2019年11月04日

オル太「スタンドプレー vol.4 多摩ニュータウンでのアクティビティ」

オル太の体験型パフォーマンスに参加してきました。
20191020_9756.jpg
スタンドプレー vol.4 多摩ニュータウンでのアクティビティ
というタイトルのとおり、オル太が2017年から発表している
スタンドプレーというシリーズの第4弾。
去る10月19日・20日に開催された多摩ニュータウンでのイベント
「NEWTOWN(ニュータウン)」のプログラムとしての開催です。

スタンドプレーは、「日常の中で出会う笑いを引き起こす現象を調査し、都市生活の中で生まれる無意識の身体の動きや人為的に仮設された街頭のオブジェがもたらす無作為の状況について明らかにしていく。」
と説明されますが、なんとなくむつかしいのでひらたく言うと、
街中でみかける人びとの暮らしや看板などを参考にしながら、
オル太の発想や解釈を通じて表現されるもの
といった感じでしょうか。

それが多摩ニュータウンでどのような作品となるのか、
楽しみにして出かけました。
20191020_9758.jpg
いきなりかなり作り込まれています。
集合場所は廃校になった小学校の教室なのですが、
みんなで外に出てニュータウンの中を歩くようです。
参考図書がニュータウンの本質をえぐるようなものばかり。
20191020_9763.jpg
ニュータウンを描いたいくつかの本の一節が、
巻物やベニヤ板、テープ、ベルト、ブルーシートなどに書き写され、
これを団地や公園で、あるいは歩きながら朗読していきます。
20191020_9776.jpg
読みながら、歩きながら、考えながら、
ニュータウンの成り立ち、昔から住んで移転や職替えを
余儀なくされた農家の人びとの悩み、
団地に住む女性たちの日常に入り込んで行きます。
20191020_9768.jpg
最初の開発から50年を経た街並み。苔むしたままの歩道や
古くなったコンクリート造りの団地を眺めながら、
ニュータウンの本質に触れるのはなかなか骨の折れる作業でした。
20191020_9782.jpg
団地の中の商店街。休日だから休みなのか、
シャッター商店街になっているのか、判別がつきません。
20191020_9783.jpg
開発時期が限定されているので少子高齢化も画一的に進んでいます。
小学校も中学校も半分は廃校になっているようです。

それにしても、千葉での生活、青森の搬入作業の直後に
ここまで完成された作品をつくりこんだのはすごい!

●スタンドプレー vol.4 多摩ニュータウンでのアクティビティ
開催日:2019年10月19日(土)・20日(日)
開演:各日13:00〜14:00・16:30〜17:30
会場:多摩ニュータウン「学校エリア」
   デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧三本松小学校)
posted by ひろとも at 22:34| Comment(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

アサヒカメラ月例コンテスト 入選

アサヒカメラ月例コンテスト「ファーストステップ部門」
私が撮った「正午の中庭」という作品が入選しました。
受賞作品はいま発売中の2019年11月号に掲載されています。
前に入選したのが7月号でしたから、4か月ぶりです。
長い道のりでした(^^;)

20191021_9796.jpg
写真は、「KITTE(キッテ)」という商業施設で撮影したもの。
上階から吹き抜けを見下ろしたら、
天井の骨組みの影がちょうど1階床面に映っていました。
おもしろいなーと思い、余計な人物や壁、柱が
入り込まないアングル、タイミングを探してパチリ!

私としては、夏休みの強い光の中を歩く
ばあばとお孫さんの姿をふつうに撮ったつもりでしたが、
審査員の先生には、「幾何学的な形」に「冷たさを感じ」、
「無限に広がる迷路の中に迷い込んでしまったかのような
 不安感さえ抱かせる」と、これまた私が思いもよらなかった
コメントをよせていただきました。

すごい読解力とただただ感心、というか惨敗。。。

今月に続いて12月号も……と行きたかったのですが、
12月号は残念ながら予選通過どまり。
でも、年度賞には修了者として滑り込めたので
ファーストステップ部門は2019年度をもって卒業となりました。

審査員の安田菜津紀先生、一年半どうもありがとうございました。
posted by ひろとも at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

オル太[耕す家]@青森EARTH2019:いのち耕す場所─農業がひらくアートの未来

千葉で三か月間、生活の場として使われてきた
オル太「耕す家」がはるばる青森までやってきました。

青森県立美術館が継続して開催してきた
「青森EARTH」という企画展で、2019年のテーマは
「いのち耕す場所─農業がひらくアートの未来」
アーティスト12組のひと組としてオル太が参加しています。

先月訪れた「耕す家」と再会。
20191005_9501.jpg
「生きている家は千葉にあるときだけで、
青森に行ったら廃墟ですよ」とメグ忍者がいったとおり、
たしかに生活の場としての家ではなく、
物体としての展示物になっていました。
外壁もぜんぶは復元されてなくて、骨組みだけの箇所も。
展示物の中にトイレはなく、母屋のみでした。

初日10月5日にはオル太のパフォーマンスがありました。
メンバー6人が2人3組に分かれます。
斉藤隆文とJang-Chiが「家」の復元作業、
井上 徹と川村和秀は「家」の部屋で版画制作作業、
長谷川義朗とメグ忍者は「家」の床下で
割り竹に活動記録の記載と朗読の作業をします。
いままでのオル太のパフォーマンスとはちょっと違って
公開創作活動といった印象です。
20191005_9504.jpg20191005_9508.jpg
「家」の壁が増え、版画や文字の書かれた割り竹が加わって、
それまで途中だった展示作業が完成しました。

同時に展示されているビデオ映像は、
9月の「大嘗祭」の様子、「耕す家」での生活の様子が
映し出されていました。
たいへんな作業、たいへんな努力だったと思います。
みていると、アート……というか、祝祭や芸能は、
決して余計なものとか、特殊なものではなく、
人びとのふだんの暮らしにものすごく密着していて、
ここで行われる踊りや歌、物語といったものは、
風習や生活の知恵の伝承に必要不可欠なものなのだ
ということがわかってきます。
そのことを、多くを語らず、物体と映像で強烈に訴えかけてくる
今回の展示は必見といっていいでしょう。

10月4日に行われた内覧会の様子が東奥日報に掲載されていました。
20191012_9644.jpg
オル太の「耕す家」の写真がどどんと大きく。

●「青森EARTH2019:いのち耕す場所 農業がひらくアートの未来」
2019年10月5日(土)〜12月1日(日)
(休館日 10月15日・28日、11月11日・25日)
時間:9:30〜17:00
場所:青森県立美術館
posted by ひろとも at 13:03| Comment(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

新事務所

ちょっと前になりますが、事務所の内装をリフォームしました。

madobefore_5213.jpg
以前は、こんな、ゴミ溜めみたいなところでしたが……
madouc_5546.jpg
いったんまっさらにして……
madoafter_0Q8A0066.jpg
こんな感じになりました。
※上の三枚、ほぼ同角度(窓側)からの撮影

doorafter02_0Q8A0036.jpg
快適な空間になって、新しいスタッフも来てくれました。
仕事もずいぶんとはかどるようになりましたね(たぶん)。

新事務所の写真:ア・ファクトリー提供
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

耕す家〜TRANSMISSION PANG PANG 大嘗祭

オル太のオープンハウス「耕す家」にて開催されたイベント
「TRANSMISSION PANG PANG 大嘗祭」に参加してきました。

「耕す家」は千葉県香取市のとある不耕作地にあります。
オル太のメンバーはその土地を借り受け、家とトイレなどを創作。
7月末からその家に住みはじめ(耕作はもっと前から?)、
電気も、ガスも、水道もない生活を続けて、
8月のおわりには稲刈りもしたようです。

9月8日の台風15号でトイレがひっくり返ったものの、
なんと母屋は「ふわっと浮いた」だけに留まり難を逃れました。
「大嘗祭」実施のための復旧作業もたいへんだったと聞きます。

そんななか、
私を含めた参加者は品川からシャトルバスに乗って「耕す家」へ。

20190914_8894.jpg
近くで見ると、たしかに「家」だ!(^^;)
想像していたより、かなりしっかりできています。
左の壁はハッチのように開いて作業台やパフォーマンスの舞台に。
右際にはテントが伸びてきて雨よけになるようです。

「大嘗祭」は古代インドの「蛇と梯子」というボードゲームに
由来する双六のようなゲーム。
参加者は、サイコロの代わりにカードを引き、
出たカードの数だけコマを進め、
そしてカードに指定された祭や民謡の身振り、祭の道具、
飲酒などの行為を実演するというルール。

ゲームは苦手だし、田んぼや川に入らなきゃいけないと聞いて、
正直なところ、めんどくさそうだなと思っていたんですが、
実際やってみたらすごく面白かったです。
チームで行動できたし、みんなで練習したり、
成果を披露したり、達成感ありまくり。
結果、田んぼも川も入って、文字どおり「解放」されました。
20190914_8903.jpg

難点は、とても時間がかかる!(笑)
17時の段階でゲームはまだ三分の一ほどしか進まず。
参加者の半数は時間切れで18時ごろ出発のシャトルバスで帰京。
私も後ろ髪を引かれる思いで帰ることにしました。
20190914_8905.jpg
その後、残った参加者たちで夜中23時すぎまでゲームを続行。
やり遂げたら、それはそれで達成感すごかっただろうなぁ。
ちなみに、私のチームは負けたもよう(泣)。

「大嘗祭」イベントは9月14日(土)〜9月16日(祝)のみですが、
「耕す家」のオープンハウスは9月21日(土)まで開催されます。

そして「耕す家」は10月には青森県立美術館で展示されます。
「いのち耕す場所 農業がひらくアートの未来」
という企画展です。こちらも楽しみです♪


●「耕す家」オープンハウス
2019年8月30日(金)〜9月21日(土)
時間:12:00〜18:00(予約制、見学無料)
場所:千葉県香取市、某所

●「いのち耕す場所 農業がひらくアートの未来」
2019年10月5日(土)〜12月1日(日)
(休館日 10月15日・28日、11月11日・25日)
時間:9:30〜17:00
場所:青森県立美術館

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

日めくりカレンダー

ついにこの日がやってきました。
2019年9月15日。

なんてことない一日ですが、
高橋書店の日めくりカレンダーには私の作品、
電池の切れ目が 縁の切れ目」。
 20190915_8943.jpg
第21回手帳大賞で泉麻人賞を受賞したのは二年前。
受賞作は毎年、日めくりカレンダーになるのですが、
2017年の受賞作は2018年には間に合わず、
2019年の日めくりに出てきます。

なので、二年前の受賞作が
いまごろ日めくりになって顔をだしてきます。
前からわかっていたことですが、
いざ当日になるのは、なんだか不思議な気分です。

↓こちらは二年前の授賞式の様子。
20171011_4203.jpg


posted by ひろとも at 09:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

真島満秀写真展「鉄道回廊」

鉄道写真家 真島満秀さんの写真展に出かけました。
会期はとっくに終わってしまったんですが……。
20190801_8176.jpg
真島さんは、人と鉄道との関係を描いて、
新しい鉄道写真の世界をつくった人。
永年「JTB時刻表」の表紙写真や
JR「青春18きっぷ」の広告ポスター写真を撮っていたので、
知らず知らず真島さんの写真を目にしていた方も
きっと多いのではないかと思います。

鉄道紀行家の宮脇俊三さんの作品にも
同行カメラマンとしてときどき出演されています。

そして私の鉄道写真の先生 山ア友也さんのお師匠さんでもあります。

そんな訳で少なからずご縁があるということで、
写真展開催のためのクラウドファンディングにも応募して、
内覧会と通常展示の二回、会場を訪れました。

多くが未発表作品だそうですが、
山ア「教授」(以下、教授)がセレクトしたからか、
教授の撮る写真に似ている、いや、
教授の写真が真島さんの写真に似ているなぁ
というのが第一印象でした。
20190801_8178.jpg
展示写真はすべてフィルムで撮影されたそうですが、
フィルムでなんでこの色が出せるのか不思議。

20190801_8016.jpg
なんて、昭和な光景。現実のワカメちゃんみたい。
真島さんご本人も「ファーファちゃん」と呼んでた
お気に入りの一枚だそうです。

20190801_8033.jpg
真島さんはご自身の作品撮りをほとんどしなかったそうですが
(それすら、今回の展示まで知らなかった)、
飯山線の横倉駅を管理していた「ことさん」だけは
ときどき追いかけて写真を撮っていたようです。

20190801_8175.jpg
じんわり来るのが、順路の最後にある写真。
「鉄道ジャーナル」の巻頭を飾っていた連載のためのもの。
ロケ当日はシャッターを押す指もままならなかったそうで、
連載もこの2009年4月号が最後になったとのこと。

10年前に他界されてしまったのが、本当に心残りです。
言っててもしかたないので、いま生きてる人をだいじにしよう。
少なくとも、教授の言うことはちゃんと聞いて、
酔った勢いでおちょくったりしないよう気をつけます(たぶん)

●真島満秀 逝去から10年
 鉄道回廊 1枚に秘められた舞台裏

会期:2019年8月2日(金)〜8月8日(木)
会場:富士フォトギャラリー銀座
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

高木真希人個展"夏にときめく"

画家・イラストレーター 高木真希人さん(マッキー)の
個展"夏にときめく"に出かけてみました。
20190810_8267.jpg

マッキーはいつも不思議なキャラクターをモチーフに作画をしています。
20190810_8255.jpg
こちらは自動車のかたちをしたキャラクター。
自動車なんだけど、不思議ないきものとして存在しています。
夏をときめくというタイトルどおり、
画の色合いもいままでよりちょっとポップになってます。

20190810_8256.jpg
こちらも新キャラ。双眼鏡くん(+?)とチーターくん。

20190810_Q6A6291.jpg
みつこさんも新キャラを堪能しています。

20190810_8261.jpg
作画の原案となったドローイングも見せていただきました。

ひさしぶりに会ったマッキーはとてもいい顔になっていました。
精神的な成長が作品にも表れています。
(この記事の写真のどこかにマッキーがちょこっとだけ写ってます笑)

8月末まで開催されてるので、ぜひ神楽坂へお出かけください。

●夏にときめく 高木真希人個展
会場:FARO神楽坂 [ 東京都新宿区袋町5-1 FARO神楽坂1F ]
会期:2019年8月3日(土)〜8月31日(土)
   日・月・祝、8月13日〜17日はお休み
posted by ひろとも at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

走れ!バカップル列車 第84号 京都鉄道博物館

もう半年以上前のことですが、昨秋、バカップル列車が走りました。

行き先は、京都鉄道博物館
厳密には列車ではないんですが、まぁいいだろうということで、
バカップル列車史上初の博物館めぐりとなりました。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第84号 京都鉄道博物館

20181122_9947.jpg
私個人的には2回目なんですが、みつこさんははじめて。
本館1階の寝台特急「月光」号と特急「雷鳥」号の前でパチリ。
20181122_MG_9949.jpg
「月光」号の陰から、ハイ、ひょっこりはん(笑)

20181122_MG_9923.jpg
京都鉄博は、梅小路蒸気機関車館の敷地を拡張させて、
大阪・弁天町の交通科学博物館の収蔵品を合体させたような博物館。
「梅小路」時代の扇形庫もそのまま博物館施設となっています。

20181122_MG_0114.jpg
こちらは交通科学博物館にあった新幹線0系。
記念写真を撮っていただきました。

20181122_MG_0008.jpg
SLスチーム号にも乗りました。みつこさんもご満悦??
これが唯一列車っぽい場面かも。

20181122_MG_0136.jpg
最後にブルートレインの食堂車でほっと一息。

ところで、旅行記本文に出てくるiPhoneで撮った
EF66とDD51の床下の写真、すでに過去に記事にしております。
気になる方は、こちら↓をごらんください。
http://xupotomo.seesaa.net/article/464029565.html


※旅行記本文にも記しましたが、今回の旅行記執筆にあたり、
 京都鉄道博物館の産みの親ともいえる藤永晴俊さまから
 たいへん貴重なお話を聞かせていただくことができました。
 改めて感謝申し上げます。

※交通科学博物館にはさとしくん号とおくのさんとみつことで
 一度訪れたことがあります。2005年のことでした。
http://www008.upp.so-net.ne.jp/xupotomo/baka14hamakaze02.html
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

神奈月ライブツアーものまねLOVE2019

このところ人気がうなぎ登りに急上昇の神奈月さん!
年に一度の神奈月祭以外に大規模なライブをはじめちゃいました。
その名も
「神奈月ライブツアーものまねLOVE2019」
大阪、名古屋、東京の三箇所、全六回公演。
五十過ぎのおっさん(失礼!)にしてはとてもハードなロードです。

神奈月さんのファンを自認する我々は
おおば隊長のもと、新人のししどんさんを加え六人体制で
品川の最終公演に乗り込みました。
開演前にタムケンさんから聞いた話では、
昼の公演に私たちがいなかったので、
神奈月さんはいたく心配していたそうです(^^;)
来ないわけないですよーーーー!!(笑)
00_6897.jpg
幕が開き、いきなりスタン・ハンセンで登場。
ししどんさんもいきなり興奮MAXであげあげ応援(笑)
我々にとっても好調な滑り出しとなりました。

00_6907.jpg
2019年上半期やらかしちゃった人たちのコーナーは
1月にメンバー脱退騒動があった純烈の曲に乗せて。
前日に保釈された田口淳之介の土下座を早くも披露した速さには脱帽!
そうそう、恒例の四人のダンサーたちも冴えに冴えてました!

00_6911.jpg
そして神奈月さんが「時代が私についてきた」と豪語する
フレディ・マーキュリーではピアノ演奏も披露。
もちろん毛玉投げも健在。私は逃しましたがししどんさんはGET!

00_6923.jpg
盟友 武藤敬司のものまねも登場。ひ、膝イテッ!

00_6932.jpg
そして久々のクレヨンしんちゃん登場。
クレヨンしんちゃんと言えば、お尻の割り箸割り!
00_6969.jpg
五十過ぎのおっさんが気合いを込めて割り箸を割ります!
割った箸はお尻に刺さったままなので、
最前列の観客に抜いてもらいました!
観客の手にあった割り箸はそのままその彼にプレゼント(笑)

いやぁ〜、相変わらずアイデア満載・おもしろ企画満載で
二時間笑い続けてあっという間に終わっちゃいました!
秋の「祭」も楽しみにしてまーーーす!!

※2019年6月8日(土)開催
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 神奈月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする