2017年12月30日

干支シリーズ「白戸一族揃い踏み」

Woonyさんこと長尾かおりさんの個展で
みつこさんが一目惚れした白戸一族のわんこちゃんが
我が家にやってきてくれました。
20171223_5742.jpg
来年の干支は犬(戌)なのでわんこちゃんなんですね。
つぶらな瞳でじっとこちらを見つめてくれます。

20171223_5733.jpg
Woonyさん作の先輩たちともすぐに仲良しになったみたい。
みんな、よろしくな〜
posted by ひろとも at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

イルミネーションの写真撮影

クリスマス過ぎましたけど、このシーズンあちらこちらで
イルミネーションがきれいです。
20171212_5489.jpg
後楽園「ラクーア」のイルミネーションを撮影してみました。
超広角レンズを使っているようにみえますが、
実はiPhoneで撮りました。パノラマの機能を縦に使うんです。

20171212_5494.jpg
パノラマはスリットで撮っていくので、
途中でイルミネーションの色が変わるとこんな感じに。
シャッター一発では撮れない写真を撮ることができます。

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

冬の花

うちのマンションの敷地にはいろんな木が植えられています。
紅葉するのもありますが、緑のまんまのもあります。
中には、晩秋から初冬にかけて咲かせる花もあります。
20171208_5427.jpg
紫の花。名前わからないんですけどね(笑)
※名前、わかりました。紫紺野牡丹(シコンノボタン)というそうです。
 おくのん、ありがとうございました!

20171208_5430.jpg
黄色の花。こっちも名前わからないんですけど(笑)
※こちらは石蕗(ツワブキ)。食べられるそうです。

このふたつの花、毎年同じ時季に咲きます。
20171208_5422.jpg
みつこさんも毎年楽しみにしています。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

「駅すぱあと」乗りものフォトコンテスト

手帳大賞 泉麻人賞」「鉄道写真詩コンテスト 入選」と
2017年はこれまでになかったうれしい体験をしてきましたが、
最後の最後にまたまた入賞を果たしました!

「駅すぱあと」乗りものフォトコンテストという
公共交通機関を題材とした写真のコンテスト。
最優秀賞とか審査員特別賞とかは取れなかったのですが、
デジタル日めくりカレンダー用の写真に採用される
「日めくりカレンダー賞」に入賞。しかも2作品!

審査員は航空写真家のルーク・オザワさんと教授山ア友也さん)
GTYの仲間の作品も多数入賞してましたが、
先生が審査員だからといって特別扱いはされていないはず!

入賞作品のひとつは、北海道の室蘭本線有珠〜長和間で撮った「水鏡」。
20171208_5434t.jpg
特急列車が水を張った田んぼに映っている様子を撮影したもの。
映った木や空との一体感が良いとの評価をいただきました。

もうひとつは、四国の予讃線八多喜〜春賀間の「伊予灘ものがたり」。
20171208_5433t.jpg
これ、9月のGTY合宿で撮ったものですが出品しちゃいました(笑)
緑の中を補色である赤い列車が来てるところが良いとの評価。
自分としては手前のキバナコスモスも気に入ってます。

入賞が361作品と間口は広いのですが、
多数の応募作品から2点も選んでいただいたのはとても光栄です。

すべての入賞作品を掲載した「乗りもの日めくりカレンダー2018」は
「駅すぱあと」2017年12月版CD-ROMに収録されています。
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

安藤忠雄展−挑戦−

ついに安藤忠雄展に行ってきました。
国立新美術館開館10周年を記念する安藤さんの大個展です。

会場内を歩いてびっくりしたのは圧倒的な展示の量。
スケッチ、図面、模型、映像、インスタレーション……
ぜんぶはとても一日では見切れません。

しかも、安藤さん本人のギャラリートークを聴いてしまったものだから、
見学の時間はさらに短く(苦笑)

一番の目玉はなんといっても屋外に展示された
光の教会」の原寸大レプリカ。
もちろん、私は本物の「光の教会」に行ったことありますが、
東京で同じものが体験できるというのもなかなか貴重です。
20171206_7989.jpg
礼拝堂内部に入れば、いちばん見たかったこの光景。
壁にスリットを入れることで見えてくる光の十字架です。
本物にはあるスリット部分のガラスは外されていました。
安藤さんは本物で実現できなかったことを
ついにこのレプリカで実現したんでしょうか?(笑)
礼拝用の椅子はなくて、ただの階段状の床になってました。
混雑を考えるとしかたのないことかもしれません。

20171206_5376.jpg
建物手前の配管もちゃんと再現されてて実物そのもの。
四角い構造を斜めに突っ切る壁もその隙間も!
木造だという噂もあったんですが、コンクリートで作られてました。
20171206_7993.jpg
十字架部分を外からみたところ。これは実物では見られない角度です。
20171206_5394.jpg
安藤建築を堪能できてご満悦の様子(みつこ撮影)

ギャラリートークで安藤さんがどんなことを語っていたかは、
またいずれ記事にしようと思います。


●国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展−挑戦−
会期 2017年9月27日(水)〜 12月18日(月)火曜休館
開館 10:00〜18:00 金曜日・土曜日は20:00まで
会場 国立新美術館 企画展示室1E + 野外展示場
http://www.tadao-ando.com/exhibition2017/
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 安藤建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

東武博物館

先月入選した「鉄道写真詩コンテスト」の作品が展示されているので
東武博物館に行ってきました。

館内はこんな感じ!
20171119_38A7019.jpg20171119_38A7075t.jpg
20171119_38A7080.jpg20171119_38A7109.jpg
初めて来たんですけど、面白すぎる!
「鉄道写真詩」の展示スペースになかなかたどり着けません(笑)

さて、本題の入選作品はというと……
ありましたありました!
20171119_4946.jpg
すごいです、なかなか立派に飾られています。
たくさんの応募作品の中から選んでいただいて、
本当にありがたいことです。

ところで作品展は、11月20日まで
鉄道博物館(大宮)でも展示されていました。
さすがに両方出かける時間はありませんでしたので、
教授に行ってきてもらいました(笑)
0011856.jpg
↑写真:教授(山ア友也)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

草間彌生美術館

前衛芸術家として有名な草間彌生さんの作品を展示する
草間彌生美術館に行ってきました。
オープン当初の10月分はうっかりしてて取れなかったので
ひと月遅れの11月になってしまいました。
20171103_6119.jpg
建物は丸みを帯びた筒みたいなカタチ。
5階建てですが、隣の9階のマンションと同じ高さです。
20171103_6189.jpg
現在開催されている展示は草間彌生美術館開館記念展
創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき
2階はモノクロドローイング「愛はとこしえ」シリーズ、
3階は最新の「我が永遠の魂」シリーズが展示されています。
どれも圧倒的なパワーで観るものに押し寄せてきます。

20171103_6138.jpg
4階は最新インスタレーション。暗闇の中にある
無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく
制限時間二分間はあっという間に過ぎて行きます。
4階と5階のインスタレーションは撮影OK!

20171103_6132.jpg
5階は屋上になっていて、屋根がありません。
そこにあるのが、「Starry Pumpkin
キラキラと輝く巨大なかぼちゃです。
かぼちゃ好きのみつこも大満足でした。

ちなみに草間彌生さんご本人は一度だけ見かけたことがあります。
http://xupotomo.seesaa.net/article/13060660.html
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

磐越西線・只見線 with きのぽん

中高の鉄道研究会の後輩きのぽん(と呼ばれているらしい)と
撮り鉄に出かけて来ました。
20171028_4543.jpg
きのぽんは六歳離れていて在学中の交流はありませんでしたが
夏の50周年号で知り合って、いつか撮影行こうということになり、
この秋、ついに実現したのです。

20171028_5943.jpg
きのぽんと私が共通しているのは、俯瞰が好きというところ。
山とか建物とか高いところに登って絶景を撮るのです。
今回はとにかくいろんな高台、山に登りました。
写真は磐越西線荻野〜尾登間を行く普通列車。

きのぽんはネットなどで見つけた写真が一枚あれば、
その写真が何線のどのあたりで、どの山から撮ったというように
地図で撮影地をピタリと突き止めてしまいます。
今回もきのぽんのこの得意技に最初から最後まで助けられました(笑)

20171028_5954.jpg
こちらは同じく荻野〜尾登間ですが、反対側の山から撮影。
もちろん、この場所もきのぽんが突き止めてくれました。
麓の登山口から一時間も登ります。機材もあるので汗だく。
晴れていれば飯豊山がきれいに見えるところですが、
途中からくもってきてしまいました。
しかもあまりに高いので列車がどこにいるかわからないっていう(笑)

20171029_6081.jpg
翌日は雨だったので、早めに帰ろうと言ってたのですが、
通り道がどういう訳か只見線沿線(笑)
雨の中、二本ほど撮って帰路に就きました。

おまけ
228296096665190443_o.jpg
きのぽんが撮ってくれた私の後ろ姿(笑)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

Woonyさん個展2017

Woonyさんこと長尾かおりさんの個展に行ってきました。
長尾さんは「飛べそうな気がした日」のオランウータンくん、
お月さんと三匹の黒猫たち、マイクロウータンくん、指輪猫
我が家に数々の作品を提供してくだすっているフェルト人形作家さんです。
20171105_4699.jpg
恒例の来年の干支シリーズは「白戸一族揃い踏み」!
指人形サイズの白いわんちゃんたちが
たくさん私たちを見つめています。

20171105_4701.jpg
額縁からはみ出てしまうほどの大作もずらり。

20171105_4702.jpg
さりげなく人気があるのはフェルトのマフラー。
この猫の目つきが!(笑)じわじわくるタイプですね。

20171105_4711.jpg
最後にWoonyさんご本人とパチリ!
なんとか写真撮れましたが、この個展の会場、
入場制限がかかるんじゃないかぐらいの大盛況でした。

明日まで開催されているので、お時間ある方はぜひ!

●Something New 7th 長尾かおり作品展
2017年11月5日(日)〜11日(土)
Gallery STAGE-1
東京都中央区銀座 1-28-15 鈴木ビル1F

●長尾かおりのSomething New(HP)
http://unica.tokyo/
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

秋田新幹線こまち(田沢湖線)

「教授」こと山ア友也さんに鉄道写真の極意を教わるようになって
撮り鉄がますます楽しくなっている今日このごろ。
紅葉の中を走る秋田新幹線「こまち」を撮ろうと、
岩手県・秋田県の県境にある仙岩峠に出かけてみました。
20171025_4561.jpg
来てみたら、紅葉はバッチリ!
写真の腕はともかく、
「風景写真は一番良い季節に撮らなきゃダメ」
という教えは守れたかと思いひと安心。

20171025_5635.jpg
流し撮りにもチャレンジしてみました。
あまりうまく行かなかったケド……。

20171025_54441.jpg
峠では夜明し中に星の写真も撮ってみました。
星はもう少し研究を重ねないとだめですね。
ピントとか露出とかいろいろ課題が残りました。
オリオン座、牡牛座、プレアデス星団(すばる)の辺りなんですが、
お分かりになるでしょうか??

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする