2017年10月06日

オル太+開放回路[伝承 Pang Pang ν]@TWS渋谷クロージング・イベント

オル太がひさびさにパフォーマンスをするというので行って来ました。
20170917_3643.jpg
ときは9月17日(日)夜、ところはトーキョーワンダーサイト渋谷。
ワンダーサイトの施設が閉館になるのでその記念イベントです。

[伝承 Pang Pang ν(ニュー)]と題して、
オル太と韓国のアーティスト集団、開放回路とが共演します。

想像を超える混雑の中、メンバーが輪になって
炭坑節を合唱することからはじまります。
それまでのパフォーマンスでは、BGMはあっても
メンバーの肉声を聞くことはなかったので、
それだけでかなり新しい。
20170917_olta1.jpg
炭坑節にちなみ、メンバーの一人が輪の中央で
石炭を掘り出す動作を繰り返します。
カチン、カチンという音が会場に響き渡ります。

その後も、
直利音頭(足尾銅山周辺地域)、やっちき踊り(福島県いわき市)
など伝統文化から着想を得た踊りを披露。
石垣島宮良地区の豊年祭に訪れるアカマタ・クロマタという
来訪神も登場。「撮影禁止」「立入禁止」の幟が行き交います。

輪の中央には大きなテレビモニターがあって、
ときどきJ-ALERTの警報音が流れ出します。
20170917_olta2.jpg
そうかと思えば、一部メンバーが頭にスマートフォンをつけ
大きなモニターを背負って練り歩きます。

終盤では、モーアシピ(琉球)・サンダイ(韓国・木浦)という
夜な夜な若い男女が集まって酒を酌み交わしながら歌い踊る
風習を模したパフォーマンスへ。
実際に、観覧者にも泡盛が振る舞われ、
演ずる者、観る者、みんなが笑顔になって終了しました。

オル太は以前から
土着の文化や風習にちなんだパフォーマンスを得意としていて、
今回もその得意分野をいまのオル太の発想で
再構築されていてとても良かったです。
開放回路とのコラボということもあったからか、
日本本土だけでなく、沖縄、韓国など東アジア一帯に広がったのも
とても興味深く見ることができました。

会場はとにかく混雑していました。オル太以外で見られたのは、
通路でたまたま出合った段ボール箱(笑)
20170917_3648.jpg
これ、潘逸舟さんの「搬出」というパフォーマンスです。
段ボール箱が飛んだり跳ねたりしながら出口に向かいます。
ちょっとびっくり(笑)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | オル太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

神奈月トークライブ(第15回)

いつもの阿佐ヶ谷LOFT Aで、
いつもの神奈月さんトークライブ!
20170916_3587.jpg
阿佐ヶ谷でのトークライブもかれこれ15回目を迎えます。
9月のトークライブは11月の神奈月祭を控えるだいじな催しです。
参加者限定でチケット先行発売も行われますし。

20170916_3593.jpg
トークライブといえど、最近は持ちネタで登場する神奈月さん。
今回はご存知、トムクルーズでの登場。
でもほぼ全員、誰のモノマネだかわかりませんでした。
「トムクルーズです」と言った途端に大ウケといういつもの芸風(笑)
20170916_3598.jpg
眩しそうに目を細めるのもなんでなのかよくわかりませんが、
それでも会場は爆笑の渦。
みなさん、神奈月さんをわかってる〜♪

20170916_3625.jpg
後半では、神奈月さんイチオシの(?)若手芸人さんが登場して
見事なほどにスベってしまいました。
二人目(左側)の方は、知らないうちに犯罪に巻き込まれ、
しかも自分まで容疑者と疑われるという
とても恐ろしい体験を披露してくださいました。
どんなところに落とし穴が待ち受けているか、わからないものです。

20170916_3628n.jpg
帰りに出口のところで、記念写真。
せっかくなので、みんなでトムクルーズになりました!(笑)
神奈月さん、いつもありがとうございます。

※開催日 2017年9月16日
posted by ひろとも at 08:05| Comment(0) | 神奈月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

イトウマリ[イトマリズモ]

イトウマリ(いとうまり)さんの作品展に行ってきました。
20170915_3579.jpg
会場はひさびさの nap gallery です。

20170915_3578.jpg
「イトマリズモ」というタイトルで、小さな葉書サイズのものから
ロールスクリーンかのようなどでかい大作まで多数の作品が並びます。

20170915_3581.jpg
今回のマリさんの新たな試みは水彩絵具をつかった作品。
日本画の岩絵具をつかったものより、
透明感のある独特な色彩に仕上がっています。
もちろん岩絵具の作品もありますし、
ロールスクリーンサイズのはアクリル絵の具を使っているようです。

会場の奥の方では、バルセロナの地下鉄駅でのパブリックアート
制作の光景を描写した映像も観られます。
20170915_3576.jpg
大作の前で記念写真撮らせていただきました。

あ、マリさんの作品はいつもタイトルがユニークなのですが、
今回はメモし忘れちゃいました……。

また、行かなきゃー(笑)

イトウマリ [イトマリズモ] @ nap gallery
2017年9月15日(金)- 10月21日(土)
水曜、金曜、土曜:12:00〜18:30・木曜:12:00〜 21:00
日曜日は予約制。月曜、火曜、祝日は休廊。
http://napgallery.jp/exhibitions/イトマリズモ/

●いとうまりHP
http://itomari.com/
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

二藤建人「断面をつなぐ」@引込線2017

あの二藤建人さんがまた新たな作品を発表しました。
所沢のひとつ先の航空公園駅からバスに5、6分乗って
バス停からさらに7、8分歩いたところにある
旧所沢市立第2学校給食センターで開催されている
引込線2017」という展覧会での展示です。

20170914_3559.jpg
「引込線」は今年で6回目だそうで、
今回は20組のアーティストが渾身の作品を出展しています。
会場はホントに給食センターだったんだな、という感じの場所でした。

20170914_3557.jpg
建物内も給食センターの設備がけっこう残っていて、
どこまでが元々あった設備なのか、どこからが作品なのか、
わからないところもあったりしました。
というより、意図的にその境界線をわかりにくくしている作品も(笑)。

肝心の二藤さんの作品は、これ。
20170914_2894.jpg
タイトルは「断面をつなぐ」。
白いモニターが二組向かい合わせになって台の上に立っています。
その台が横に三つ、手前から奥に三つ、合計九つ並んでいて、
18台のモニターは、それぞれ異なる映像と音声を流しています。
モニターの白いフォルムは、ちょっとガンダムっぽいです(笑)。

20170914_2888.jpg
どんな映像が流れているのか、モニターがぴったりくっついているので、
なかなかうかがうことはできません。
ガチャガチャと流れている音声に耳を澄ますと、
どこかのお店や、施設などに流れる都市特有の音だろうな、
というのがなんとなくわかります。
これらの映像がそれぞれどうつながっているのか、
どのような内容になっているのかは、わかりません。
ただ、見えないからといって適当なものを流しているのではなく、
キチンとつくりこんだ映像が流れているのはたしかです。
そこまでわかっているのに見えないのが
もどかしいというか、もったいないというか……

20170914_3546.jpg
ガンダムの手前の壁には、「あいちトリエンナーレ2016」でも
展示されていた「身体を左右に分断する」が。
真ん中だけ明るいのは、その部分だけ壁に穴が開いていて、
向こうから光が入ってくるからです。

20170914_3560.jpg
今回衝撃を受けたのは吉川陽一郎さんの「行為が態度になる時間」。
中心を固定された5メートルのひもの先についた鉄球を
ただひたすら歩いて回しているというパフォーマンス。
白い線の上を回しているのかと思ったら、
回っているうちに白い線が出来てきたんだそうです。
私が出かけたのは、会期も三分の二を過ぎたころですが、
すでに4,000周もしたそうです。

「やってみませんか?」
といわれたので、私も三周だけ回りました。
簡単なようで、なかなかむつかしいです。
三周まわりましたが、一度として同じ場所を通れません。
球が微妙に踊ったり、円からはみ出たりしてしまうのです。
「回ってれば平らになるのかと思ったら、
 回るほど凸凹になっていくんですよ」
と吉川さんはいいます。
会期が終わるまで、ぜんぶで何周するんだろう??

引込線2017
2017年8月26日(土)〜9月24日(日)、火・水休
旧所沢市立第2学校給食センター
http://hikikomisen.com
posted by ひろとも at 02:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

大塚いちお個展「DIG THE WILDSIDE」

巨匠大塚いちおさんの個展にいってきました。
20170911_3496.jpg
ところは青山のピンポイントギャラリー 、
大塚さんが初めて個展を開いたギャラリーだそうです。

20170911_3508.jpg
今回のテーマは、上越妙高を中心に地下を自由自在に歩き回る
ウェルモくんをめぐるイラストレーション。
ウェルモくんのいる風景、ウェルモくんの見た世界などが
個性的な額縁におさまって所狭しと並んでいます。
20170911_3500.jpg
会場には本物のウェルモくんも駆けつけてくれました。
大好きなりんごとともに。。

20170911_3503.jpg
オープニングパーティーは大盛況。
まるで森のようにみえるごちそうがわんさかと盛られています。
ちらっとみえるのはウェルモくんの残像だそうです
(本物は一匹しかいないから)。

20170911_3498.jpg
巨匠とみつこ、実はすごい久しぶりの再会でした〜

大塚いちお個展「DIG THE WILDSIDE」
2017 年9 月11 日(月)〜9 月23 日(土)
平日11:00〜19:00 / 土曜 11:00〜17:00 / 日曜休み
Pinpoint Gallery
http://www.pinpointgallery.com
音楽選曲:鈴木健太(D.W. ニコルズ)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

鉄道研究部50周年号(後編)

リゾートエクスプレスゆう」で行く鉄道研究部50周年号
鎌倉では三時間ほどの自由行動になります。

各自思い思いに過ごすわけですが、
わしらの学年を中心とした一団は江ノ電に乗ることに。
20170827_2500.jpg
七里ヶ浜で降りて隣の鎌倉高校前まで一駅歩きます。
このあたり、道路のすぐ横を電車が走ります。柵もありません。
20170827_2496.jpg
しかも線路の向こうは住宅が並んでいるのですが、
こちらの家々に出入りするには線路を跨がなければなりません。
カフェや雑貨店もあって観光客たちも思い思いに線路を跨いでます。

20170827_2510.jpg
鎌倉高校前の手前にある、あの有名な踏切も行ってきました。
観光客が多すぎるからか、ガードマンが配置されています。
近所に住む方たちは、さぞたいへんだろうとお察しいたします。

20170827_2542.jpg
江ノ電と江ノ島。鎌倉高校前の駅はいつ来ても絵になるなぁ。
20170827_2551.jpg
床が木でできてる電車もまだ健在でした。

さて、自由時間はあっというまに過ぎて、一行は再び「ゆう」の旅へ。

復路のハイライトは、大船駅の手前で横須賀線から根岸線に入るところ。
そして、桜木町から横浜港の脇を抜けて鶴見に向かう高島貨物線。
20170827_2662.jpg
高島貨物線は桜木町で根岸線と分かれます。
みなとみらい地区をトンネルで抜けて、
工場や倉庫、市場などが並ぶ臨港地区を走ります。
工場萌えな光景もあったりして一同大興奮!

楽しい時間はあっという間に過ぎてゆきます。
気がつけば品川駅横須賀線ホームに立っていました。
20170827_2703.jpg
団体行動なので到着ホームではこの写真しか撮れませんでした。

あ〜、楽しかった!
興奮冷めやらぬわしらは品川の街に繰り出し、
明るいうちから飲み直しました!(笑)

※鉄研の若手OBのみなさんは、
 この日のために一年近く前から周到な準備をしてくれていました。
 おかげさまで思い出深い、楽しい一日になりました。
 ありがとうございました!
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

鉄道研究部50周年号(前編)

中学・高校時代に所属していた鉄道研究部(旧「鉄道研究会」)が、
発足50周年を迎えたそうで、これを記念して
去る8月27日、OB・現役生一同を乗せた貸切列車が走りました!

こんな一大イベントはまさしく10年ぶりです。

今回は、東京から鎌倉までの往復ですが、ルートは微妙に違います。
【往路】
上野8時27分発〜(常磐線)〜[馬橋]〜(貨物線)〜
[南流山]〜(武蔵野線)〜[府中本町]〜(武蔵野貨物線)〜
[新鶴見]〜(武蔵野貨物線)〜[鶴見]〜(東海道線)〜
[戸塚]〜(横須賀線)〜鎌倉11時09分着

【復路】
鎌倉14時42分発〜(横須賀線)〜[大船]〜(根岸線)〜
[桜木町]〜高島貨物線〜[鶴見]〜武蔵野貨物線〜
[新鶴見]〜(横須賀線)〜品川16時34分着

これでもか、これでもかと、
ふつうの旅客列車の通らない貨物線を通るんです。
ふだんは見られない景色がみえるとあって、
朝からテンションあがりっぱなし!
集合は7時30分だけど、目覚まし鳴る前に目が覚めました!!(笑)

出発は上野駅14番線、
車両は「リゾートエクスプレスゆう」というお座敷列車です。
20170827_2238.jpg
この車両、改造車なのですが、バブル絶頂の1991年製。
そんな訳でかなりバブリーな内装も見られます。
20170827_2286.jpg
「走るディスコ」と話題を集めたダンスフロアスペース(笑)
こんなのいまじゃ絶対つくらないっす!
もちろん、いまはカラフルなライトも外されて謎の空間になってます。
20170827_2299.jpg
ディスコの隣はドーム室といわれる座席スペース。
すごいのは屋根の上に飛び出たところに窓があって、
そこから外の様子が見えるところ。
これまた、ふだんはなかなか見られない風景です。

20170827_2317.jpg
先頭車両・最後部車両の車端部はソファスペースになっていて、
運転席の向こうに前方の眺めが楽しめます。
でも、かんじんの貨物線のところはギャラリーが多すぎて
前を見るどころではありませんでした。
考えてみりゃ、全員鉄ちゃんですからね(笑)。しかたありません。

20170827_2276.jpg
一般客室はご覧のとおりのお座敷スペース。
朝の8時半からみなさん酒盛りやってます(笑)
20170827_2368.jpg
中途半端な時間にお弁当食べて、ビール飲んで、なんだか楽しい。
20170827_2384.jpg
気がつけば列車は武蔵野線をぐるっと半周して、
府中本町から鶴見へ抜ける武蔵野貨物線を走行中。
写真は京王相模原線と交差するところ。

そうして陽気なリゾート列車は鎌倉へ向かって走るのでした。
(つづく)
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

茶豆

もう八月も終わりですね。びっくりです。

ことしも新潟のおいしい茶豆をたべました。
20170812_1467.jpg
なんでも不作だったそうで、いつもお願いしている
イソベさんが苦労して買いつけてきてくれました。

いつものものがいつもどおり食べられることに感謝です。
posted by ひろとも at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

扇町駅の猫ねこネコ【バカップル列車番外編】

バカップル列車の旅(第80号)で訪れた
鶴見線扇町駅は猫の駅としても有名なんだそうです。

いざ、駅に着いてみると一匹しかいなくて拍子抜けだったんですが、
私たちが「猫やーい」などとつぶやきながらうろうろしていたら
後からあとから、わらわらとやってきてくれました。

「なんだ、なんだ?」といいながら来るのはいいんですが、
私たちの顔をチラッとみるなり、皆一様に居眠りをはじめます。
20170708_9486.jpg
20170708_9506.jpg
無防備なんだか、安心しきっているのか。すやすや。

20170708_9481.jpg
きっぷを集める箱の下にもぐりこんでしまうやつも。

20170708_9480.jpg
みつこさんはめげずに猫たちにちょっかい出します。

20170708_9496.jpg
そんなに爆睡しなくても〜(^_^;)

20170708_9515.jpg
最後に一匹茶色の縞猫が私たちを見送りに来てくれました。

また会う日まで、元気でな〜〜♪
posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

走れ!バカップル列車 第80号 不思議の国の鶴見線

先月のことですが、ひさびさにバカップル列車が走りました。

今回の行き先は鶴見線。ふだんでは見られない不思議がいっぱい。
不思議の国へ、いざ出発進行!

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第80号 不思議の国の鶴見線

旅は南武線支線の尻手からはじまりました。
二両連結の電車に乗って浜川崎着。ここで鶴見線に乗り換えます。
02浜川崎_9465.jpg
浜川崎の鶴見線ホーム。次の電車まで50分近く間隔があります。
上を見上げれば、木材を丁寧に組み合わせた屋根。

03扇町_9497.jpg
鶴見線本線の終点、扇町駅。
猫が日影でお昼寝していました。
猫がたくさんいる駅として隠れた名所だそうです。

04白石分岐点_2174.jpg
武蔵白石駅の構内踏切から鶴見側をみたところ。
大川支線への分岐駅ですが、大川支線の列車は停まりません。

05大川への道_2180.jpg
本数の少ない大川支線の電車に乗りつつ、大川駅の見学もしたい。
この両方を実現すべく、武蔵白石から大川まで
約1キロの道をてくてく歩きます。

07大川駅_2182.jpg
大川駅に着きました。こちらもまたレトロな無人駅。

09大川駅掲示板_2184t.jpg
08大川駅時刻表_2183.jpg
衝撃的な掲示の数々。
隣の駅への案内図。一日三本しかない時刻表。

11浅野_2193.jpg
海芝浦支線への乗換駅、浅野。
構内踏切を渡って反対側のホームに行きます。

12海芝浦_9573.jpg
海にいちばん近いといわれる海芝浦駅。
駅から出られない、電車以外の手段で来られないなど、
いろんな意味で秘境駅(笑)。

16国道下_9627.jpg
鶴見のひとつ手前の国道駅。
その高架下は鶴見臨港鉄道時代から残る大正レトロの商店街。
「国道下」という居酒屋が元気に営業してました。
15国道下_9611.jpg
大正レトロの商店街は、看板もかなりの年代物。
でもどういう訳か人の気配がほとんどありません。

17鶴見_9634.jpg
終着、鶴見駅。ここが不思議の国への入場門です。

<旅行記本文>はこちら。
走れ!バカップル列車 第80号 不思議の国の鶴見線

posted by ひろとも at 00:00| Comment(0) | 走れ!バカップル列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする