2018年08月02日

オル太「スタンドプレー vol.1」

オル太が能楽堂で現代演劇を演じるというので行ってきました。
ときは2018年7月23日(月)、ところは川崎能楽堂(川崎市)。
演目は「スタンドプレー vol.1
20180801_0321m.jpg
超衆芸術 スタンドプレー」という新聞を模した読み物には、
スタンドプレー」について次のように説明されています。
日常の中で出会う笑いを引き起こす現象を調査し、都市生活の中で生まれる無意識の身体の動きや人為的に仮設された街頭のオブジェがもたらす無作為の状況について明らかにしていく。
また「超衆」については、
群衆と物質や情報を含めた集合のことを『超衆』と名付け、都市の環境や機能によって私たちが演じていると気づく事柄や場所をシミュレーションする。
と説明されます。

これだけではなかなかわかりにくいですが、
キーとなるモノとしてパイロン、ネギ、宝くじ売場などが登場。
それらのモノを中心に、街中でみかけた面白おかしいシーン、
人びとが賭事に熱狂するシーンなどが
鋭い観察と綿密に練られたストーリーによって描かれます。
img20180801_23044429m.jpg
着物の女性が横断歩道の前で両手を挙げ、
「あと40日で9月1日。早いねー」と言い続けるシーン。
img20180801_23030898m.jpg
街頭でポケットティッシュを配る宝くじの売り子さん。
img20180801_23020835m.jpg
パイロンがパイロンの人形劇を演じるシーンも。
私としては、ここがこの劇のハイライトでした(個人の感想です)。

ひとつひとつのシーンはおそらくすべて
実際に見かけた光景だったのだろうと思います。
よくもこれだけ中味の濃い場面を集めたなというのも驚きですが、
それらをうまく組み合わせてひとつの演劇に昇華させたところも驚きです。

パイロンはもともとギリシャの神殿の門を差す言葉で、
劇の終盤に建設中のオリンピックスタジアムが現れ、
互いがギリシャ神話でつながるというくだりは圧巻でした。

パイロンはもともと古代エジプトの神殿の塔門を差すギリシャ語で、
劇の終盤に建設中のオリンピックスタジアムが現れ、
互いがギリシャでつながるというくだりは圧巻でした。

※2018年8月2日訂正

もちろん、演劇ですから台詞もあります。
いままでの無言のパフォーマンスとはだいぶ違います。
ストーリー全体に庶民の悲哀みたいなのが通底にあって、
登場人物はとても愛おしく、心に染みこみます。
「劇団 オル太」とでも呼びたくなるような試みは
大成功だったのではないでしょうか。

ちなみに「スタンドプレー」と称してパイロン、宝くじ売場、ネギなどを
題材にした立体作品は2017年3月に最初に発表されました。
一年四か月の時を経て、すごいものに発酵したんだなという印象です。
「vol.1」とあるのが、ものすごく気になります。
一回上演するだけでもたいへんな作業だったとは思いますが、
「vol.2」以降もつい期待してしまいます。

当日は、第二部としてポーランドのアーティスト、
ダニエラ・タゴフスカとプシャメック・ピンタルによるパフォーマンス
「More! More!」が演じられました。
暗闇の中でひたすら「More」と描き続け、最後に紙だらけになる
二人の姿が目に焼きつきました。


スタンドプレーvol.1/More! More!
公演日:2018年7月23日(月)
開演:19:00
会場:川崎能楽堂
posted by ひろとも at 00:40| Comment(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

合図/SIGNAL

ベルリンのアッコさんが日本に来て
おいしいごはんとオル太のドローイングとDJのイベント
合図/SIGNAL』を開催するというので行ってきました。
ときは10月21日(土)、ところは恵比寿のTime Out Cafe&Diner。
20171021_4427.jpg
アッコさんの料理はこんな感じ。
里芋とごぼうのフライ、かぼちゃのタヒニソース、
グルンケルンバーグ、春菊と水菜とみかんのサラダ、
ジャガイモとサツマイモのロースト3種のハーブ、
黒レンズ豆のサラダ、ココナツキャベツサラダ、
人参とパクチーのサラダ、メキシカン小豆、
レタスのおひたし、冬瓜と大根とキノコのスープ。
食材にはオル太の井上さん、メグ忍者の家で採れた野菜も使われています。
オーガニックなんだけど、お肉大好きな私にも満足できるボリューム感。
しかも大好きなスパイスとハーブたくさんな味付け。
皿以外おいしくいただきました。

20171021_4425.jpg
オル太のドローイングワークショップは、二部構成。
ひとつは中央のテーブルで丸い紙皿に絵の具で絵を描くというもの。
『合図/SIGNAL』というテーマなので、
二人以上で合図を出したり受け止めたりしながら描いていきます。
合図を出すか、受け止めるかは、その瞬間、瞬間で変わります。
その呼吸というか、間の取り方が面白い。
20171021_4424.jpg
出来上がった絵を首からさげて完成。これはメグ忍者との共作。

もうひとつは出入り口のところではガラスの壁にドローイング。
なんでも自由に描く訳ではなくて、少し離れたところから
合図を送る人がいて、その合図のとおりに描くのです。
20171021_4433.jpg
ところがちびっ子たちがやって来てガラスのこっちと向こうの合図に!

アッコさんは、オル太が2013年秋から2014年初頭にかけて
ベルリンに滞在していた時に交流があった方で、
オーガニックのごはん屋さんをやっているそうです。
私もベルリンに出かけたとき、お世話になりました。
2014 01 01_7205.jpg
写真は2014年正月の年越しでアッコさん宅を訪れた時のもの。
あれから四年近く経ったんですね。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

オル太+開放回路[伝承 Pang Pang ν]@TWS渋谷クロージング・イベント

オル太がひさびさにパフォーマンスをするというので行って来ました。
20170917_3643.jpg
ときは9月17日(日)夜、ところはトーキョーワンダーサイト渋谷。
ワンダーサイトの施設が閉館になるのでその記念イベントです。

[伝承 Pang Pang ν(ニュー)]と題して、
オル太と韓国のアーティスト集団、開放回路とが共演します。

想像を超える混雑の中、メンバーが輪になって
炭坑節を合唱することからはじまります。
それまでのパフォーマンスでは、BGMはあっても
メンバーの肉声を聞くことはなかったので、
それだけでかなり新しい。
20170917_olta1.jpg
炭坑節にちなみ、メンバーの一人が輪の中央で
石炭を掘り出す動作を繰り返します。
カチン、カチンという音が会場に響き渡ります。

その後も、
直利音頭(足尾銅山周辺地域)、やっちき踊り(福島県いわき市)
など伝統文化から着想を得た踊りを披露。
石垣島宮良地区の豊年祭に訪れるアカマタ・クロマタという
来訪神も登場。「撮影禁止」「立入禁止」の幟が行き交います。

輪の中央には大きなテレビモニターがあって、
ときどきJ-ALERTの警報音が流れ出します。
20170917_olta2.jpg
そうかと思えば、一部メンバーが頭にスマートフォンをつけ
大きなモニターを背負って練り歩きます。

終盤では、モーアシピ(琉球)・サンダイ(韓国・木浦)という
夜な夜な若い男女が集まって酒を酌み交わしながら歌い踊る
風習を模したパフォーマンスへ。
実際に、観覧者にも泡盛が振る舞われ、
演ずる者、観る者、みんなが笑顔になって終了しました。

オル太は以前から
土着の文化や風習にちなんだパフォーマンスを得意としていて、
今回もその得意分野をいまのオル太の発想で
再構築されていてとても良かったです。
開放回路とのコラボということもあったからか、
日本本土だけでなく、沖縄、韓国など東アジア一帯に広がったのも
とても興味深く見ることができました。

会場はとにかく混雑していました。オル太以外で見られたのは、
通路でたまたま出合った段ボール箱(笑)
20170917_3648.jpg
これ、潘逸舟さんの「搬出」というパフォーマンスです。
段ボール箱が飛んだり跳ねたりしながら出口に向かいます。
ちょっとびっくり(笑)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

オル太「スタンドプレー」

いま、オル太の新作が都内二箇所で展示されています。

タイトルはどちらも「スタンドプレー」。
人びとの熱狂や都市の機能をシミュレーションし直すことで
出来上がった一連の作品です。

20170318_9904.jpg
ひとつめは、秋葉原電気街のはずれ、アーツ千代田3331
3331 ART FAIR 2017 -Various Collectors Prizes-

ここでは4つの作品の集合体として
大きなくくりの作品「スタンドプレー」が展示されています。
20170317_9897.jpg
白や黒の箱のように見える物体は都市の熱狂を象徴するものとして
宝くじ売り場の小屋がかたどられています。
手前の白い小屋の上にあるモニターは、
競馬場ゴール前の巨大モニターを表現していて、
馬券を予想をする人びとの映像が3DCGで流れています。

支柱でささえられているのは歩行者用の信号。
ここにも宝くじ売り場に行列する人びとが3DCGで映し出されます。

無色やピンクの細長い物体はネギ。
スーパーで売ってるあまりにありふれた食材であるものの
その形状ゆえにいまひとつ溶けこめ切れていない
異質のものとして扱われています。
このネギの視点はオル太らしくてなかなかユニーク。

20170318_9907.jpg
もうひとつの会場は、青山は岡本太郎記念館
TARO賞20年 20人の鬼子たち」。

TARO賞受賞作家として「スタンドプレー」を出品しています。
20170318_9913.jpg
こちらも宝くじ売り場、巨大モニター、歩行者用信号、パイロンといった
都市機能をかたどった作品が並びます。
3331の作品とは兄弟みたいな関係で呼応しています。

20170318_9914.jpg
こちらのネギはビニールに入れられてぶらさがっています。

オル太作品に登場する都市といえば、
2014年から15年の「電波の礎」「ヘビの渦」を思い起こしますが、
今回はまた違った視点と素材で表現しているのが印象的です。

ちなみに、岡本太郎記念館に来たのは初めて。
20170318_9926.jpg
「おおっ、ここが指彫刻の現場かぁ」と感慨深く見学しました。


●3331 ART FAIR 2017 -Various Collectors Prizes-
会場:アーツ千代田3331 1階メインギャラリー3331
会期:2017年3月17日(金)〜3月20日(月)
※会期は本日17時までなのでご注意ください。
http://www.3331.jp

●TARO賞20年 20人の鬼子たち
会場:岡本太郎記念館
会期:2017年3月12日(日)〜6月18日(日)
開館時間:10時〜18時(最終入場17時30分)
休館日:火曜日(祝日の場合は開館)
http://www.taro-okamoto.or.jp
posted by ひろとも at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

オル太@アッセンブリッジ・ナゴヤ

岡崎で二藤さんの作品を堪能した後、
名鉄と地下鉄を乗り継いで、名古屋港界隈で開催されている
アッセンブリッジ・ナゴヤ2016」をみに行きました。
20160922_7179.jpg
この展覧会にオル太が参加しています。

20160922_7199.jpg
オル太の展示は、築地口近くの元整骨院にありました。
入ってすぐに向かい合うのは(上の写真)、
整骨院に残されていた治療器具などを利用した作品。

20160922_7217.jpg
奥に入ると診察室全体を使ったインスタレーション。
眺望する無人島」と題されたこの一連の作品は、
名古屋港の浚渫土でできた無人島「ポートアイランド」で見かけた
白骨化した鳥に端を発しています。
部屋の中央を占める大きな発泡スチロールのかたまりは
生活の場としてのある部屋をデータ変換してつくられたオブジェで、
部屋の中に浮かぶ無人島でもあります。

20160922_7197.jpg
整骨院のあとをそのまま残したり、元整骨院というところを
活かしたレントゲン写真のライトボックスのような作品も。
右下のライトボックスは「ポートアイランド」の白骨化した鳥。

20160922_7195.jpg
ライトボックスの写真は、部屋を抽象化した立体データの画像だったり、
海図の画像、海側からみた名古屋港の写真だったりします。

20160922_7190.jpg
オル太は、この日(9月22日)行われたギャラリートークで
この作品制作にあたって描いたたくさんのドローイングを披露。
途中迷走しながらも着地までに至ったプロセスを
ドローイングを通じて辿ることができました。

アッセンブリッジ・ナゴヤでは数々のアートが展示されています。
時間がなくて限られた作品しか観ることができませんでしたが、
そのまた一部をご紹介。
20160922_7183.jpg
こちらはオル太と同じ整骨院の二階にある城戸保さんの作品。
名古屋港周辺を切り取ったカラフルな写真がたくさん。

20160922_7204.jpg
中尾美園さんの現代絵巻。この展示会場に元あった
喫茶店二店にあったあらゆるアイテムを日本画の手法で描き出し、
ながーい絵巻にしています。絵が繊細かつリアル。

20160922_7202.jpg
鈴木悠哉さんのドローイング。
名古屋港周辺で見かけたものを切り取って
ピクトグラムみたいに抽象化したもの。
モチーフがなんだったのかわかるものもあれば、わからないものも。
でも、なんだかかわいくて、おもしろいです。

アッセンブリッジ・ナゴヤ2016
会期:9月22日(木・祝)〜10月23日(日)
   ※音楽のプログラムは終了しています
会場:名古屋港〜築地口エリア一帯
http://assembridge.nagoya/
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

オル太 [ カルタナティブスペース ]

オル太かるた」を展示・販売する「カルタナティブスペース」が
いま秋葉原の nap gallery にて開催中です。
20160701_5993.jpg
nap galleryでのオル太個展はじつに二年ぶり。

20160715_6236.jpg
オル太かるた」は林立騎、桂英史さんたちの企画により実現したもの。
結成時(2009年)から現在(2016年)までの絵画、彫刻、映像、
パフォーマンスなどの作品のアーカイブになっています。

20160715_6238.jpg
読札と絵札のオモテ面。読み札の文句は
ヴァーバル・アート・ユニット「TOLTA」のメンバーを中心に
現代詩の詩人たちが書いています。
写真の「あ」は「つちくれの祠」(2011年)がモチーフ。
穴を通って 会いにいく
すごいね。こういうの、なかなか書けないですよ。
20160715_6239.jpg
同じくウラ面。読札のウラの絵はオル太・斉藤隆文さんの作。
絵札のウラはオモテ作品の情報をぎっしり掲載。

20160624_5915.jpg
初日に開催されたかるた大会の様子。なかなか白熱した闘い!

20160701_5997.jpg
展示スペースにはかるたのほか、オル太の過去のパフォーマンスの映像、
ドローイング、絵画などが展示されています。

明日7月16日(土)は15時からかるた大会が開催されます。
電気街の買い物帰りにふらっと寄ってみてはいかがでしょうか。

●オル太 [ カルタナティブスペース ]
2016年6月24日(金)- 7月30日(土)
かるた大会は、7月16日(土)15時から、7月30日(土)15時から
それぞれ開催されます。
会場:nap gallery(アーツ千代田3331内)

●オル太かるた
価格:3,500円(税別)/ 限定500部
nap galleryにて販売しています。
posted by ひろとも at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

オル太@亡霊ー捉えられない何か

京都・上賀茂神社近くの古民家「瑞雲庵」で
オル太のワークショップ「笑いのレプリカ」が
開催されるというので参加してきました。
20160618_5847.jpg
いま「瑞雲庵」では「亡霊ー捉えられない何か Beyond the tangible
という展覧会が開催されていて、オル太は四組のなかの一組として参加。
映像作品『複製された笑い』を出展しています。

作品にちなんで「笑い」をテーマにした今回のワークショップ。
小学生から48歳のおじさん(私)まで幅広い層の
参加者が集まって、賑やかにはじまりました。
20160618_5851.jpg
オル太のみんな、運営チームの学生たち、参加者とで
「笑い」について考え、ドローイングを描いたり、
自分なりにとらえた「笑い」について発表したりしながら、
最終的に針金、金網、紙粘土、布きれ、しゅろ縄など
さまざまな素材を使って仮面(マスク)を完成させます。

私は映像をみたり、みなさんのお話を聞いたりした中で
笑いにはいろんな笑いがあるぞということに思い至りました。
爆笑、苦笑、失笑、冷笑、作り笑い、お追従笑い、などなど……。
20160618_5963.jpg
それをどう仮面にするかですが、さまざまな笑いは
顔に表現できるのではないかと考えて、
いろんな笑顔が無数に混在している仮面を考えました
(上のドローイングの右下に仮面の完成形が描いてあります)。

ところが、構造をつくるのに時間がかかり、
また仮面にどのようにたくさんの顔を載せるのか思案しているうちに
顔を三個作ったところで、まさかの時間切れ(笑)
20160618_5853.jpg
しかたないので、裏庭でのパフォーマンスは
笑顔を三つ載せただけの、しかも主な部分は自分の顔で演ずるので
帽子みたいな感じの仮面で間に合わせました。
20160618_1791116149_o.jpg
リンタロー君(鉄道大好き少年)と2ショット(Jang-Chi撮影)
未完に終わったのは自分としては不完全燃焼なんですが、
リンタロー君と仲良くなったから、まぁいいか。
20160618_90810162_o.jpg
参加者全員の集合写真(オル太twitterより転載)

途中までつくった仮面は夏休みの宿題として完成させよう!
と心に誓って帰りの新幹線に乗り込みました。


亡霊 ─ 捉えられない何か
出展作家:オル太 / GABOMI. / 谷澤紗和子 / 山崎阿弥
特別出品:藤野可織
会期:2016年 6月4日(土)ー 7月3日(日)
*会期中の木曜日−日曜日 12:00−18:00(最終日は17:00まで)
会場:瑞雲庵(京都市北区上賀茂南大路町62-1)
https://goo.gl/maps/U4CUXDwd8962

posted by ひろとも at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

オル太から届いたハガキ

オル太からハガキが届きました。
20160407_4259.jpg
梅田豪介さん(梅ちゃん)脱退のお知らせでした。
今後オル太は6人で活動していくことになります。

私がオル太と出会ったのは
黄金の郷愁」というnap galleryでの展示でしたが、
そのとき作品ひとつ一つについて
丁寧に説明をしてくれたのが梅ちゃんでした。

銅販にビニールテープを貼っていく作品でも、
アクリル絵具をつかった作品でも、リトグラフ作品でも、
群を抜いた描写力を発揮していました。

ベルリンで、そしてベルリンから帰ってきたあとも、
ことあるごとに梅ちゃんは自分が考えていることを
私に話してくれました。話を聞くにつれ、
梅ちゃんがオル太にいつづけるのはむつかしいのかな?
とも感じましたが、私としては
梅ちゃんがオル太として活動することの
たいせつさを訴えてきたつもりでした。

メンバーの脱退について、
このようなハガキが届くのも珍しいように思います。
文面の右側には、作品「風篭 - 稜線」。
2014年韓国滞在の経験をもとに梅ちゃんが描いたもの。
梅ちゃんと、6人のオル太の思いがひしひしと伝わってきます。

集団での活動はつねにこういうことと背中合わせ。
寂しいですが、梅ちゃんと6人のオル太の新しい出発に
エールを送りたいと思います。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

会田誠の月イチぼったくりBAR

神田神保町の美学校というところで開催された
会田誠の月イチぼったくりBAR」というトークイベントに
オル太Jang-Chiメグ忍者がゲストで登場するので行ってきました。
20160308_3780.jpg

このイベントは、美術家の会田誠さんを聞き役に
今後ブレイクが期待される若手作家をゲストに迎え、
作品や活動についてお話をうかがう、というものだそうで、
全6回開催されたうちの今回が最終回です。
すごいな、オル太。トリですぞ!

イベントがはじまる前に飲み物と会田さんお手製の
チリビーンズが供されました。けっこううまかったけど、
食い意地はっていて写真撮るの忘れました(笑)。

出演はJang-Chiとメグ忍者のお二人ですが、
客席にはオル太のほかのメンバーたちも勢揃いしてました。

まずオル太の映像作品を上映することになっていたんですが、
意外にもオル太を見るのははじめてという観客が多く、
メグ忍者が機転をきかせて、用意してきた映像の前に
Webから過去の映像を上映。
これがけっこうウケがよく、私にとってもオル太草創期から
現在までの作品をひととおり復習するのに良い機会になりました。

用意された映像は、ベルリン、韓国、京都滞在中のものが中心。
作品映像にはなかったメイキング的なシーンも入っていて
なかなか興味深かったです。

会田さんはオル太を語るとき、同じく集団で活動をしている
チンポムとつい比較してしまうようで、
何度かチンポムとの違いをあれこれ分析していました。
そんななかで最後にいくぶん言いにくそうに
「オル太はむつかしい」と。
その話、そのまますぐに終わってしまったんですが、
私としてはなにがどう「むつかしい」と感じるのか、
そこを深く掘り下げた話を会田さんから聞きたかったなぁと
いまになって思うんでした(当日は質問しそびれた)。


●会田誠の月イチぼったくりBAR
美学校のイベント記事
http://bigakko.jp/event/2016/aida06
第6回目の開催日は2016年3月8日でした。

●美学校
http://bigakko.jp
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

斉藤隆文(オル太)「おぼろげな凱旋ス」

オル太の斉藤隆文さんの個展
おぼろげな凱旋ス」が
吉祥寺のArt Center Ongoingで開催されています。
20151209_2066.jpg
2階の薄暗い展示室に入ると、
モニターとスピーカーがいくつもあって、
それぞれからバラバラに映像と音声が流れています。
真ん中に塔のように立っているのは、
かつてどこの家にもあったような家電や家具たち。

よく見ると、おじいさんが歌をうたっていたり、
なにか思い出しながら紙に文字を書き連ねています。

実はこのおじいさんは斉藤さんのお祖父様で、
斉藤さんが子供のころ教えてもらった
日露戦争のときのしりとり歌を書いてもらっているのです。

作品はまさにそのしりとりのように歌から絵へ、
芋はんから編み物へところころ転がるように展開してゆきます。
和歌でいうなら連歌のような感じでしょうか。

芋はんはどういう訳か、御名御璽の芋はん。
これをお祖父様、お祖母様と一緒に
天ぷらにして食べるという映像はなかなかユニークです。

この作品のために斉藤さんは千葉県の実家に帰り、
お祖父様との対話を繰り返したそうです。
そのやりとりは禅問答のようでもあり、
試行錯誤のプロセスであり、
すでにそのものが作品であるように見えます。

会場に身を置けば勝浦が産んだ
奇才・斉藤隆文の世界にとっぷりと浸ることができます。


斉藤隆文(オル太)「おぼろげな凱旋ス」
2015年12月13日(日)まで ※会期あとわずかです!!
アートセンター・オンゴーイング
東京都武蔵野市吉祥寺東町1-8-7
http://www.ongoing.jp/ja/index.php
posted by ひろとも at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

オル太@死の劇場−カントルへのオマージュ

タデウシュ・カントル生誕100周年記念展
死の劇場−カントルへのオマージュ」が
京都市立芸術大学のギャラリー@KUCA(アクア)にて開催されました。
20151114_1726.jpg
カントルという人物のことは私は知らなかったのですが、
ポーランド出身で演劇を中心に活躍した芸術家です。
なかでも演劇作品『死の教室』が有名で日本でも上演されたそうです。
『死の教室』は展覧会のタイトルにもなっています。

今回、オル太はカントルへのオマージュとして、
目覚め(GHOST OF MODERN)」という
映像・絵画・インスタレーションを複合させた作品を出展しています。
GHOST OF MODERN」といえば、2013年から2014年にかけて
オル太がドイツ・ベルリンに滞在した際、
ポーランドのオフィシエンチム(アウシュビッツ)の
取材をもとに制作した映像作品が衝撃的でした。

「目覚め……」は当時の取材をもとに再構成した映像が
作品の中心をなしています。
ベルリン市内の廃墟、オフィシエンチム収容所跡、
チェルノブイリ原発の廃墟、キエフ市内……
亡霊と共に舞台は次々と移ってゆきます。

オフィシエンチムの収容所跡では、一匹の鹿がぴょんぴょんと
人間がつくった境界線を自由に行き交うさまが描かれます。
鹿は10月11日に展示会場で行われたパフォーマンスで再現され、
その日オル太は一匹の子鹿を引き連れて
「目覚め(GHOST OF MODERN)」を演じます。
私は実際のパフォーマンスは見られなかったのですが、
その様子は会場に映像として映しだされていました。

紐でつながれた鹿、門、三段ベッド。
そのなかで亡霊がうごめき、ある者は墨汁の中に
頭を突っ込み、髪で自らの来た足跡を描いてゆきます。

パフォーマンスをこの目で見られなかったのが本当に残念なのですが、
その残骸ともいえる門、三段ベッド、墨汁を入れたバケツなどが
それらを覆う白い布と共に虚しく残されていたのが
(インスタレーション作品になっています)、
生と死の狭間を行き交い苦しんだ人々の思いを
辛くも伝えているようでとても印象的でした。


タデウシュ・カントル生誕100周年記念事業
「死の劇場−カントルへのオマージュ」
会期:2015年10月10日(土)〜 11月15日(日)※会期は終了しています
会場:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA @KCUA1,2
【参加作家】
パヴェウ・アルトハメル、石橋義正、オル太、アルトゥル・ジミェフスキ
丹羽良徳、ミロスワフ・バウカ、松井智惠、ヨアンナ・ライコフスカ
http://gallery.kcua.ac.jp/

※参加作家には含まれていませんが、安齊重男さんが撮影した
カントルのスナップ写真など14点が会場に展示されていました。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

オル太 ||:幽霊トリオをうつ:|| @西荻レヂデンス

オル太、ひさびさに東京での展示です!
ことしは原宿の「ニンゲンと歩く」(5/2〜5/16)のあと、
「前橋映像祭」(6/27、6/28)、京都でのワークショップ参加、
スウェーデン・マルモでのレジデンス・パフォーマンス(9/17〜9/26)と
内外を股にかける活動をしていて、見に行きたくても
なかなか行けない状況でしたが、今回は西荻窪! 近い!(苦笑)
20151025_1104.jpg
DM送っていただきました。なんともミステリアスなチラシ。
しかも会場のひとつはビリヤード場とあって興味も倍増します。
20151025_1100.jpg
おぉ、ここ、ここ。なんとも昭和チックな佇まい。
創業85年という「ビリヤード山崎」の二階がひとつめの会場。

部屋は真っ暗。中央の床面に大きな映像が投影されています。
スピーカーからはバイオリンとチェロの音楽。
曲はベートーヴェンのピアノ三重奏曲第五番 第二楽章「幽霊」。
今回の作品はサミュエル・ベケット原作の
テレビ作品「幽霊トリオ」(1977年)がモチーフになっているのです。

映像にあるのは、ほぼなにもない「真っ白な部屋」。
奥に窓があり、左の壁際にベッド、右手前に扉。
右の壁際で男がカセットテープを手に持ちうつむいて座っています。
チラシに写っていたあの男! ときどき窓を開けたり扉を開けたり。
そうかと思えば、西荻窪のストリートビューが白い壁に投影されたり。

階段の上にある小部屋のモニターは、
男の「真っ白な部屋」での行動をリアルに映し出します。
降りしきる雨、軋む扉の音、女性のナレーション。

床面の大きな映像の奥にはビリヤード台があって、
西荻の地図上をビリヤード玉が転がる映像が静かに投影されています。

左の壁際には電子ピアノ。
階段を上がったところの壁には誰かがピアノを弾いている映像(無音)。

謎が残ったままというか、なんとなく消化不良の印象のまま、
ふたつめの会場「西荻レヂデンス」へ。

その四階の部屋に来てびっくり。
まさにさきほどまで映像で見ていた白い部屋だ!
「ビリヤード山崎」とは逆に、ここではピアノの音楽が流れ、
バイオリンとチェロの映像(無音)が映し出されています。
窓とは反対側のモニターにはビリヤード台に地図を重ねた映像。
まさしくそれは「ビリヤード山崎」の奥の
ビリヤード台に映し出されていたのと同じものだった……。

||:幽霊トリオをうつ:|| は映像・写真や音楽だけでなく、
ビリヤード台、地図、実際の街並みとふたつの会場を利用して、
空間をも重層的に交錯させた作品なのでした。

映像を観たり、テキストを読んだり、
アタマを整理したりするだけで優に一時間半は経過。

外に出たらいつのまにか空は真っ暗になっていました。


||:幽霊トリオをうつ:||  ※会期はすべて終了しています
展示:2015年10月21日(水)〜10月25日(日)
会場:ビリヤード山崎・西荻レヂデンス
滞在リサーチ期間:2015年8月1日(土)〜31日(月)、10月1日(木)〜25日(日)
トークイベント:10月24日(土)19時から(ビリヤード山崎)

京都でも展示があります! 会期あとわずかです!!
「死の劇場─カントルへのオマージュ」
タデウシュ・カントル生誕100周年記念展
会期:10月10日(土)〜11月15日(日)
出品作品:「目覚め(GHOST OF MODERN)」
会場:@KCUA(京都市立芸術大学ギャラリー)
ギャラリートーク・パフォーマンス:10月11日(日)※終了しています
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

安齊重男の写真による多摩美をめぐる人々/もの派─70年代byANZAI

多摩美術大学へ行ってきました。
アートドキュメンタリスト安齊重男さんの展示を見るために。
20151025_1105.jpg
だって直々にお葉書いただいちゃったとなれば、
行かないわけにはいきません。

20151017_0976.jpg
ようやく着いた山の上。八王子と相模原の狭間です。
アートテークという建物の1Fと2Fに展示会場がありました。

1Fは「安齊重男の写真による多摩美をめぐる人々」と題され、
卒業生や教員など多摩美に関係のある美術家の肖像が並びます。
20151026_1107.jpg
これはパンフレットなんですが、大きな壁にまったく同じレイアウトで
たくさんの写真が配置されています。
学生時代のオル太のメンバーも写っていたりして興味津々(笑)

2Fは「もの派─70年代byANZAI」と題された作品群。
1970年代に活躍した「もの派」といわれた美術家たちの
肖像、作品、制作風景などがリアルに描写されています。
巻頭言に李禹煥さん(直島に美術館があります)の文章があって、
安齊さんがアートドキュメンタリストになるきっかけみたいなことが
書かれていてこれまた興味津々。

これだけでも充分おなかいっぱいなんですが、別棟には
オル太の展示もあったのでこちらも見学。
2014年韓国・ソウルで制作した映像、衣装、立体を
組み合わせた高低差のあるインスタレーションでした。

ちなみにアートテークってこんな建築。
20151017_0978.jpg
やっぱり美大、おしゃれだなぁ。

【多摩美術大学創立80周年記念展】
●安齊重男の写真による多摩美をめぐる人々

2015年10月10日(土)〜10月24日(土)
八王子キャンパス アートテーク1Fギャラリー
●もの派─70年代byANZAI
2015年10月10日(土)〜10月21日(水)
八王子キャンパス アートテーク2Fギャラリー

●タマビクオリティ─多摩美の継承者たち
この中で、オル太は2014年に滞在した韓国、ソウルでの
作品のインスタレーションを展示
2015年10月6日(火)〜10月17日(土)
八王子キャンパス 絵画東棟ホール

※会期はすべて終了しています。遅くなってごめんなさい。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

オル太@3331ART FAIR

会期がきょうまでなのですが、アーツ千代田3331にて
3331ART FAIRが開催されています。

オル太も86組のアーティストのひと組として参加しています。
20150327_0219.jpg
出品作品は、映像作品「KOGI Man」(画面左)、
アクリル画「風篭 - 稜線」(画面右上)、
アクリル画「九老商店 - 唐辛子 - 大蒜」(画面右下)の三点。

いずれも昨年春から夏にかけて韓国・ソウルに滞在したときに
体験したことなどをもとに制作されています。
KOGI Man」は韓国の巫女=巫堂(ムダン)の儀式からはじまります。
一匹の豚が解体され、肉(コギ)に変わってゆきます。
その儀式にインスピレーションを受けて
オル太が豚の皮をポケットのように取りつけた衣装を身にまとい、
こんどは自らがコギとなって市場で食材を買い求めます。

風篭 - 稜線」は、初夏の夕暮れに行われた巫堂の儀式を描いたもの。
滞在中に発生したセウォル号事故を受けて、
亡くなった人びとの霊を弔うために開かれたものだそうです。
儀式の最後、人びとは黄色い「風篭」に火を灯し、空に放ちました。
いくつもの「風篭」が夜空に舞う様子が描かれています。

九老商店 - 唐辛子 - 大蒜」はソウルの市場の様子を描いた作品。
山のように積まれた赤い唐辛子が強烈な勢いで迫ってきます。
20150327_0215.jpg(写真は部分)
市場の空気、湿度、臭いまでが伝わってくるような一枚です。


参加アーティストが86組もあるだけに、
いろんな作品が会場にはあふれています。
20150327_0209.jpg

20150327_0194.jpg
潘逸舟さんの「オスプレイ - ジャパニーズアメリカン」。
一見、ふつうのモノクロ写真に見えますが……
20150327_0195.jpg
すべて一円玉の画像の濃淡で描かれています。
共同体の存在は何によって定義づけられるのか?
という問いを投げかけています。

20150327_0206.jpg
こちらはみつこのツボ(その1)
久野彩子さんの「浸食1〜5」。
20150327_0207.jpg
だんだん壊れていく感じがお気に入りなんだそうです。

20150321_7924.jpg
こちらはみつこのツボ(その2)
どなたの作品かは忘れてしまったんですが、
繊細なタッチと赤紫の色合いがツボにはまったようです。


●3331 Art Fair 2015 -Various Collectors' Prizes‒
会期 2015 年3月21日(土)〜3月29日(日)
時間 11:00-20:00(最終日のみ19:00まで)
※ 最終入場は閉場30分前
http://artfair.3331.jp/2015/
posted by ひろとも at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

オル太@上野のクロヒョウ

トーキョーワンダーサイトのプログラム TWS-NEXT@tobikan
上野のクロヒョウ」展が東京都美術館で開催されていて、
オル太が次世代を担うアーティストのひと組として参加しています。
20150219_1281.jpg
「上野のクロヒョウ」とは1936(昭和11)年に起きた
「上野動物園クロヒョウ脱出事件」のこと。
かつて上野で起きた事件、そして上野の歴史を重ね合わせながら、
四人(組)の若手作家(市川紗也子、オル太、佐藤未来、平川 正)が
綿密なリサーチをもとに作品づくりをしています。

20150219_1273.jpg
オル太は「眼のある風景が視る光景」(写真奥)、
Tiger Alive?」(写真手前)という二つの作品を展示しています。
恵比寿の「ヘビの渦」は都市、未来という新たな領域ですが、
上野の作品は、どちらかというとオル太が従来から
たいせつにしてきた表現領域を踏襲している印象です。

Tiger Alive?」は映像を含めたインスタレーション作品。
20150219_1252.jpg
ナム・ジュン・パイクの「Tiger lives」と
「Paper TV Show 1974」からの引用。
20150219_1261.jpg20150219_1260.jpg
コの字に曲がった鉄板の両端(内側)に四分割された虎の置物。
韓国の骨董市で買い求めたものを、国家や歴史の分断など
さまざまな思いを込めつつチェーンソーで分割したものです。
20150219_1257.jpg
コの字の鉄板の両端(外側)にはモニターが設置されています。
オル太のメンバー、斉藤隆文さんが虎の置物を背負い、
韓国、日本それぞれでパフォーマンスを敢行した映像が放映されています。
韓国では朝鮮統治時代に日本が建設した朝鮮銀行本店
(現 韓国銀行本店)、京城駅(現 ソウル駅旧駅舎)などを巡り、
日本では皇居周辺から国会議事堂を巡り、「Tiger Alive?」と叫びます。
韓国の映像では、虎の置物を買い、チェーンソーで四分割にする
メイキングっぽいシーンも含まれていて興味をそそります。

もうひとつの「眼のある風景が視る光景」は映像作品。
昭和前期に活躍した洋画家 靉光の「眼のある風景」がモチーフ。
その絵に描かれる謎の動物?物体?をオル太は立体物として制作。
不忍池の畔に佇む立体の「眼」はこちらを見つめていて、
見学者は作品を見ながら、同時にその「眼」に見られることになります。
20150221_1386.jpg
20150221_1365.jpg
20150221_1370.jpg
20150221_1377.jpg
20150221_1384.jpg
夕暮れ時、街に灯りがつきはじめる様子が、実際の速度で流れています。
昔から変わらない蓮の池(画面下半分)と、
その向こうの(画面上半分)つねに変化し続ける都市の風景が対照的。
ぎょろりとこちらを睨む「眼」が暗闇の中で怪しげな光を放ちます。

20150221_1347.jpg
去る2月21日(土)に催されたアーティストトークにて
作品の解説をするオル太の七人。

上野のクロヒョウ
2015年3月7日(土)まで
東京都美術館 ギャラリーB
http://www.tobikan.jp/exhibition/h27_missingpanther.html

「ヘビの渦」トークセッション
〈ゼロ次元〉加藤好弘さんとオル太との炸裂(?)トークがあります。
2015年2月28日(土)18時から
恵比寿NADiff a/p/a/r/t(ナディッフ アパート)にて
展示は2015年3月8日(日)まで
http://www.nadiff.com/gallery/olta.html#event
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

オル太「ヘビの渦」

オル太が久々に私たちの前に姿を現しました。
しかも新しくなって。

ところは恵比寿のNADiff a/p/a/r/t(ナディッフ アパート)。
地下に続く階段を降りるとほんのり線香の匂い。
20150207_1112_top.jpg
なに? なに? と思いながら目にしたのがこの光景。
大きな水面に浮かぶ新作「ヘビの渦」。

20150207_1122.jpg
こちらは「ヘビの渦」の中の「電波の礎」。
昨年11月の「東京デザイナーズウィーク」が初出。
現代の鹿おどしは蚤の心臓に当たり、カチッ、カチッと音を立て、
水が溜まるとハイブリッドオルガネラの頭蓋骨に流れ落ちます。

20150207_1115.jpg
零人札」。都市も国家ももともとは
人びとが暮らしやすくするためのものだったのに、
形骸化し、自己目的化した管理社会の渦にのみ込まれ、
ついにそこに人びとはいなくなってしまいました。
「零」の文字が刻まれた紙幣が虚しく宙に浮かびます。

巨大な鏡のようなお札は、
脳ミソの上に立つ国会議事堂を映し出します。
20150207_1109_2.jpg
これは「脳の墓標」と呼ばれています。
議事堂の裏側(手前側)は墓石になっていて、
香炉にはお線香が焚かれていました。
地下に入って、真っ先に鼻にきた匂いはこれだったんですね。
20150207_1111.jpg
「零人札」の向こうの壁に映し出されているのは
零選挙ポスター掲示場」。
人びとから選ばれたはずの政治家が、人びとを無視し続けた結末です。
手前のラッパのようなものは「肺の蓄音機
(写真にうつってるものと奥の壁のふたつあります)。
身体の声を聞く装置。
しかし、聞こえてくるのは温かみのない人工的な「声」ばかり。

農村から都市へ。過去から現在、そして未来へ。
オル太の表現フィールドはここ一年ほどで大きく変化しています。
フランスの哲学者ジル・ドゥルーズの言葉を受け、
「ヘビ」を管理社会の象徴とした今回の「ヘビの渦」。
管理社会の行く末は、都市の未来は、冷たくてちょっと寂しい。
でもこのままじゃいけない。
現代の政治と社会に対する熱のこもった警鐘です。

「ヘビの渦」
NADiff a/p/a/r/tにて2015年3月8日(日)まで
2月28日(土)18時から、〈ゼロ次元〉加藤好弘との
トークセッションがあります。
http://www.nadiff.com/gallery/olta.html#event

TWS-NEXT @tobikan 「上野のクロヒョウ」
あさって2月19日(木)から東京都美術館 ギャラリーBにて。
参加アーティストは、市川紗也子、オル太、佐藤未来、平川 正
2月21日(土)15時からアーティストトークもあります。
http://www.tokyo-ws.org/archive/2015/01/o0219.shtml
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

オル太+斉藤隆文@COVERED TOKYO: Hikarie, 2014

オル太とそのメンバーの一人、斉藤隆文さんの映像作品が
渋谷ヒカリエ8階で上映されています!
オル太は二回目の COVERD TOKYO です。

20141106_6668.jpg
オル太の映像はふたつあり、ひとつは「Lion Dance」!
21世紀の獅子舞やシャーマンたちの行列がソウルの街を練り歩きます。
20141106_6676.jpg
ラッパを吹いたり、太鼓を叩いたり、とにかくにぎやかです。
突飛な出で立ち、不思議なリズム、それだけでテンションもあがります。

20141106_6681.jpg
もうひとつは「私は韓国が好き、韓国も私が好き:
バラなしには我々はそれをしない
」という作品。
前半はソウルと東京で同時刻に行われたデモ行進、
後半はソウル繁華街の壁画プロジェクトに参加した様子を写したもの。
「仲良くしよう」というまっすぐな言葉が心に響きます。

オル太はことしの春から夏にかけて韓国に滞在していて、
これらはいずれも滞在中に制作したもの。日本初公開です。
しかも「Lion Dance」はユ ビョンソ(Byungseo Yoo)率いる
未完成プロジェクトとのコラボレーション。

20141106_6686.jpg
オル太のメンバーでありながら、今回ソロで出品する
斉藤隆文さんの映像は「焼けてけっこう」。
ユ ビョンソさんとの二人展「犬が西向きゃ尾は東
(吉祥寺 Art Center Ongoing)でも上映されました。
燃えている金閣寺のキャラクターが早朝の新宿を彷徨い、
線香でできた零戦を燃やし路上に置きます。
その新宿南口の歩道橋はことし6月、
集団的自衛権行使に異議を唱える男が焼身自殺をはかった現場。
そして金閣寺、燃える、といえば三島由紀夫。
いっけんゆるキャラにも見える金閣寺君ですが、
じつは強烈なメッセージを放っています。

COVERED TOKYO: Hikarie, 2014の会場では、ほかに
友政麻理子、鈴木光、斎藤玲児、地主麻衣子の作品も上映されています
(敬称略でごめんなさい)。
20141106_6664.jpg
個人的には友政さんの「お父さんと食事」が好きです。
友政さんご本人が、見知らぬ台湾のおじさんと食事をするんですが、
その食事中だけお父さんと娘になりきっていろんな会話をします。
日本語だったり、中国語だったり、英語だったり。
ふたりで笑ってるのにじつは会話がかみ合っていなかったり(笑)。
カメラワークや編集もなかなか凝っていますが、なにより
異国の見知らぬ人と擬似親子になるという発想が光ってます。

会期は11月10日(月)までなので、このお休みにぜひ渋谷ヒカリエへ。


posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

ASIA AWARDS ヤングクリエイター展@東京デザイナーズウィーク2014

東京デザイナーズウィーク2014
ASIA AWARDS ヤングクリエイター展」。
オル太がアート部門の最終選考に残ったということで注目が集まります。
20141030_6489.jpg
授賞式を前に緊張の時を迎えるオル太のメンバー。

気になる受賞者は……
20141030_6499.jpg
セミグランプリは潘逸舟さんの「不戦刀」。
グランプリは吉濱翔さんの「音の砂」。

オル太は惜しくも授賞を逃してしまいました……。
みんな死ぬ気でつくった作品なのに、残念。

メグ忍者は「期待に沿えなくてごめんなさい」って
言ってたけど、ぜんぜんそんなことないよ。
挑戦する者はたいてい負けるのです。

潘さん、セミグランプリおめでとうございます!
ぜひお子さんにミルクと奥さんに服を買ってあげてください(笑)

ちなみに、私らが注目した多摩美術大学の「見えた、消えた。」
20141030_6488.jpg
協賛企業からの賞があたえられるのですが、
なんと四社からの賞を授賞してました!
学校作品展の学校賞のグランプリも授賞!!
すごいです。
20141030_6478.jpg
夜の「見えた、消えた。」もなかなか良いです。

賞は決まりましたがまだまだ展示は続いています。
11月3日(祝・月)まで。ぜひこの連休にお出かけください!
http://www.tdwa.com
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

オル太「電波の礎」東京デザイナーズウィーク2014

神宮外苑で開催されている「東京デザイナーズウィーク」に
オル太の作品が展示されているので行ってきました。
20141025_6360.jpg
会場は明治神宮外苑の一画。
入口には「天才万博」の大きなタイトルが!
クリエイティブな200人の天才たちが集結する
というコンセプトのようです。

20141025_6366.jpg
オル太の作品は「電波の礎という現代のししおどし。
「ASIA AWARDS ヤングクリエイター展」の
「アート部門」のコーナーに展示されていました。
二つに折れた電波塔がししおどしの本体になっています。
一定の周期で塔の頭頂部からこぼれた水が
ハイブリッドオルガネラの頭蓋骨に降り注いでいます。
電波塔の足もとは蚤の心臓にぶつかって音を鳴らします。
20141025_6365.jpg
頭蓋骨、心臓、電波塔はダークブラウンに輝く
卵のようなものに載っています。

溢れんばかりの都市の情報は
電波に乗ってどこへ流れて行くのでしょう?

会場ではオル太と同時期にトーキョーワンダーサイトで
レジデンスをしていた潘逸舟さんの「不戦刀も展示されてました。
20141025_6369.jpg
両端が柄になっていて、鞘が抜けません。
だから戦えない、不戦刀なんですね。
反戦への力強いメッセージになっています。

屋外の学生たちの展示では、
多摩美術大学環境デザイン学科がつくった
「見えた、消えた。」が面白かったです。
20141025_6376.jpg
無数のストローを積み重ねてつくった壁。
向こうの景色は近づくと見えなくなったり、
逆に遠ざかると見えてきたり。
近すぎてかえって見えないもの、離れたからこそ見えるもの。
いろいろありますよね、世の中には。


東京デザイナーズウィーク2014
2014年10月25日(土)〜11月3日(月・祝)
東京都新宿区霞ヶ丘町2-3 明治神宮外苑絵画館前
http://www.tdwa.com
posted by ひろとも at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

だつお×メグ忍者(オル太)「景色の決壊 スペキュラー」追記!

早くも会期が明日までとなった「シブカル祭。」
だつお×メグ忍者(オル太)のでっかいビジュアルが
見られるのも明日までです!

ブログの記事で、だつお×メグ忍者(オル太)の
うごめく様子がゴジラみたいだと書いたら、
メグ忍者から、「モスラのイメージが近い」との
ご指摘を受けましたので、元記事に注記を付けました。

あと言い忘れたことがみっつ。
ひとつは、
「シブカル祭。」ではだつお×メグ忍者(オル太)の
ステッカーを絶賛販売中です!
20141025_6355.jpg
パルコパート1の3階の特設売店で売ってます。324円(税込)です。

もうひとつ。だつおのHP内で
「景色の決壊 スペキュラー」のムービーが見られます!
二匹のモスラが空虚な都市の真ん中でうごめき、
いろいろなものが決壊してゆく様子がリアルに映し出されています。
http://datsuo.com/datsuoxmeguninjaxspecular.html

最後に、きょうからはじまる
「東京デザイナーズウィーク2014」にてオル太の展示があります!
「ASIA AWARDS ヤングクリエイター展」のアート部門です!!
久々のオル太の展示、私も楽しみです!!!
●東京デザイナーズウィーク2014のHP
http://www.tdwa.com
●そのなかのオル太の紹介ページ
http://www.tdwa.com/2014/exhibitors/details/005501.html
posted by ひろとも at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする