2018年08月02日

オル太「スタンドプレー vol.1」

オル太が能楽堂で現代演劇を演じるというので行ってきました。
ときは2018年7月23日(月)、ところは川崎能楽堂(川崎市)。
演目は「スタンドプレー vol.1
20180801_0321m.jpg
超衆芸術 スタンドプレー」という新聞を模した読み物には、
スタンドプレー」について次のように説明されています。
日常の中で出会う笑いを引き起こす現象を調査し、都市生活の中で生まれる無意識の身体の動きや人為的に仮設された街頭のオブジェがもたらす無作為の状況について明らかにしていく。
また「超衆」については、
群衆と物質や情報を含めた集合のことを『超衆』と名付け、都市の環境や機能によって私たちが演じていると気づく事柄や場所をシミュレーションする。
と説明されます。

これだけではなかなかわかりにくいですが、
キーとなるモノとしてパイロン、ネギ、宝くじ売場などが登場。
それらのモノを中心に、街中でみかけた面白おかしいシーン、
人びとが賭事に熱狂するシーンなどが
鋭い観察と綿密に練られたストーリーによって描かれます。
img20180801_23044429m.jpg
着物の女性が横断歩道の前で両手を挙げ、
「あと40日で9月1日。早いねー」と言い続けるシーン。
img20180801_23030898m.jpg
街頭でポケットティッシュを配る宝くじの売り子さん。
img20180801_23020835m.jpg
パイロンがパイロンの人形劇を演じるシーンも。
私としては、ここがこの劇のハイライトでした(個人の感想です)。

ひとつひとつのシーンはおそらくすべて
実際に見かけた光景だったのだろうと思います。
よくもこれだけ中味の濃い場面を集めたなというのも驚きですが、
それらをうまく組み合わせてひとつの演劇に昇華させたところも驚きです。

パイロンはもともとギリシャの神殿の門を差す言葉で、
劇の終盤に建設中のオリンピックスタジアムが現れ、
互いがギリシャ神話でつながるというくだりは圧巻でした。

パイロンはもともと古代エジプトの神殿の塔門を差すギリシャ語で、
劇の終盤に建設中のオリンピックスタジアムが現れ、
互いがギリシャでつながるというくだりは圧巻でした。

※2018年8月2日訂正

もちろん、演劇ですから台詞もあります。
いままでの無言のパフォーマンスとはだいぶ違います。
ストーリー全体に庶民の悲哀みたいなのが通底にあって、
登場人物はとても愛おしく、心に染みこみます。
「劇団 オル太」とでも呼びたくなるような試みは
大成功だったのではないでしょうか。

ちなみに「スタンドプレー」と称してパイロン、宝くじ売場、ネギなどを
題材にした立体作品は2017年3月に最初に発表されました。
一年四か月の時を経て、すごいものに発酵したんだなという印象です。
「vol.1」とあるのが、ものすごく気になります。
一回上演するだけでもたいへんな作業だったとは思いますが、
「vol.2」以降もつい期待してしまいます。

当日は、第二部としてポーランドのアーティスト、
ダニエラ・タゴフスカとプシャメック・ピンタルによるパフォーマンス
「More! More!」が演じられました。
暗闇の中でひたすら「More」と描き続け、最後に紙だらけになる
二人の姿が目に焼きつきました。


スタンドプレーvol.1/More! More!
公演日:2018年7月23日(月)
開演:19:00
会場:川崎能楽堂
posted by ひろとも at 00:40| Comment(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

アサヒカメラ月例コンテスト 入選

アサヒカメラ月例コンテスト「ファーストステップ部門」に入選し、
いま発売中の2018年8月号に写真が掲載されました。
タイトルは「花桃街道」。
わたらせ渓谷鐵道の神戸(ごうど)駅近くで撮りました。
20180721_0003m.jpg
初心者向けの部門ですが、初投稿で初入選!(パチパチ)
選者の先生からたくさんお褒めの言葉をいただいてありがたいです。
ジャンルを問わないコンテストに鉄道写真が選ばれたのもうれしいです。

この次の月に応募した作品は落選したのですが、
8月号を細かく見てみると、予選は通過していたことが判明。
来月もがんばって応募しよぉっと。

posted by ひろとも at 01:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX

ちょっと前のことになりますが、
50歳になりました。
ぼーっと生きてるうちに半世紀(笑)

みつこさんがこの誕生日にふさわしすぎる
プレゼントを買ってきてくれました!
20180619_9333.jpg
ペヤングソースやきそば 超超超大盛GIGAMAX
さすが、みつこさん。私のツボをよくわかってくれてます。

お休みの日に気合いを入れて食べることにしました。
20180701_9579.jpg
中をこっそり見てみます。
ふつーのやきそばの四倍ということなので、
それが四個入ってるのかと思ったら、
厚さ二倍のやきそばが二個入ってました。

20180701_9601.jpg
お湯を入れて、切って、かき混ぜるだけ。
料理ができない私にもつくれます。

20180701_9612.jpg
できあがり〜!!

20180701_9615.jpg
早速いただくことにします。
超超超大盛なので気兼ねなくモリモリ食べられます。
ふつーサイズのペヤングでこの食べ方すると
三口で食べ終わってしまいますからね。

20180701_9624.jpg
至福♡

※写真:みつこ
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

林海象映画大学@ginza Bar le sept vol.4

毎回好評でなんと四回目の開催となる
「林海象 映画大学」@ginza Bar le sept
に行ってきました。

今回はその名のとおり大学での講義をそのまんま再現!
本当に大学で講義している海象監督ならではですね。
20180630_9574.jpg
シャツも帽子もおしゃれな監督。

一時間目は映画のルーツをたどります。
ピンホールカメラなど景色を写真に残すところから始まり、
それが実際の情景を映し出す動画となり、
ストーリー性のある映画の原型ができるまでを
スライド形式で見ていきます。

画面の構図の手法が、現在も原型のときも
本質的に変わっていないところが驚きでした。

二時間目は海象監督のルーツ。
生い立ちから監督になるまでを貴重な写真を交えて辿りました。
20180630_9571.jpg
なんにもないところから映画監督になるまでが凄すぎ。
四畳半で誰とも話してなかったから新聞屋を引き留めた話とか(笑)

18時からはじまった講義ですが、気がついたらもう21時過ぎ。
あっという間の楽しいひとときでした。

※開催日 2018年6月30日
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

「銀座のギャラリー」で展示2

いま、私の撮った写真がキヤノンギャラリー銀座の横っちょにある
小スペースで展示されています。
20180630_9567.jpg
前回と同じくEOS学園門井教室の修了展です。

20180630_9565.jpg
今回出展したのは、横浜港を出港する飛鳥IIの写真。
極限まで暗くしました。煙が良い感じに流れてくれてます。

いちおう二回目の「銀座のギャラリー」の展示。
ちょっとは成長してるかなぁ(^^;)

posted by ひろとも at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

ル スプートニク《le sputnik》

ちょっと前のことになりますが、
みつこさんの誕生日においしいフレンチを食べに行きました。

お店はルセットののりこさんにご紹介いただいた
六本木のル スプートニク《le sputnik》
"sputnik"(スプートニク)はロシア語起源の言葉で
「同行者・旅の連れ」という意味だそうです。
20180525_8707.jpg
お店の場所は日比谷線の駅から徒歩数分。
でも六本木とは思えない静かな一画にありました。
20180525_8729.jpg
店構えもそうでしたが、店内もおしゃれです。

20180525_8714.jpg
真ん中あたりで出てくる白身魚の料理。
この前にワカサギと牛蒡のフリットとか、
きのこのクレープとかが出てきます。

20180525_8720.jpg
薔薇のビーツとフォアグラ。これ、料理なんです。
なんだか絵みたいで、食べるのもったいない(笑)

20180525_8727.jpg
デザートが二種類でてくるんですよ。
これは一つめの柚子のデザート。
二つめの写真はありませんが、
小さな木が立ってるチョコレートフォンデュみたいなやつでした。
すみません。表現がつたなくて。

20180525_8739.jpg
最後にケーキのサプライズ!
みつこさんも思わぬプレゼントに感激です。

ぜんぶいただくのに二時間半は優にかかってましたが、
次から次へと出てくる料理に驚いていたら、まさにあっという間。
その名の通り、すばらしい食の旅に連れてっていただきました。
posted by ひろとも at 00:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

大相撲五月場所2018

前回は稽古総見で話が終わってしまいましたが、
五月場所観戦は、平日に休みを取って出かけることになりました。
それでも十名ほどが参加しました。

蓋を開けてみれば、鶴竜の優勝に終わった五月場所。
たしかに今場所の鶴竜は強かったです。
20180516_8533.jpg
ポスターを飾ったのは栃ノ心と琴奨菊。

栃ノ心は優勝はできなかったけど、大関昇進はうれしい知らせ。

遠藤には期待していたのですが、休場が入ったりして
またも不調になってしまいました。

ところで出かけた平日というのが、
唯一鶴竜が負けてしまったあの日で(笑)
20180516_38A9024.jpg
みつこは久々に着物でおでかけ。勢関の幟を見つけて大喜び。

20180516_8508m.jpg
塩ちゃんこはどこの部屋のか忘れちゃいました。

20180516_38A9088m.jpg
観戦を心ゆくまで楽しんだみつこ。
最後の最後でやってくれました。

取組が終わったあと、なんとなく出待ちをしていたところ、
旭天鵬さん(現・友綱親方)が来て、
Oさんが握手しに向かったんですよ。
そのシーンを撮ろうとしてカメラを向けたところ……
20180516_8516t.jpg
握手してたのが、みつこだったんですよ。
だって握手してる手、着物きてますよねぇ(笑)
しかも満面の笑み。

あー、びっくりした。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

横綱審議会稽古総見2018

怒濤の5月が過ぎました。
このブログの更新も5月は一回だけで、
こないだの2月に続き最低記録を打ち出してしまいました。

もちろんサボっていたのはブログだけで(たぶん)、
私自身は元気に生きております。

5月といえば五月場所です。
しかしこのところ相撲人気が過熱しすぎていて、
我々の培ったノウハウを結集しても千秋楽のチケットは
もはや取れなくなってしまいました。
こんなことは我ら相撲部創設以来、初めての出来事。

さて、場所に先立つ、5月3日、同じく国技館で
横綱審議会稽古総見がありました。

稀勢の里も場所への意欲を見せるためか、
稽古に出てきたのですが、相手みんなに負けてしまって
なんだかやばいという感じでした。
実際、その後の五月場所は休場でした。

そして白鵬、相変わらず存在感ありました。
前年の「かわいがり」の相手は高安で、
ことしは誰が相手なのかと見ていたら、なんと遠藤。
遠藤、意識朦朧としながら、でも最後まで付いて行ってました。

だから今場所の遠藤には期待していたのに!!

写真はふつうの撮るのに飽きてきたのか、
変な写真ばかり撮りました。
20180503_38A7907.jpg
汗と土にまみれた背中とか。
20180503_38A7938.jpg
迫力のお尻とか。

こんなんばかりでスミマセン(汗)

posted by ひろとも at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

さびしい夢をみました

20180501_sabishiiyume01.jpg
20180501_sabishiiyume02.jpg
20180501_sabishiiyume03.jpg
   20180501_sabishiiyume04.jpg
   20180501_sabishiiyume05.jpg


    20180501_sabishiiyume06.jpg
20180501_sabishiiyume07.jpg
        20180501_sabishiiyume08.jpg
20180501_sabishiiyume09.jpg
20180501_sabishiiyume10.jpg
20180501_sabishiiyume11.jpg
  20180501_sabishiiyume12.jpg
20180501_sabishiiyume13.jpg
         20180501_sabishiiyume14.jpg
20180501_sabishiiyume15.jpg
20180501_sabishiiyume16.jpg
20180501_sabishiiyume17.jpg
20180501_sabishiiyume18.jpg
     20180501_sabishiiyume19.jpg
20180501_sabishiiyume20.jpg

※明け方みた夢にストーリー性を持たせて書き起こしたフィクションです。
posted by ひろとも at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

釜谷駅のおばちゃんに報告

鉄道写真詩コンテスト2017 の入選が決まったのが昨年の10月。
受賞作は、道南いさりび鉄道の釜谷駅で撮った写真と
駅で切符を売っているおばちゃんの詩。
早くおばちゃんに報告がしたいと思いながら行けなかったのですが、
この春、ようやく行くことができました。
20180417_1580.jpg
待合室で待っていると7時過ぎにおばちゃんご出勤。
直接、受賞の報告をすることができました。
この賞はおばちゃんのおかげで取れたも同然なので、
賞状をコピーしたものを謹呈。
「良かったねぇ。自信ついたでしょ」
一緒に喜んでくださいました。
受賞した写真と同じアングルでも撮影。
20180417_1589.jpg
話を聞いてみると、おばちゃんは昨年の三月雪道で滑って足を骨折、
その時と秋ごろと二回も入院する羽目になって、
つい最近の三月末に復活したんだそうです。
ということは、受賞してすぐ釜谷に来ても
おばちゃんには会えなかったことになります。
この巡り合わせに、おばちゃんも私もびっくり。
「きっと、呼んでたんだねえ」
おばちゃんと私を再会させてくれた不思議な力に感謝して
釜屋の駅を後にしました。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする