込まれませんでした。
Posted by さらりとした梅酒 at 2008年03月17日 08:42
早速のコメントありがとうございます。
ご面倒かけますが、詳細は後編をご覧ください。
Posted by ひろとも at 2008年03月17日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック